中小企業の社長は頭おかしい?ワンマン社長の特徴や頭がおかしい理由・社長がやってはいけないことと社長の頭がおかしい会社にいるときの対処法まとめ




中小企業の社長は

傲慢?独りよがり?わがまま?

わりとこのようなイメージがあり

実際わがままなワンマン社長に悩まされる人も多いと思います。。

中小企業の社長はどうして頭がおかしいと思われてしまうのでしょうか?

中小企業の社長は人の下につくことが

できなかったためワンマンになりがちになり

普通の感覚がなくなっていった人が多いんですね。

今回はそんなワンマン社長の特徴やワンマン社長が

頭がおかしい理由、社長がやってはいけないことなどを調べてみました。

ワンマン社長に頭を悩まされている方は参考にしてくださいね。





中小企業の社長が頭がおかしい理由


経営者というのは普通の感覚では務まりません。

中小企業の社長の考え方や価値観は

私たち凡人には到底わかるものではないのです。

冒頭でも述べた通り中小企業の社長は

人の下について働いた経験がない人が多いんですね。

なので自然と

自己中心的・人を信用しない・協調性がない人間になってしまい

従業員や関係会社から「頭がおかしい」と言われてしまうのです。

大企業の社長とは違い

中小企業の社長は比較的簡単になることができるので

このようの社長が多くなってしまうのです。

言い換えるなら中小企業の社長が頭がおかしいのは「普通」なのです。

しかし、そんな頭のおかしな社長が経営する会社は

継続することが難しく衰退の一途をたどることになるでしょう。





よくいるワンマン社長の特徴


よくいるワンマン社長の特徴を7つご紹介します。

①人(社員)の話を聞かない

社長でなくともこのような人はたくさんいるのですが

このような人の性質は自分の思い通りにことを運びたので

自分の話はするけど人の話はあまり聞きません。

②自分が賢いと思っている

会社の中で自分が一番賢いと思っているので

社員を下に見て的確な指示を出さなかったり

自分とは違う意見を言う人を嫌います。

③感情のコントロールができない

社員に対して怒鳴り散らしたり

機嫌が悪いと関係のない人にまで当たり散らしてします。

時にはものにあたることもあります。

④気が短い

気長に待つということができないのです。

すぐに行動しない慎重派の人に常にイライラしています。

⑤言うことがコロコロ変わる

思い付きで行動するので、自分が前回言ったことを忘れて

全く逆のことを言ってきたりします。

社員は振り回されるのですが言った本人はなんとも思ってないのです。

⑥自分が第一

自分の時間が一番大事なので

相手の予定を変えることを悪いことだとは捉えていません。

待ち合わせに遅れ事もあるし、ドタキャンもあります。

しかし、大事なお客様や目上の方には絶対にそのようなことはしません。

⑦会社のお金は自分のお金だと思っている

社員の給料を払ってやっているという感覚なので

理由なしの昇給を嫌います。

またボーナスのお礼を言われないと期限が悪くなります。





社長がやってはいけない行動・言葉


中小企業の社長でやってはいけない行動、

言ってはいけない言葉とはどんなものがあるのでしょうか?

まず、一番に挙げられるのは

「偉そうな態度、高圧的な態度、理不尽な言動で社員を奴隷扱い」だと思います。

こんな社長は嫌だと誰もが思うとはずです。

しかしこのような行動にでる中小企業の社長は多いと思います。

次に怒ることです。

社長が社員に対して怒ることは特別珍しい光景ではないのですが

むしろよく見る光景だと思います。

もし、社長に怒られた場合怒られた社員は

次からどのような行動に出るでしょうか?

次からは怒られないことだけを目的とした行動しかしなくなります。

これでは、社員は怒られないために会社に来ることになってしまいます。

利益を出すことを目的に会社に来ているはずなのに

これでは本末転倒になってしまいます。

そして最後にこれは一番社長がやってはいけないことだと思うのですが

社長が社員や関係会社の悪口・陰口を言うことは

絶対にやってはいけないことだと思います。

これは社長云々より人としてどうかと思います。

権力を持っている人が悪口・陰口を言うということは

影響力がものすごくあることなのです。

悪口を言われた人は会社にいることが

難しくなってしまうことだってあるのです。

一番上の立場にいる社長は悪口や陰口を言うべきではありません。





2代目の社長や女社長は頭がおかしい人が多い理由


2代目と創業者では立場が違くなります。

よく言われるのが、創業者はカリスマ性があると言われます。

創業者は裸一貫で会社を立ち上げ会社を軌道に乗せるまでそれは

それは大変な苦労をしてきているはずです。

そして会社を軌道に乗せるまでは様々な人間関係もあったと思います。

しかし、あきらめることなく様々な人間関係にもまれた

スキルを使って従業員の扱い方なども学んでいったことで

創業者と従業員は疑似家族のような一体感が生じています。

しかしこのマネジメントを2代目社長が

そのままやろうとしてもうまくいくはずがないのです。

だって、2代目と従業員には疑似家族のような一体感はないのですから…

それに加えて2代目の社長は周りの従業員を

「ダメ社員」と見下していたら

なおのこと従業員は2代目社長を信頼しないでしょう。

このように2代目社長は従業員と信頼関係を結ぼうとせず

ダメ社員と決めつけ見下しているので

周りから「頭がおかしい」と言われてしまうのでしょうね。

これに加えさらに女性が社長となった場合女性特有の陰湿さ

プライドの高さなどが重なりもっと酷い会社になってきます。





頭のおかしい社長の会社で働くなら転職をした方が良い


自分が働いている会社の社長が頭がおかしいなと感じたら

迷わず転職を考えてみてください。

なぜならば、あなたの力ではどうすることもできないからです。

社長が変わることはないので、給料や待遇がよくなることはないですし

もしかしたら待遇がよくどころか、年々悪化するかもしれません。

そのようなことが続いたら最終的に

あなたがストレスで潰れてしまうことになるでしょう。

従業員がメンタルを壊しても、社長は助けてくれません。

あなたはそのまま心身を壊してしまい

もしかしたら働くことも難しくなることだってあるかもしれません。

頭がおかしい社長が自分で気づいて

更生しないがぎり環境は変わることはないので

あなたが環境を変える方が早いと思います。





まとめ


人間とはどうしても自分中心に物事を捉えがちになってしまいます。

自分中心に物事を捉えず、違った角度から

物事を見ることが出来る人はかならず必要とされる人間になりますよね。

中小企業の社長は自分の力だけで

会社を回していると思っている人が多いと思います。

従業員あっての会社なのに、そこを分かっていない社長は本当に多いです。

もしあなたが頭のおかしい社長が経営している会社で

悩まされているなら転職をして環境を変えるのがおすすめです。

あなたがストレスなく働けるように応援しています!