仕事を辞めたいけど人手不足で辞めさせてくれない!正社員だから仕事をなかなかやめずらい・・人手不足だけどパートだから仕事を辞めても大丈夫?仕事を辞めさせてくれないのはパワハラで法律に違反する?人手不足で退職しずらいときの対処法のまとめ




私たちは1日の大半の時間を働いてその報酬に賃金をもらい

その賃金で生活をしているというスタイルの生活の人がほとんどだと思います。

しかし職場には様々な人がいて色々な考え方をする人たちと一緒に仕事をしていくと

どうしても職場に馴染めなかったり想像していたような仕事でなく

誰しも一度は転職を考えたことがあると思います。

ですがもし転職を考えていたとしても人手不足、辞められたら困るから

会社がなかなか辞めさせてくれなかったらどうするれば良いのでしょうか?

今回はそんな「仕事を辞めたくても人手不足」で

職場を辞められなくて悩んでいる時の対処法をまとめました。

会社が人手不足で退職したいけど辞めさせてくれない


せっかく退職を決めたけど会社が人手不足でなかなか辞めさせてくれない…

あなたはそんな経験をしたことはありますか?

実際に私も

「退職の意向を伝えて1〜2ヶ月後には退職をしたい!」と

退職願を出したけど会社の人手不足のせいで退職を先延ばしにされ

結局退職できないという人を何人か見てきたことがあります。


正直会社の人手不足は会社の問題なので

「私には関係ないことなので1ヶ月後には辞めせさていただきます。」

と言ってやりたい気持ちはあると思いますが

このセリフが言えるのはかなり気の強い心の持ち主でなければ無理ですよね。

日本人って本音を言うことが苦手なのでこのような心の葛藤をして

結局我慢をしながらその会社に残り働き続けるのはとても苦痛です、

人手不足だけどパートを辞めてしまうのは我がまま?


会社が人手不足の状態でパートを辞めたいと申し出た時

それは我がまままになるのでしょうか?

一緒に働いていた会社の人からするとそれは我がままに映ると思います。

それは一緒に働いていた人は会社に残る方なので

「どうしてこの人手不足の状況で辞めれるなんて言えるの?」と思われることでしょう。

言葉には出していなくても内心はそう思っていると思います。

だって会社に残る側からしたら一人抜けると言うことは

その人の請け負っていた仕事を残りのメンバーで

分担しなければならないし同じお給料なのに

前より多い仕事量をこなさなければならなくなるので

「迷惑だ><この人自分のことしか考えれないんだな・・・」

そう思われるかもしれません。

でも退職する方はそんなことは知らない!というスタンスで全然いいと思います。

退職することで警察に捕まるわけではないし

法律に反しているわけでもないのですからね。

仕事を辞めさせてくれないのはパワハラになるの?


意を決して退職を決めたのに、会社の人手不足などを理由に

退職を認めてくれないのはサービス残業を強要してくる


一昔前の人間のすることだと思いますし

場合によってはモラハラ・パワハラにも該当します。

でも、非常に残念ですがこの「一昔前の人間」がまだまだ日本には多く

このようなパワハラを受けている人は数え切れないほどいるでしょう。

退職理由が人間関係だったり会社のことが理由でその理由を聞いてくれてその上で

「なんとか解決できるように持っていくから退職は考え直してくれ」

と言ってくれる上司ならばパワハラではなく、部下思いのいい上司だと思いまいす。

しかし退職理由を聞いた上でなにか解決策を提案するでもなく

ただ退職を認めてくれない上司はパワハラ上司です。

パワハラになるかどうかは退職の意を伝えて

その後の上司の対応でパワハラになるかどうかが決まると思います。

仕事を辞めさせてくれない時は(労基)に相談すればいい?


なかなか退職させてくれない会社に「労基に相談するぞ」

といえば基本的には会社は引き下がると思います。

ですがもし、退職の意を伝えても

なかなか退職させてくれない、自分の力だけではもうどうにもならない・・

そうなってしまったら「労基」相談することをお勧めします。

「労基」とは労働者が不当な扱いを受けていないか?

チェックする組織でかなりの力を持っているので

会社も「労基」という言葉を出されるのを嫌がると思います。


労基に相談すときのポイントとして

・就業規則の内容を伝える(特に重要なのは雇用契約)

・会社とのやり取りを全て記録(ボイスレコーダー等)


していればスムーズに話や手続きが進みますよ。

ただ「労基」はアドバイスはしてくれますが労働基準法に違反する行為がない限り、

会社に対し法的アクションを取るケースがないので

「労基」に相談したから全て解決ということではないのでご注意を。

会社の人手不足は気にしなくていい!辞められない時の対応

 
「労基」相談してもまだ退職まで持っていけなかった場合

「退社代行サービス」というものがあります。

この「退社代行サービス」とはその名の通り

退職の手続きを代行してくれるサービスです。

この退社代行サービスをは


・精神的負担が確実に減る

・会社の人に会わなくて良い

・転職を支援してくるサービスもある 


というシステムで利用料金も一般的に5万前後。

どうしても会社を辞めたいならこの退社代行サービスを使うのも一つの手です。

退職代行サービスはもちろん違法なものではないので安心して利用できますし

たとえ会社から引き止めの連絡があっても担当者が代わりに

引き受けてくれ対応してくれますのですごく安心です。

このように自分の力だけでは無理でもお金を払って代行サービスなどを利用すれば

退職することは可能なので退職を考えているけど、

辞めることができなく身動きが取れないなら思い切って

「退職代行サービス」を使うことを考えてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ


会社を退職することは実は今の時代は結構簡単で

昔からの先入観と思いこみで難しいと感じている人も多いでしょう。

そもそも仕事は本人の意思で自由に辞めれるものだし

自分で判断できなかったら「労基」に相談すればいいのです。

「労基」に相談するときは就業規則のメモとボイスレコーダーを忘れずに!

退職することで自分に色々と負担がかかるようなら

代行サービスを使えばいいしどんな形であれ退職はできます。

難しく考えずに簡単に考えれば意外と早く退職できるかもしれませんよ^^