職場で嫉妬深い女性の対処法!職場で嫉妬深い女性の特徴と嫉妬してしまう心理や嫉妬されてめんどくさい時の対処法をご紹介します。




男女問わず嫉妬心というものはあるものですが

特に女性の嫉妬というのはとても陰湿でめんどくさいですよね><

それが職場での人間関係だったらもう最悪!

そこで今回の記事は職場で嫉妬深い女性の特徴と嫉妬してしまう心理

嫉妬されてめんどくさい時の対処法をご紹介ますね。





職場で嫉妬深い女性がいてめんどくさい・・


どうして女の嫉妬心はめんどくさいのでしょうか?

女が集まるところに見栄と競争心が渦巻いているといわれますが

嫉妬深い女性は他人と自分を比べることで

自分の立ち位置を確認して、安心感を得たいのです。

人と他人を比べても何も意味がないということに

早く気付くことができるといいのですが

長い歴史から見ても生涯そのことに気が付かずに

この世を去る女性は本当にたくさんいるのでしょう。

人と比べることは何の意味も持たないということに

早くに気付けた女性は幸せを感じ取れやすくなるのではないでしょうか?





職場で嫉妬する女性の心理と特徴


女性は職場であれ、プライベートであれ嫉妬をしてしまう心理とは?

女性は男性よりも相手を自分と同等の存在として考え、

相手が自分よりもいい思いをしていると感じた時に

「なんで?私よりもいい思いをあの子がしているの?」という心理状態になり、

職場であれ、友達同士であれ、嫉妬をしてしまうのです。

つまり女性とは平等感覚が重要なので

その平等感覚が崩れたりすると猛烈な嫉妬心に襲われることになるのです。

嫉妬の心理は職場の人だけではなく女友達にも沸いてしまうものであって、

嫉妬という漢字を見てもらってわかる通り

「嫉」も「妬」も女偏を書くことから嫉妬心と女性を切り離すことはできないのでしょう。

これは世界共通なのではないでしょうか?





職場で女性が嫉妬した時にとる行動は?


女性が相手のことが羨ましく嫉妬をしているとき、憎しみに近いような感情を抱きます。

しかし、大人の女性として職場や学校などの

公の場であからさまに一人の女性に対して

嫌っているような態度を取っていたりすると

自分が嫉妬の対象より劣っていると認めてしまうことに待ってしまいます。

自分が人より劣っているとは認めたくないので

嫉妬心を抱いているときにとる行動として

「避けたり無視をする」という行動に出ることが多々あります。

この行動の意味は嫉妬している対象はいるのだけれど

嫉妬してるとばれたくないので極力近づかないようにして避けたり無視したりするのです。

他にも嫉妬している相手に対して「比べたがる」とうい行動にも出ます。

嫉妬する対象を自分と比べると自分のほうが「劣っている」と感じた時、

相手と自分を端から端まで比べることで自分のほうが「

優れている」部分を探そうとするため相手と比べたがるのです。

さらには「マウンティングをする」や「蹴落とそうとする」などが

嫉妬心を抱いているときにとる行動として挙げられます。





職場で嫉妬されやすい女性の特徴は?


嫉妬されやすい女性の特徴として6つの特徴を解説します。


・男性にモテる女性

生まれつき容姿が良く、男性からモテる女性は大した努力もせずに

モテているのが反感を買ってしまい嫉妬されてしまう原因になってしまいます。


・周りから評価が高い女性

女性は自分が一番でありたいという心理があるため

身近に評価の高い女性がいると比較されているわけでもないのに

気にしてしまう女性はたくさんいます。

会社やママ友など同じ間柄だと、どうしても周囲からの評価が

耳に入ってきてしまい嫉妬の対象になってしまいます。


・職場で上司や部下から慕われている女性

職場で自分よりも慕われている女性がいると、

自分が不当な評価を受けているのではないかと不安に思うのも女性心理の一つです。

職場での評価は会社での自分の存在意義と捉える女性が増えてきているので

上司や部下に慕われていてしかもそれが男性だった場合

不平等だと感じ嫉妬が生まれるのです。


・幸せそうな家庭を築いている女性

家族で幸せそうにしている女性がいると

自分より優れていると思い込み嫉妬してしまうものです。

女性はどうしてもほかの女性と比較してしまうため、

恵まれている人を見ると深く嫉妬してしまうのです。


・子供が優秀で賢い女性

家庭を築いている女性の中では子供が優秀で

賢い女性が嫉妬の対象になってしまうこともしばしばあります。

独身時代には気が付きませんが

子供の成績の高さがマウンティングの対象になってしまう可能性も。

受験真っ只中の子供がいる場合子供の成績で劣等感を感じてしまい、

嫉妬から子供の成績を上げようとして

必死になっているお受験ママも存在します。


・実家が裕福など、家庭環境に恵まれている女性

自分と同じくらいのレベルだと思っていた人が

実は実家が裕福だったりすることで嫉妬されてしまいます。

自分では変えられない事実なのでそこいに深い嫉妬心が生まれてしまうのです。

自分では努力することなく恵まれている女性は嫉妬心を抱かれやすいものです。





職場で嫉妬深い女性の対処法


職場で発生する嫉妬に対処するには、

「嫉妬されることを必要以上に恐れない」ことだと思います。

とにかく目立つことなく過ごしていけば

他人から嫉妬を回避することは可能ですが

目立たな過ぎて会社にいる存在意義がなくなってしまっても困ります。

もし嫉妬されたとしても自分らしく過ごせるように努め

ある程度の嫉妬心は受け入れる覚悟を持ちましょう。

しかしあからさまに嫉妬心を示されると

自分が悪いような気分になって落ち込んでしまうものですが

「自分は悪くない、嫉妬してくる相手が悪い」と考えることで

随分気持ちが楽になるものです。物事を多面的にとらえるように訓練しましょう。

また嫉妬を予防する方法もあります。

むやみに自慢話をしないように心がけたり、

敢えて自分の失敗談も話す弱みを見せるなどの隙を見せることで

相手からの嫉妬の対象から外れることができます。

最後に嫉妬心が強い人には近づかないことをおすすめしておきます。

負けず嫌いで自己アピールの強い人は

他人と自分の線引きがうまくできないので嫉妬心が強い傾向にあるといわれています。

こういう人が職場にいるなら仕事以外の私語は

慎みできるだけ深入りしないように心がけましょう。





まとめ


できることなら自分の嫉妬心は隠して仕事をしたいですよね?

嫉妬心は仕事をするうえで邪魔な時のほうが多いのですが

嫉妬心がなければ自分の成長につながらない時もあります。

必ずしも嫉妬心は「悪いこと」ではないのではないでしょうか?

負けた相手を抜き返したいという嫉妬心は

自分自身の成長のため持っていてもいいと思います。

しかし相手を消してしまいたいとか

相手を不幸にしてやりたいというような嫉妬心は

周囲の迷惑にもなってしまうので

このような嫉妬心は持っていたとしても表には出さないようにしておきたいですね^^