転職を繰り返す人の末路はダメになる?転職を繰り返す人の特徴やメリット・デメリット転職を繰り返した結果はどうなるかご紹介します。




「この仕事がやりたい」と思って入った会社なのに

やりがいを感じられなくて辞めてしまったことはないでしょうか。

それが一度や二度ならばまだしも、何度も繰り返してしまっているとなると要注意です。

辞めることに抵抗感がなくなってしまうと

「イヤだったら辞めればいい」と簡単に考えがちになってしまいます。

転職を繰り返しているあなた、実はもうそろそろ終わりにしたいと思っていませんか?

今回の記事は自分が転職を繰り返す人の特徴に当てはまっていないか。

また転職を繰り返さないためにどうすればいいのかまとめてみましたので

是非読んで参考にしてみてくださいね。





転職を繰り返す人の末路はダメになってしまう?


たぶんダメになります。

希望する会社で働けずに、収入面でダウンする可能性が高いからです。

以下の2つの理由から転職を繰り返すのはオススメしません。

第一に「年齢」

なんだかんだ言っても会社は1歳でも若くまっさらに近い状態の人を採用したがります。

転職経験が多いとそれだけで選考対象外となってしまうのです。

そうすると希望していない会社への転職しかできなくなります。

第二に「スキル」

当然ですが転職先にはその会社に新卒で入った人が存在します。

もうすでにかなりのスキルを身に付けたあなたと同い年か年下の先輩たちです。

この人たちに追いつくのはなかなか大変です。

スタートが遅れるというのは仕事をすることにおいてかなりのデメリットになります。

転職を繰り返すのはあまりよくないと考えておいたほうがいいでしょう。





転職を繰り返す人の特徴と転職を繰り返す「女性」の特徴


転職を繰り返す人には以下の特徴があります。

・イヤなことに耐えられない

イヤなことや苦手なこともある反面、うれしいこともあるのが仕事というものです。

そちらの方向に目を向けることができず

悪い面ばかりを見続けてしまうと転職を繰り返すことになります。

・自分のことをわかっていない

自分の適性、わかりやすく言えば「何が得意か」がわかっていないと

何度も転職をすることになります。

つい収入や福利厚生で会社を選んでしまい希望通りの会社に入ったはずなのに辞めてしまうのです。

・未婚の女性

自分ひとりだと思うと、女性のほうが転職することにためらいがありません。

「職場のここがイヤ!」と思ったら、驚くほど早く仕事を辞める傾向があります。

どこか夢追い人のような感じで、地に足がついていない印象があります。





転職を繰り返すのは使えないダメ人間?


これについては、そうとも言い切れません。

ちゃんと選んだつもりなのにいざ入ってみると

ブラック企業だったり上司と合わなすぎたりすることもあるからです。

結果として転職回数が増えてしまっただけ、という人もいます。

「入社してみたら、面接のときの話とかけ離れていて辞めてしまった」

「もう転職はしたくないから条件のいい会社を選んで入ったのに、上司のパワハラで辞めてしまった」

たまたまこれが重なってしまうことがあります。

転職回数が多いと、周囲はあなたを「ダメ人間」と評価することもあると思います。

でもどうか自分だけはそう思わないでいてほしいのです。

転職活動をしていれば、いつか自分に合った会社や仕事に出会うことができます。

ダメ人間なんかじゃありません。

諦めずに活動している自分を評価してあげてください。





転職を繰り返すことのメリット・デメリット


まずはメリットから。

・ストレスが少なく生きられる

「どうしてもこの会社で長く勤めなければならない」といったプレッシャーがありません。

必要以上に我慢をしないので、比較的気楽に生きられることが最大のメリットです。

ただ収入面で多少不安定になることだけは覚悟しないといけません。

そしてデメリット。

・転職するごとに条件が悪い会社にしか採用されなくなる

日本では転職回数が多いことは、圧倒的にデメリットです。

「今までずっと週休二日の会社に勤めていたのに、休みが隔週二日制の会社しか採用されなくなる」

「正社員では採用されず、パートやアルバイトでしか採用されない」

体感として転職で成功しやすいのは2回までだと思っています。

あと転職した回数分「なぜ辞めたのか」を面接で聞かれるので

もっともらしい理由を考えるのも正直面倒です。

転職回数は少ないに越したことはありません。





転職を何度も繰り返さないために


転職を繰り返す人は「自分のやりたいことがわからない」とか

「何が向いているとかわからない」ということが多いです。

そんなときは「これならできそう」という感覚を大事にしてみてはいかがでしょうか?

「休みが多い会社だからいい」や「やったことないけど面白そうな仕事だから」という理由で選ばないことです。

人間には「できそうかできなさそうか」を判断する能力が備わっていると思います。

若いうちは何でもできそうな気になりやすいですが、やはり向き不向きは無視できません。

好きじゃないけど、なんだかうまくできてしまうことや

人から評価されることを基準にしてみるのもいいと思います。

また仕事はあくまで生活手段でやりがいを求めないなど

割り切った気持ちで仕事をとらえるのも手です。

趣味に生きたりどうしてもお金がほしいなら投資を学んだりと

あなたの生き方に合った仕事のつきあい方もあります。





まとめ


はっきり言って転職回数が多いとデメリットのほうが多いです。

「希望する会社から門前払いされる」

「収入が不安定になる」などいいことは少ないのが現実です。

転職を繰り返さないためにも自分の適性もしくは

自分は何ができそうかを考えて転職活動することが大事になってきます。

しかし転職を繰り返しているからと言って

自分に合った会社や仕事に出会えないわけではありません。

他人がどう評価しようが

「転職活動を諦めずに続けている自分」をあなただけは評価してあげましょう。

あなたに合う仕事や生き方は必ずありますからね!