職場のいじめで退職したい!職場いじめの復讐はさっさと逃げるが勝ち?職場いじめで悩んでいる時のの対処法をご紹介します。




いじめのない世界なんてあるのでしょうか?

いじめは学校で起きるだけではないのです。

大人になってもいじめはありますし

むしろ大人になってからのいじめの方が

質の悪いものになっていたりするのです。

「大人になってからはいじめをうけるなんて」と

社会人になりたての人は思うかもしれませんが

大人になってからの方がいじめと

向き合う機会は増えるのかもしれません。


今回は職場でいじめをうけて悩んでいるあなたに

対処法をご紹介したいと思います。





職場でいじめられて悔しい・・


職場でいじめられるということは

ある意味よくあることかもしれません。

とくに新人だったり中途入社で入ってきたりした場合

いじめにあう確率は高くなります。

いじめの原因はその会社によって異なりますが

強い立場の者が弱い立場の者をいじめを行う場合が多いです。

そしていじめられていると感じ会社に相談しても

「気にしすぎじゃないか?」「いじめられているとは思えない」など

会社で波風を立てたくないからかいじめなどないということにされがちです。

これが大人のいじめの嫌なところです。

学校だったら校長や教育委員会などに相談できるところがあるのですが

会社は相談したところで社長のところまで伝わることはそうそうありません。

いじめられて悔しい思いをしたのに

結局なにもアクションを起こすことのできないまま

退職した人は数えきれないほどいると思います。





職場のいじめは立派な退職理由になる!


結論から言ってしまうと職場のいじめは立派な退職理由になります。

しかし、たとえいじめられたからと言って

突然会社に行かなくなるというようなことはやってはいけません。

きちんとした手続きを取らなければ

あなた自身が不利益を被ることがあるからです。

そしていじめを原因にして退職した場合

「会社都合退職」扱いにできるケースがあります。

会社都合退職にできれば、失業保険をすぐに受給できるので

その後の転職活動に有利に働くでしょう。

ただし、会社都合退職扱いにするためには

いじめの証拠をハローワークで提出する必要があります。

いじめの証拠例

【いじめ(パワハラ)の証拠例】

①いじめ(パワハラ)の事実が確認できるもの

・メールの文面

・ICレコーダーやスマホでの音声の録音

・スマホ等で撮影した動画

②いじめ(パワハラ)の被害が確認できるもの

・病院にかかった場合の診断書

・不当解雇の場合の解雇通知書

いじめを受けたことで精神疾患を発症した場合

「労災認定」してもらえる可能性もありますし

労災認定されると「療養給付」「休業補償給付」を

受け取ることができます。

もし、あなたがいじめを受けて退職を考えているのなら

自分に少しでも有利に働く辞め方をしましょう。





イジメた奴を見返したい!職場いじめの復讐は逃げるがかち?


イジメた奴に復讐したいと思うことはごく自然な流れだと思います。

しかし世の中は

「復讐しても何も変わらない

イジメてくる奴は無視して自分の成長の事だけを考えよう」

という風潮が強いです。

どちらも正解で、どちらも否定できない事実です。

イジメてきた人に復習したい人はすればいいと思うし

イジメてきた人を無視して自分の成長を考えれる人は考えればいいと思います。

しかし人間的に強く、魅力のある人は後者の

「復讐しても何も変わらない、イジメてくる奴は

 無視して自分の成長の事だけを考えよう」

と思える人だと思います。

この考え方ができる人はイジメてきた人と

戦っても意味がないことを知っているのです。

たとえいじめてきた人と戦って自分が勝つことが出来ても

周りからはイジメていた人と同じレベルの人間に見られるのです。

そしていじめは決してなくなることはないというのは世の常です。

いじめをなくすことが出来たら

もっと前の時代からいじめは消滅しているはずです。

なので今、自分がいじめられているなと感じている人は

職場から逃げることを私はおすすめします。

逃げることは恥ずかしいことではありません。

むしろ自分の限界を見つけ逃げる決断が出来た勇気のある人だと思います。





職場いじめで悩んでいるなら転職エージェントを使い退職しよう!


職場でいじめを受け退職を考えている人は

転職エージェントなどを利用して転職活動を始めましょう。

しかし安易に辞めるのではなく

しっかり準備をしてから退職することをおすすめします。

転職活動をするにあたってまず初めにすることは

「自分は将来どうなりたのか?」を明確にしておくことです。

「自分の将来=仕事に対する価値観」と思ってもらって大丈夫です。

自分は仕事に

「安定性」「給料」「労働環境」

「やりがい」「自己成長」「勤務地」

どれを求めるのだろうか?ということです。

もし、あなたが20代でしたら

今経験したことが30代以降の仕事のベースになるので

今のうちにあなたの仕事に対する価値観を明確にしておいた方がいいでしょう。

転職エージェントを利用すれば転職のプロに自分の状況を相談したり

自分にどんな可能性があるのかを知ることもできます。





職場いじめで退職するときにお礼は必要?


いじめを受けていた会社なのに辞める時は

お礼の品を渡さなければならないものなのでしょうか?

いまだに、退職をするときはお礼の品を渡すべきだと考える人は少なくありません。

しかし退職時にお礼を渡さなかったから非常識になるとはいいきれないです。

退職時にお礼を渡すのは、退職する人の意思の表れです。

そのため、家庭の事情や自分のキャリアを考えた末の退職者の場合は

会社に対して申し訳ないという気持ちをもっており

これからも仲良くやっていきたいという方は

お礼を渡すという気持ちになるのだと思います。

気持ちを表す行為が「お礼を渡す」ことなのです。

なので嫌いな人には「お礼を渡さない」も気持ちを表す行為になるのです。

結論を言ってしまうとお礼を渡すかどうかは自分で好きに決めて大丈夫ですよ!

ですが、もしあなたが円満退社を望んでいるなら

お礼を渡しておいた方が無難だとおもいます。



まとめ


どこの会社にもいじめはあります。

それは、とても悲しくて嫌なことですがでもなくなることはないのです。

いじめている方はそれをいじめと思っていないこともよくあることです。

いじめの線引きも難しいですし…

そもそもいじめをエンターテイメントとし

楽しむ人がいるのもまた事実です。

しかし自分が会社でいじめられていたら耐え続けることはないと思います。

その会社にいても自分にいいことは一つもないので

より良い未来を選ぶために退職をすることも一つの選択です。