会社を本当に辞めてしまう人の特徴!本当に辞める人は何も言わずに仕事を突然やめてしまう!真面目で不満を言わない人が退職する理由・部下が急に仕事を辞めるサインと辞めさせない方法をお話します。




ケイタ
あなたの会社で急に仕事を辞めてしまう人や部下はいませんか?

正社員のみならずにパート、アルバイトさんなど

企業では人の入れ替わりというのは多かれ少なかれあるとおもいますし


中には昨日まで一緒に働いていた人が急にいなくなっていたり

意外な人が辞めたりすることもあるかもしれませんね。



私の身の回りでももちろん辞めていった人は大勢いましたし

私自身も転職の経験は何度もありました。


もしも入社した人があまりにも多く辞めてしまうような職場なら

その会社は先が見えている、ずっと務める会社ではないのかもしれません。

ミズキ

そんな時はあなた自身も転職を考えた方がいいと思います。

【無料登録】リクルートエージェント



リクルートエージェントは

人材業界最大手のリクルートが提供する転職支援サービス。

情報量がとても豊富で、求人情報収集目的でまずは登録して活用する人も多いです。

転職した人の60%以上が年収アップ、半年以内の離職率4%

という実績も公表されていますのでぜひ登録してみてくださいね。

相談だけでも可なのでお気軽にどうぞ!


転職で気をつけないといけないことって、もしも転職に失敗してしまうと

現在と同じように人間関係がギスギスな上に労働環境も最悪の

「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるんですね。


ケイタ
そういう面でも転職に失敗しないために

転職エージェントを使った転職活動をするのが一番です


私も今まで何度か転職をしていますが転職エージェントを

活用した先の転職先はちゃんとした納得ができる就業先ばかりでした。

だから転職エージェントに登録をしておいて、何かあったときに

良い条件の求人がないか?チェックしておくだけでもお勧めですよ!



会社を辞める人には、それぞれ理由やきっかけがありますが

辞める人には何か特徴があるのでしょうか?

会社をやめる人は前兆のようなことはありませんでしたか?

ケイタ
そこで今回は会社を突然辞めてしまう人の特徴や

突然会社を辞める人(部下)の前兆と対処法

辞めさせない方法についてお話しますね。

この記事でわかる事

・会社と突然辞めてしまう人の理由や特徴

・優秀な人ほど会社を辞めてしまう理由

・突然会社を辞める部下のサインと辞めさせない方法







会社を本当に辞める人は周りに何も言わないで突然辞めてしまう



ミズキ

仕事をしていると、職場でこういう人よくいませんか。

「もう辞めたい」「いつか絶対辞める」と言いながら仕事してる人。

ケイタ
でもこのような文句を言ってる人ほど、なんだかんだ仕事を辞めず続いたりしますよね^^;


そして、何も言わず順調に仕事をしていたと思ってた人ほど急に辞めてしまう。

私も経験がありますが、その時の衝撃はかなりのものがあります。

しかし、本当に辞める人は、当然誰にも言わずに辞めてるわけではありません。

辞めることを真剣に考えてるため、信頼できる一部の人にだけ相談してることが多いです。

しかしその相談相手が会社の人ではなく、

プライベートの人だったら当然私たちから見たら突然やめたように見えるのです。


辞める人は、実は前から辞める計画を立てているのです。





何故優秀な人ほど誰にも言わずに突然辞めてしまうの?



辞めてしまう人の中には、仕事ができて順調だった人が辞めていくことも少なくありません。


お給料もしっかりもらえてて仕事もでき会社からも信頼され

人間関係も順調のように見えてたのに、何故こういう人ほど辞めてしまうのでしょう?



優秀な人というのは、経験豊富で自分で稼げる術を持ち合わせています。

また、そういう人は、向上心があり自分で何かをしたいという欲がある人が多いです。

会社はあくまでも経験を積むための踏み台。

そのように考えてる人が独立のため

これからの自分のために前向きな退職をするのです。

また仕事ができるからこそ周りより仕事量が増え負担が大きくなってる場合もあり

中にはそういった不満から辞めてしまうんですね。





大人しくて真面目な人ほど急に辞めてしまうタイミングと会社を急に辞められたら困る人の特徴



辞めてしまう人の中に、真面目に仕事をしていた人が急に辞めてしまうことがあります。

何も不満がないように見えたのに何故?と理由もわからず急に辞めたようにみえてしまいます。


ケイタ
しかしこの場合も、本当は急に辞めたわけではなく

本人は前から辞めることをかんがえているのです。


おそらく周りの人は「嫌なことがあるなら相談してほしかった」と思うかもしれませんが

おとなしい人ほどストレスを溜め込み、周りに何も言えないものです。


真面目だからこそ嫌なことがあっても文句も言えず、不満をこぼさない。


しかし周りが気づかないだけで実は本人のストレスは

どんどん蓄積していきその蓄積がピークに達したときに辞めていくのです。

従業員は会社にとって大切な人材。どんな人でも、急に辞められたら困るものですが

特に重要なポジションを担っていた人が急にいなくなったら・・。

会社も身近で一緒に働いてた人もとても困ってしまいます。


ミズキ

会社を急に辞められると困る人ってどんな人??


それは仕事ができる人や、何か重要な仕事を任されるような人です。

その人の仕事を代わりにできる人がいるのか?

一人人員が減っただけでなく辞めた人と同等の仕事をこなせる人がいるのか。

現場はパニックになってしまいます。

またそういうう人は周りからの信頼も厚いです。

普段から周りから頼られ職場のムードメーカー的な存在であればなおさらに、

残された従業員は不安になり、業務に支障が出てしまうでしょう。





会社を突然辞めてしまう人の前兆・退職を考えている部下のサイン



辞める人は辞めることを決意するまでなかなか言葉では言いません。

ケイタ
ですが、辞める人の前兆や特徴がわかれば

相談にのるなど事前に対策をうつことができますよね。


何か会社に不満があるなどネガティブな理由で辞める人は

飲み会などの付き合いが悪くなったり雰囲気が暗くなる

場合によっては挨拶がなくなるなど職場での元気がなくなりすることが多いです。


ミズキ

また以前は「仕事嫌だ。辞めたい!」と不満を口にしてた人が

何も言わなくなったら、本気で辞めることを考え出した兆候かもしれません。


他にも仕事にやる気がみられなくなったり

休憩時間に求人情報を見てるのを見つけたら決定的です。

以前と少しでも様子が変わればそれは辞めようとしている前兆かもしれません。


そして退職を考えている部下のサインや特徴として


・業務に身が入らなくなった、成績が落ちたりミスが多くなった。


どうせここで頑張ってももう自分は辞めるつもりだから。

そう思っているとどうしてもモチベーションがおちてしまい

自然と手を抜いて仕事をするようになってしまいます。

また皆に内緒で行っている転職活動の事を考えていたり、

いつ会社を辞めるか?考えて仕事に集中できなくなることもあるんですね。

もし今までやる気があってミスが少ない部下が

急に変わっていったらそれは会社を辞める前兆かもしれません。


・染めていた髪の毛を黒く染めたり短くした。またスーツ姿で出勤してきた。


今まで髪を明るい色に染めていたり、カジュアルな格好で出勤していた部下が

落ち着いた髪の色に変えて、スーツ姿などで出勤してきたら

企業の面接などがあると考えてよいと思います。

「冠婚葬祭がある」みたいに他の理由でとごまかされる場合もありますが注意が必要です。

ただ髪の毛が変わったばかりならば、まだ転職が決まってない場合もありますので

早めに対応すれば転職をとめることができるかもしれません。


・有給休暇を使い始めた。


転職活動をしていると1時面接⇒2時面接と大抵は短い間隔で2回行われます。

そうなると2回、もしくは3回職場を休んで面接に行かないといけないので

有休を短い期間で数回とる場合は企業の面接に行っている可能性が高いです。


・今までやっていた残業を断るようになった。


「定時になったら用事があるから」と会社をそそくさと退社するのは

企業との面接や転職活動をこれから行うサインの場合があります。

特に今まで普通に残業をしていたけど残業を断るようになったら注意が必要。

退職や転職のサインは残業をするかしないかにも出てきます。


・休憩時間などを一人でとるようになった。


今まで休憩時間に同僚と会話したり一緒に休憩をしていた部下が一人でいる事が増えて

どこかに電話をしたり、スマホなどでをチェックしたりする時間が増えたら

転職先を探していたリ、企業との連絡をしているかもしれません。

休憩時間を一人で過ごすようになった部下も退職を考えている場合があるので注意が必要です。





退職を考えている人(部下を)なるべく辞めさせない方法



退職を考えている部下を辞めさせない方法として


・頑張りをみとめて定期的に声をかけてあげる


頑張っている姿勢を認めてささえてあげましょう。

毎日のように「いつもありがとう^^」と声をかけてくれる上司や仲間がいれば

部下はすごく喜びますし仕事に対してのモチベーションもあがります。

基本的に上司・会社というものは業績や仕事の結果を評価しがちです。

会社にとってそれは当たり前かもしれませんが、

まだ経験が少なく失敗が多い部下は認めてもらえないと、

仕事へのやり甲斐を見いだせず、消極的になってしまい

不満やストレスがどんどん溜まっていきます。

ですので結果だけでなく「過程」部下の頑張りを認めて褒めてあげましょう。

そうすることで部下も安心して仕事に取り組めるようになり

簡単に辞める事を考えなくなるかもしれません。


・適度なコミュニケーションを取る


いきなりがっつりと、ではなくあくまで「適度」でいいので

簡単なコミュニケーションをとってみましょう。

強引に飲みに誘ったり必要以上にスキンシップをとったら逆効果というか不自然ですからね^^;


軽い雑談や朝の挨拶、仕事の進捗を聞いたり、そういう小さなことからで大勝負です。

小さな信頼を積み重ねればなにかあったときに部下も相談しやすくなり

退職を考えている、仕事に悩んでいると相談しやすくなります。


・部下との世代の違いを理解すること


中途で入社する人でない場合ですが部下は基本的に上司よりも年代が下です。

なので価値観が違います。「自分が若いころはこんなことで値を上げなかった。根性がない!」

などという価値観を押し付けてはいけません。


若手は飲み会に必ず参加しなければいけない!

仕事を最優先しろ!上司の誘いは断らずに命令は絶対!



こんな考えでは当然今の若い人はついていけません。

もちろん古い考えや価値観も大事ですが、

今の世代と昔の世代では時代も違いますしどうしても合わない部分もある。

ということです。その世代の違いを知り若い世代の考えを理解するようにしましょう。

ケイタ
ただ、これらの方法はあくまで部下が

「退職を決める前なら有効」ですでに退職を決意した後では

効果がおそらくないと思いますので注意してくださいね。





まとめ



ケイタ
今回は急に辞めてしまう人の特徴や

急に仕事を辞める部下のサインと対処法などを

ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?


人が辞めていくのはどの会社でもあることですが

大切な人材がいなくなるのは困りますし

一緒に働いてる周りの人からしても喜ばしいことではありませんよね。

辞めたいと思う原因をなくすのが理想ですがなかなかそうはいきません。

大切なのは事前にそういった兆候を読み取り話し合うことです。


ただ、退職を完全に阻止する方法というのはありません。


退職を決めるのは本人ですし、本人が決意したこととなるとそう簡単には止められないでしょう。

相手の心をコントロールするのは不可能ですしね。

ですので同じ職場で働いている同僚や部下など

この人にやめてほしくないと思ったら辞めたいと思わないような

環境をできる範囲で提供することだと思います^^


そしてもしも職場で退職する人が後を絶たないような

労働環境や人間関係が劣悪なブラック会社なら

あなた自身も転職を考えた方が良いと私は思います。


実際に私もすごく人が辞めていくブラック会社に勤めた経験があります。

人間関係も最悪でサービス残業を何十時間も強いられるような職場で


従業員が約50名の会社なのに3年間で

約60名以上退職者がでるというちょっとありえない会社でした><



このままでは自分もダメになるしこの会社では先が見えない。

そう思い転職をしたのですが転職をして本当に正解だったと今は思っています。

ミズキ

もしも転職を考えているならリクルートエージェントを使うのがお勧めです!

【無料登録】リクルートエージェント



リクルートエージェントは

人材業界最大手のリクルートが提供する転職支援サービス。

情報量がとても豊富で、求人情報収集目的でまずは登録して活用する人も多いです。

転職した人の60%以上が年収アップ、半年以内の離職率4%

という実績も公表されていますのでぜひ登録してみてくださいね。

相談だけでも可なのでお気軽にどうぞ!


一人一人に担当者がついて相談に乗ってもらえるので

自分の境遇やニーズに応じた職場や仕事の話ができます。

会社で退職者が後を絶たずにこの環境では自分もダメになる。。

そんなときはあなた自身も転職市場の雰囲気を知っておくだけでも気持ちが楽になると思います。


ミズキ

実績のある超大手の転職エージェントですので

どこでもいいからとにかく転職させよう!

という感じはないので安心して利用してくださいね^^

ケイタ
あなたがストレスなく仕事が出来るように応援しています。