職場が合わないと直感的に感じたらやめるべき?合わない環境に居続けるデメリット、合わない会社はさっさと辞めたほうが良い理由を解説。





今の職場で働いていて、仕事内容や環境が合わないと感じる人もいると思います。

職場に行くことが嫌というほどではないけれど、

直感的に合わないと感じるくらいだと職場を辞めるべきか悩みますよね。

雰囲気が合わないくらいで辞めるのは、甘えではないかと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では、職場が合わないと感じたらやめるべきかどうか、

合わない環境に居続けるデメリット等について紹介しています。

会社が合わないけれど辞めるべきかどうか悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。

新しい職場が直感的に合わないと感じたらやめるべき?


転職し、新しい職場で働き始めたけれど、直感的に雰囲気や

仕事内容が合わないと感じた場合は辞めることを検討することをお勧めします。

求人情報と仕事内容や労働条件が違うときやいじめられたときなどは、

はっきり辞めるべきだと思う人が多いですが合わないと感じただけでは辞めるべきか悩みますよね。

ただ、人間の直感は当たっていることが多いものです。

最初はただ合わないと感じていただけだったけれど

働き続ける内にトラブルが起きたりして退職することになるということも少なくありません。

そうなると時間ももったいないですし余計なトラブルに巻き込まれて

心身が疲弊する恐れもあります。

必ずそうなるわけではありませんが、新しい職場が直感的に合わないと思ったら、

危険だと思い、退職も考えておくことをお勧めします。

面接の時点で直感的にあわないと感じたら辞退したほうがよい


面接の時点で、直感的に会社と合わないだろうと感じた際は辞退した方が良いことが多いです。

面接の際は、会社や面接担当者も会社を良く見せたり、多くの人に合いそうに見せたりしますが、

それでも合いそうにないと感じるのは本当に合わない可能性が高いといえます。

入社してもやっぱり合わなくてすぐに退職することになったら転職活動が無駄になってしまいます。

短期間で退職した職歴は今後の転職に不利になりますので、注意が必要です。

但し、会社と合わないと思った理由が単に面接担当者と相性が悪いだけであれば、

辞退するか簡単に決めるべきではありません。

会社自体の雰囲気や他の人とは相性がいい可能性があるからです。

さらに面接等の機会があれば面接してみてから合いそうかどうか?判断することをお勧めします。

合わない職場環境に居続けることのデメリット


合わない職場環境に居続けることのデメリットとして、

一つ目に、ストレスが溜まりやすいことを挙げることができます。

合わない職場で働く際は、いろいろ我慢しなければならないことが多くなります。

小さな我慢も重なると大きなストレスとなり心身の健康を害するおそれもあります。

二つ目は、能力を発揮しにくい事です。

合わない職場では仕事に集中して取り組むことが難しいです。

また、モチベーションを維持することも難しいため、

なかなか成果を上げることができなくなる可能性があります。

三つ目は、評価されにくいことです。

自分が合わないと感じている場合周りもあなたと相性が悪いと感じていることが多いです。

いい感情をもたれにくいため同じことをしても評価が低くなる可能性が高いです。

合わない会社はさっさと辞めたほうが良い理由


合わない会社はすぐに辞めた方が良い理由として、

一つ目に、合わない会社に居続けることは時間の無駄になるからです。

合わない会社で能力も発揮できずだらだら仕事をしていても、なかなか成長できません。

自分に合った仕事や会社で働くことで、能力も発揮できるので、

いろいろなことを経験して成長のスピードを上げることができます。

二つ目は、年齢が上がるほど転職も不利になる傾向にあることです。

転職するのであれば、できるだけ早い方が転職も成功しやすいので、

さっさと辞めることを決断した方がよいでしょう。

三つ目は、合わない会社で我慢することで健康を害する恐れがあることです。

過度のストレスが溜まる状況に居続けると耐えることができなくなり、

うつ病やストレスによる生活習慣病などになるリスクが高まります。

できるだけ早くストレスの素から離れましょう。

この会社に行きたくないと直感的に感じたら自分の心に従いましょう。


会社に行きたくないと直感的に感じたときは、

自分の心に従って仕事を辞めることを検討することをお勧めします。

会社に行きたくないと感じたから退職するということは、甘えではないかと思うかもしれません。

しかしここまでで紹介した通り我慢して

会社で働き続けることのデメリットやリスクはいろいろあります。

また、行きたくないという直感を抑えて働くということ自体が、

モヤモヤした気持ちにしてしまい、精神衛生上もよくありません。

直感を抑え続けることは難しいのでいつかは耐えられなくなり、

退職してしまうということになりがちです。

合わない会社から受ける悪影響が少しでも少なく転職に有利な内に転職活動を開始しましょう。

まとめ

 

直感的に合わないと感じる職場や会社は、ストレスが溜まりやすく、

能力も発揮しにくいので、早めに退職を検討することをおすすします。

我慢してもいいことは無く、逆に我慢して会社に居続けることのデメリットはたくさんあるからです。

直感は自分の身を守るアラームの役割もあるので

従った方が良いことも少なくありません。

転職に不安がある方も、最近は転職エージェントなどの転職支援サービスがあるので、

利用すると負担を減らすことができます。

生き生き働くことができる、自分に合った会社を見つけましょう。