電話対応が苦手で仕事を辞めたい!電話対応できない人の特徴 電話対応が苦手で鬱になり仕事が辞めたくなった時の対処法をご紹介します。




電話対応は新入社員に任されやすい仕事といえますが苦手な人も多いと思います。

中には電話対応が嫌で退職したいという人もいるとよく聞きます。

苦手な仕事をやり続けるのは辛いですし、

一度苦手意識を持つとそれを払しょくすることは難しいですよね。

この記事では電話対応が苦手な人の特徴や電話対応が

ストレスになったときの対処法について紹介しています。

仕事の電話応対で悩んでいる人は是非参考にしてくださいね。





電話対応が聞き取れない!仕事で電話を取るのが怖い‥


電話に出て取り次ごうと思っても会社名を聞き取ることができなかったり

緊張して言葉遣いを間違えたりと電話対応は意外と難しいものです。

会社には営業電話がかかってくることも多く

しつこい営業電話に対応するとストレスにもなります。

失敗して気まずい思いをすることや怒られることもあると思います。

そもそも電話対応は対面での会話と異なり、声だけで相手の思いを理解し

自分の考えを伝えなければならず

コミュニケーションの手段としては難しいものだといえます。

さらに、ビジネス特有の言い回しがあったり、

知らない言葉を聞き取ることは難しかったりするため

電話対応に不慣れな人がすぐに完璧に出来るものではありません。

電話対応に慣れていないときに

仕事で電話を取ることに恐怖感を抱くことは当然のことです。





電話対応が嫌で辞める若者が増えた理由


電話対応が嫌なため仕事を辞める若者が増えています。

その理由の一つ目は、プライベートで電話を使うことが少なく

電話自体に不慣れであることです。

今の若い人はメールやラインを主な連絡手段としていることが多く

子供の頃から電話で話した経験があまりありません。

固定電話が家にないまま育ったという人も珍しくないほどです。

そのため、電話対応に対する苦手感は上の世代よりも強く

退職の原因となるほどに大きくなってしまうことがあるのです。

二つ目の理由は今の若者は怒られ慣れていない人が多いことです。

電話対応では顔の見えない相手にアドリブで

対応しなければならないので慣れないうちはミスしやすいものです。

ミスや失敗を怒られたりすると上の世代の人よりも

怒られるのに慣れていない分ショックが大きく

辞めたい原因となるほど精神的な負担となってしまいます。





電話対応から逃げたい!電話対応が苦手な人の特徴


電話対応が苦手な人の特徴として

一つ目に内向的な性格であることを挙げることができます。

そもそも他人と会話をすることが苦手なため

さらに高いコミュニケーション能力が必要な電話対応を難しく感じてしまいます。

二つ目の特徴は複数の作業を同時に進めることが苦手なことです。

電話対応の際は会話しながらメモを取る必要があることが多いです。

さらに、他の作業を行っている最中に電話にも出なくてはならないことが多いため

複数の作業を進めることが苦手な人は頭の切り替えがうまくできず苦手に感じてしまいます。

三つ目は敬語やビジネスでの言葉遣いに不慣れなことです。

電話対応では相手の表情が見えない中

初めての人と会話をする必要があるため

対面での会話以上に言葉遣いが大切になります。

しかし敬語や言葉遣いに不慣れで自信がないと

電話対応自体も不安なものになってしまいます。





電話対応が嫌でストレスや鬱になったときの対処法


電話対応が嫌でストレスになった際の対処法として

まずは、電話対応をマニュアル化することをおすすめします。

基本的な電話対応は定型的なものなので、

あらかじめ言うべきフレーズを準備しておくことができます。

とっさに言うべき言葉や敬語を考える必要がないので

コミュニケーション能力や言葉遣いに自信がない人も失敗しにくくなります。

次の対処法は回数をこなすことです。

最初は電話対応が苦手でも回数を重ねるうちに

慣れてうまくなり平気になってきます。

その他にはゆっくり話すことを心がけることもおすすめです。

焦ると早口になりやすくさらに気持ちを焦らせてしまいます。

ゆっくり話すことを意識することで早口になることを防ぐことができますし

その間に次に言うことを考える時間もできるというメリットもあります。





電話対応がどうしても苦手ならない仕事に転職を考える!


先ほど紹介した対処法を実践しても苦手意識が改善されない人や

どうしても我慢できない人は転職を考えるとよいでしょう。

人には得意なものと不得意なものがあり電話対応に適性がない人もいます。

適性がない仕事を続けることはストレスになりますし

成長もあまり期待できません。

ストレス過多になるとうつ状態になるなど心身に不調をきたし

仕事を続けることも難しくなる恐れがあります。

うつ状態まではいかなくても電話対応のストレスで

他の仕事のパフォーマンスが落ちてしまう可能性もあります。

また他の仕事はできるのに電話対応が苦手であることが原因で

全体的な評価も下げてしまうかもしれません。

電話対応のない仕事や職場にすることで精神的な負担を減らし

メインの仕事にしっかりと取り組むことができるのであれば

転職するべきだといえます。





まとめ


電話自体に不慣れだったり敬語や言葉遣いに

自信がなかったりすることなど

様々なことが原因で電話対応が苦手な人が増えています。

まずは、電話対応マニュアルを作ることや経験を積むことで、

電話対応への苦手意識を減らすことができるよう対処してみましょう。

そしてどうしても電話対応が苦手で仕方がないという場合は

電話対応がない職場への転職も考えてみてくださいね。