会社を確実に退職できる理由まとめ!皆が納得する退職理由、辞めたくてもやめられない時に嘘の退職理由のおすすめ 仕事がきつく精神的に限界な時や転職などを理由の退職やパートさんなどが引き止められない退職理由などをご紹介します。




退職したいのに、引き留めにあって退職できないという方もいると思います。

しかし、会社や上司が退職理由に納得してくれれば、スムーズに退職しやすくなります。

嘘は褒められたことではありませんが、円満に退職するためには嘘も方便です。

この記事では、辞めたくてもやめられないときにおすすめの退職理由を紹介しています。

また、確実に会社を退職する方法も記載していますので、是非参考にしてくださいね。





退職理由が精神的に限界の時ははっきりというべき?


退職理由について「精神的に限界」とはっきり言ってしまうことはお勧めしません。

会社や上司、同僚などを悪者にしているようにとられて

周りが悪意を抱き、円満に退職しにくくなる恐れがあります。

また、「負担を減らすよう努力するから退職しないでほしい」

「退職するより、休職したほうがいい」など引き留められる可能性もあります。

ただ実際に仕事の負担や人間関係がよくなれば働き続けたい場合は

精神的に辛いからやめたいと相談してみてもよいでしょう。

パワハラやセクハラが原因であるときは会社は相談にのり

状況を改善させる義務があるので相談することで解決できる可能性があります。

また仕事量が過重になっていることを会社が把握していない場合は

相談することで業務量の配分を見直してくれることを期待できます。





パートや看護師さんが引き止められない確実に退職できる理由


パートや看護師さんの退職理由としておすすめのものが「家庭の事情」です。

家庭の事情のように本人を説得しても仕方がない理由であれば

会社や上司も引き留めることは難しくなります。

パートや看護師さんは女性が多く家族の理解や整った家庭環境がなければ

働き続けることは困難なので自然な理由として受け入れられやすいです。

もちろん「家庭の事情」というのではなくもう少し具体的に説明しましょう。

例えば「育児や家事との両立が難しい」

「夫に仕事を辞めるように言われた」「親の介護が始まった」などです。

ただ、あまり詳しい事情まで話す必要はありません。

特に退職理由で嘘をついたり事実をやや誇張して伝えたりするときは

バレることを防ぐためにも注意しましょう。





辞めたくてもやめられない時に嘘の退職理由のおすすめ


本当の退職理由では引き留められそうなときは

受け入れられやすそうな退職理由を用意することをお勧めします。

本当の理由を言わないことは嘘をつくことになってしまうので後ろめたいと思うかもしれません。

しかし会社や周りの人を傷つけるわけではありませんし

円満退職するための「優しい嘘」です。

ただ、介護する人もいないのに介護のために退職するというような

明らかな嘘は避けた方がよいでしょう。

バレる可能性が高くなりますしもしバレたときに問題になります。

おすすめは、退職理由を「新しい仕事にチャレンジしたい」など

今の仕事とは関係のない事や前向きなものにすることです。

内面の問題なのではっきりと嘘だとわかるようなことはありません。

また、実際退職するには新しい仕事をしたいという気持ちもあるものなので

明らかな嘘にはならず罪悪感も少なく済みます。





皆が納得する円満に退職する理由はどんなのがいい?


皆に退職を納得してもらいやすくするには、家庭の状況や体調など

本人の意思とは別のプライベートな事情を理由とすることをお勧めします。

プライベートな事情は会社や上司同僚などが

口を出すことは難しいので否定することは難しいためです。

また大変な状況に同情しスムーズに退職できるよう協力してくれることも期待できます。

ただ体調不良や親の介護などは事実であればよいのですが

嘘の理由として使ってしまうとバレた場合円満退職どころではなくなります。

自分が実際に置かれている状況にあった退職理由を見つけるようにしましょう。

例えば残業が多く、家族も仕事についていい感情を抱いていない場合に

退職理由を「家族から仕事を続けることを反対されたため」とするなどです。

なぜ退職したいか仕事を続けることで悪影響が出ているものは何かを考えてみるとよいでしょう。





会社を確実に退職できる方法


退職するには、正当な退職理由や会社の同意が必要なわけではありません。

民法により基本的に退職の申出から2週間経過すれば退職できることになっています。

口頭だと「退職とは聞いていない」と言われかねないので

送った日付がわかる内容証明郵便やメールなどで退職届を提出することをおすすめします。

会社から退職を認めないといわれても申出をした日から2週間経過した後は自動的に退職となります。

但しこの退職届を送り付けて退職するという方法は

会社が仕事を辞めさせてくれないときに取るようにしましょう。

自分の業務の引継ぎを行い円満退職する方が精神的な負担も少ないです。

また、不誠実な退職をしてしまうと今後その会社やその関係者と関わることになったときに

悪影響となる可能性があるので、できるだけ避けましょう。





まとめ


円満退職するためには納得してもらいやすい退職理由が大切です。

明らかな嘘や全くの嘘はバレる危険があるのでおすすめできませんが

本音の退職理由では認められそうにない場合は納得される退職理由を考える必要があります。

家庭の事情などのやむを得ない理由やキャリアアップなどの前向きな理由は

納得してもらいやすいのでその中から自分の状況にあった理由を探しましょう。

ただ、どうしても退職を認めてもらえない場合でも退職することはできます。

どうしても退職できない場合は退職願を提出し

一方的に退職することもやむを得ないでしょう。

あなたが円満に会社を退職できるように願っています。