仕事をしばらく休みたい時の原因と対処法!精神的に参って仕事をしばらく休みたい時の理由や連絡方法・対処法をご紹介します。




誰にだって会社をしばらく休みたくなる時はあると思います。

それは人間関係だったり、プライベートなことだったり

なんとなくだったり理由は様々だと思います。

しかしその中でも精神的に参ってしまい

会社に行けなくなってしまう時も人生にはあるのです。

どんなに強い人でも何かの拍子に

そのような状態に陥ってしまうことがあると思います。

今回は精神的に参ってしまいしばらく会社を休みたい時の理由や

連絡方法・対処法を調べてみたのでご紹介します。





仕事をしばらく休みたくなる原因・理由


仕事をしばらく休みたくなることは誰にでもあることです。

休みたくなる原因は人それぞれだと思います。

人間関係が嫌になりしばらく休みたい人もいれば

仕事そのものが嫌で休みたい人もいるでしょう。

他にもきっと様々な原因はあると思います。

その中でも多いのがやはり人間関係だと思います。

人間関係はどこの会社でも悩みの種になるものです。

最初のうちは小さな悩みだったものがいつの間にか大きくなり

会社をしばらく休みたくなる原因になってしまうのです。

人間関係は同僚や上司、後輩いろいろな人と

築いていかなければいけないものなので

どうしてもうまくいかないことも出てきてしまいます。

なので仕事をしばらく休みたくなる原因は

人間関係が一番多いのではないでしょうか?





仕事をしばらく休みたい時は診断書は必要?


会社をしばらく休みたい時に診断書は必要になるのでしょうか?

結論から述べてしまうと、会社の就業規則によります。

労働基準法には、診断書の提出に関する規定はありません。

なので、働いている会社の就業規則に従うことになります。

就業規則に診断書の提出を規定している場合は、

会社と従業員の間で契約が成立しているので従業員はそれに従う必要があります。

しかし、会社が勝手に就業規則を変えてしまっていた場合は、

就業規則そのものが無効になるので

従業員に提出を義務づけることはできません。

就業規則に提出が規定されていない場合は提出は

従業員の意思に委ねられるものであり会社が強制することはできません。

従業員に納得してもらったうえで提出を求めることになります。





仕事やパートをしばらく休みたいときの伝え方や連絡方法


仕事やパートをしばらく休もう!!

そう決めてもいざ会社にそのことを伝えるとなると

言葉が出てこなくなりなんと伝えていいのか

わからなくなることもあるかとおもいます。

そこでしばらく仕事を休みたいと思った時の

伝え方や連絡方法として3つの方法をご紹介します。

1・直属の上司に連絡または相談する

仕事を休みたい時に1番に相談する相手は直属の上司です。

直接対面して仕事を休みたいことを伝えるのが一番ベストでしょう。

しかし、いざ、上司に直面してしまうと

言い出せなくなってしまう人もいるかと思うので

その場合は電話連絡やメールなどで休みたいことを伝えましょう。

電話連絡だと非常識な奴だなんて思われるかも・・

なんて考えてしまうかもしれませんが

今はとにかく自分の意思を伝えることが先決です。

2・診断書を提出して休職する

仕事をしばらく休みたいという場合は

心療内科などの診断書があれば休職することが可能です。

直属の上司に相談する際に診断書も一緒に提出するのも有効です。
  
3・傷病手当金の申請を行う

傷病手当金は、業務外のけがや病気の療養のために

会社を休むときに受け取れるお金です。

病気には精神的なものも含まれ最長1年半の間に日割りで

休職前の給料の2/3を受け取ることが可能です。

傷病手当金を受け取る為にはいくつかの要件がありますが

しばらく仕事を休むと給料が0になってしまう方はハローワークに相談しましょう。

以上が仕事やパートをしばらく休みたいときの伝え方や連絡方法になります。





仕事をしばらく休みたくなった時の対処法


仕事をしばらく休みたいけど周りのことを考えるとなかなか休みが取れない。

でも、もう心も体も限界がきていたとしたら?

それでもあなたは仕事に行き続けますか?

仕事をする忍耐力や持久力は個人差があります。

鍛えて身に付くものなら誰だった鍛えるでしょう。

鍛えて身に付くものではないからこそあなたが

今仕事をしばらく休みたいと思っているのなら、

周りからどんな目で見られようとも休むべきなのです。

仕事を休みたいのに続けていると心身ともに疲れ切ってしまい

うつ病や、過労死に至ってしま事もあります。

また、休みを取らないでいると家族や友人とのコミュニケーションが

希薄になってしまいプライベートも充実しなくなってしまいます。

そのような状態に陥ってしまう前に自分には十分な休養が必要だと思ったら

周りの目など気にしないで休みを取ることが一番の対処法と言えるでしょう。





仕事をしばらく休んでいる間に転職なども視野に入れよう


仕事をしばらく休みたいとずっと思っていたり、

もうすでに疲れて仕事を休みがちな場合は早急に転職を考える必要があります。

そんな風に考えてしまうほど今の仕事はあなたに合っていないか、

人間関係などの職場の雰囲気がよほどよくないのかがあてはまります。

あなたが休養を取りまた「がんばるぞ!!」という気持ちで

仕事に取り組むことができるならば転職を考えなくても問題はないのですが、

休養を取ってからもあなたがずっと我慢したり

相手に合わせて無理するようなことが続くようなら

人間関係を一新してしまう方がうまくいくかもしれません。

社外に目を向けたことであなたに合った職場が見つかるかもしれません。

仕事をしばらく休むことができたなら

その時間を使って次の職場を探すという考え方も有りではないでしょうか?





まとめ


日本人は勤勉でまじめなので、仕事を休むことを悪く捉えがちです。

たしかに人には無理をしてでも頑張らなくてはならない時もありますが、

その無理を続けているとうつ病になったり、

過労死したりと取り返しのつかない事態を引き起こしてしまいます。

仕事に行きたくないという状態がずっと続くようならば、

周りの目だど気にしないで一度長い休みを取ってみて下さい。

その長い休みでなにか新しい発見ができ、

人生が180度変わることだってあるかもしれませんよ^^