仕事で寝坊して大遅刻したら休んでもいい?昼過ぎまで寝坊して大遅刻した時のうまい言い訳や遅刻してからやっぱり休みたくなった時の連絡方法をご紹介します。




仕事の日に寝坊すると、呼吸が止まりそうになります。

30分程度の遅刻なら「申し訳ありません」で済みますが、

1時間以上となると「どう言い繕えばいいのか…」と頭を抱えてしまいます。

これが初犯でしたらうまく言い訳することで「今回だけだぞ」と勘弁してもらえるかもしれません。

しかしあまりにも盛大な遅刻の場合「いっそ休んでしまいたい」と思いますよね。

こんなときどうすれば罪悪感を少なくして休めるでしょうか。

今回は「寝坊して大きく遅刻したときの言い訳と休む場合の連絡方法」についてご紹介しますね。



仕事で寝坊して大遅刻!どうしても行きたくないなら休んでも良い?


次のケースに該当するなら休むことはできます。

しかし遅刻で休むと、あなたの評価が下がることは覚えておいてください。

・急ぎの仕事がない

仕事そのものがヒマなときや顧客との約束がないときは、休んでも問題ないと思われます。

繁忙期でなければうるさく言わない上司もたまにいます。

・電話やメールで顧客に連絡を取れる

顧客への必要な連絡ができるなら休んでも大丈夫でしょう。

顧客にしても担当者が急に休むということは、よくある話です。

緊急性がある場合は誰かに対応してもらえば済みます。

・頼める同僚がいる

頼りになるのは仲のいい同僚です。

埋め合わせをすることを条件にして、仕事を頼んでみてください。

ただしお願いするのは一度きりです。何回もやると信頼を失います。



遅刻するくらいならいっそ休みたいと思う原因


遅刻してしまって「いっそ休みたい」と思う最大の原因は「気まずさ」です。

まず遅刻して出社した場合をシュミレーションしてみましょう。

・上司と同僚に謝って回る

・お客様へ対応の遅れを謝る

・一日中周囲からの視線が冷たい

・罪悪感いっぱいで働いてストレスがたまる

針のむしろとはこのことです。では休んだ場合はどうなるでしょうか。

・当日上司に電話で詫びる

・仕事は誰かが対応してくれる

・翌日の始業前に全員の前で謝るので効率的

・周りも朝からいる人を気にしない

いっそ休んだほうが精神衛生上好ましいかもしれません。

面白いもので途中から出てきた場合のほうが罪悪感にとらわれやすく

周囲もあなたの行動を厳しくチェックしています。

うまく言い訳して休んでしまいましょう。



寝坊して昼過ぎに起きた!やばい時間に起きた時のうまい欠勤連絡方法


どんな理由であれ、欠勤の連絡方法は「電話」です。

会社か上司の携帯にすぐに電話して、連絡もせずに遅刻したことを詫びます。

理由は以下の2つのどちらかを使ってみてください。

・仕事が忙しく非常に疲れていて寝過ごしてしまった

たとえ寝坊の理由がゲームで夜更かししたためだとしても、です。

ただし実際に仕事が忙しいという前提が必要になります。

・寝坊して会社に連絡しようとしたらスマホが壊れていた

寝坊したけど今起きたわけではないと印象付けるのがポイントです。

固定電話がなくスマホしか持っていないので、他に通信手段はありませんよね。

この場合、会社への連絡は公衆電話からするとよりリアルになります。

下手な嘘は必ず見破られます。でも嘘に本当のことを混ぜるとバレにくいのです。



遅刻すると連絡してからどうしても休みたくなった時の連絡方法


もちろん電話で伝えましょう。

たとえば「遅れるけど行きます」と電話した後に

どうしても休みたくなってメールやラインで上司に連絡したとします。

「え?さっき来るって言っていたのに、急に休むなんてどういうこと?」

とかなり不信感を持たれます。

ほとんどの上司は「電話で説明しろ!」と怒ります。

そして連絡方法よりも大事なのが、休む理由です。

多くの人は多少遅れても会社に行こうとします。

それができない、どうしても行きたくないという場合は

仕事や会社に大きなストレスを抱えていることが考えられます。

「出社しようとしたが吐き気がして行けない。医者に行きたいのでこのまま休ませてほしい」

と言って休みましょう。

間違いなく精神的に疲れていると思うので、

ゆっくり過ごしたほうが今後のためにも良さそうです。



寝坊で休んだ時に出る罪悪感をなくす方法


今日のあなたにできるのは「罪悪感で1日を潰さないこと」だけです。

明日のことは明日対応しましょう。

以下の3つの方法で罪悪感から目を背けてください。

・食べる

せっかく休んだのですから、お昼に好きなものをお腹いっぱい食べましょう。

ただし外出して会社の人に目撃されると面倒なのでデリバリーにしておくほうが無難です。

お腹を満たすと気持ちも落ち着きますよ。

・読書をする

現実から目を背けるには読書は最適です。

仕事に役立つような本を読もうとは考えないでください。

マンガでもエッセイでもOKです。

電子書籍でしたら本屋に行かなくてもいいのでオススメです。

・映画を観る

動画配信サービスで映画を観て現実を忘れましょう。

ここで注意してほしいのは「シリーズものを観ない」ことです。

面白くてついつい夜更かしして見続けてしまい

また寝坊するなんてことになるともう打つ手がありません。



まとめ

ついうっかり寝過ごすことは珍しいことではありません。

こんなときは会社に電話連絡してすぐ行くことが基本です。

遅刻の理由を聞かれた場合、寝坊はしたけれど

仕方ない事情があったと言い訳しておきます。

また大遅刻なのでいっそ休みたい場合は、

仕事の状況やフォローしてくれる人を確認して休むことも可能です。

遅刻して休むことに罪悪感を持つのは仕方のないことです。

でも罪悪感で一日苦しむのはもったいないので、

気分を落ち着かせるよう過ごしてください。

今後は遅刻しないよう対策をして、今回の寝坊と遅刻を乗り切ってくださいね。