東京国際フットボール映画祭

NEWS

宇都宮徹壱さんが映画『ガルーダ U-19』で東南アジアサッカーを語る! 東京国際フットボール映画祭 2/8(日) 10:00~ 

Pocket

Garuda19

 

東京国際フットボール映画祭では、毎上映にステキなゲストをお招きして、映画とサッカーを語っていただきます。

話題の映画『ガルーダ U-19』の2/8の上映では、サッカーノンフィクションライターの宇都宮徹壱さんを迎えて、東南アジアサッカーについて語っていただきます。

 

宇都宮徹壱1966年、東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。TV制作会社勤務を経て、97年よりフリーランスの活動を開始。詳しい履歴については公式 HP『徹壱の部屋』を参照のこと。「フットボールの犬」(東邦出版)で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。有料メールマガジン「徹マガ」を配 信中。取材の成果は、スポーツナビと徹マガにて発表予定。

 

 

東京国際フットボール映画祭のチケットは現在発売中ですので、ぜひとも前売りにてお買い求めください。

 

 

NEWS ARCHIVE

ページ先頭へ