社会的信用のある職業ってどんな仕事?社会的に信用のある地位の高い仕事と地位の低い仕事をご紹介します。




「信用」とはそれまでの行為・業績などから信頼できると判断すること、

また世間が与えるそのような評価となります。

では社会的信用のある職業とはどのような職業にあたり

世間ではどんな評価をしているのでしょうか?

この記事では具体的に社会的に信用のある職業とは

どんな職業で逆に社会的信用の低い仕事はどんなものなのか?ご紹介いたしますね。





社会的地位の高い人の特徴


Wikipediaによると社会的信用の意味は

「社会の中に確立された、名誉や威信を伴う位置」そして

「近代社会においては職業が規定要因」とされています。

つまり職業で社会的信用が判断されることが多く金銭や知識

人員や人脈といった資源が豊富な職業についている人のことのようです。

職業だけではなく、立場も影響しています。

社長や管理職など指導的立場にいる人も

働いている職場のイメージによっては地位が高いとみなされることもありますし

また単に信用できる人という意味合いも含んでいる場合もあります。

以下のような人も社会的地位の高い人とみなされています。

・マナーを身につけていて、どこに出してもおかしくない人

・身だしなみがきちんとしている

・立ち振る舞いがスマートな人





社会的に信用のある地位の高い職業ランキング


ネットでよく社会的地位が高いといわれている職業をランキングします。

1.医師 

2.大学教授 

3.弁護士  

このように多くの人に影響を与える仕事をしている人を指しています。

そして社会的信用のある地位というのは

個人により判断が変わってくるのですが、

主に以下のような職業も地位の高い職業とされています。

・国を動かす仕事をしている職業(政治家・官僚)

・責任の重い仕事をしている職業(医療従事者)

・経済を大きく動かしている職業(日銀)

・高度な専門知識が必要な職業(医師・弁護士)

・聞いたことがあるような有名な企業で収入が多い職業(一流企業の会社員)





社会的に信用がない地位の低い職業ランキング


社会的に信用がない職業を具体的に説明します。

初めに断っておきますが、社会に貢献していない職業ではないのです。

なんといわゆるエッセンシャルワーカーの人が当てはまってしまうのです。

例えば以下のような特徴があてはまる職業の地位が低いと言われてした。

・低賃金

・待遇が悪い職業など

・いわゆる底辺職といわれる職業(ガテン系など)

底辺職とは明確に定義があるのではなく

以下のような特徴がある職業のことのようです。

・単純作業が多い、誰でもできる職業

・待遇が悪い職業など

・比較的就職が容易

また雇用体系としては一般的に正社員の方が社会的信用があるようです。

フリーターや非正規職員が家やお金を借りるのが難しいと聞いたことがありますよね。

そして次に社会的地位が低いとされていた、驚きの職業をランキングします。

1.介護職 

2.看護婦 

3.シェフ

これらの職業が待遇が悪く低賃金とされている職業でした。

介護職や看護婦は責任の重い仕事をして、かつ専門知識が必要であるにもかかわらず

地位が低いとあげているサイトがが多い状況でした。

社会的地位が低い職業は、印象がよくないにもかかわらず

人によって意見がまちまちであまり意味がないと感じました。





女性の社会的に地位がある職業は?


女性の社会的に地位がある職業とはリーダー的職業(政治家など)

あるいは管理職や社長職といった立場にあたることです。

近年男女が社会的に対等な立場になるために

女性の地位の向上を目指す「男女共同参画社会」の推進がされています。

地位が高い職業は明示されておらず

「指導的地位」「就業者数及び管理的職業従事者」に占める女性の割合、

非正規職員の数を減らすことが地位の向上につながるとしています。

以下の記事を参考になさってください。


ひとりひとりが幸せな社会の為に


このように女性の地位を高めるということは、

指導的立場の女性の増加であり

主にリーダーになる、管理職になる女性を増やすことです。

また女性を正規職員として雇用を増やすことが課題のようです。





職業に社会的地位を求めすぎないでください。


以上でご説明してきたように社会的地位とは

人を不快な思いをさせるにもかかわらずとてもあいまいな定義です。

社会的に必要不可欠で責任重大な職業でさえ

社会的地位が低いといわれている状態です。

もし世間が現在の定義の社会的地位のある職業ばかり求めていたら

社会が回っていかないことは明白です。

たしかに収入が高いといったことは働く人にとっては最も求めることではあります。

しかし一概に社会的地位が高い人の待遇などが良い状態であるとは言い切れないし

人脈が他の職業よりあるかといわれると疑問です。あくまでも世間のイメージです。

社会的に有意義な仕事にやりがいや誇りを感じて

仕事をしている人もたくさんいるでしょう。

世間のイメージにとらわれないでください。





まとめ

 

社会的信用の高い職業、低い職業について説明いたしました。

社会的信用があるという言葉はあいまいでもあり人によって意味合いが異なっています。

世間の言う社会的信用の高い・低いはあてになりません。

地位が低いといわれている職業も、社会になくてはならない職業だからです。

一般的に言われている価値基準よりも

自分が感じる価値観をもっと尊重すべきではないかと思います。

もしあなたが社会的信用が低い職業に当てはまったとしても

自分がやりがいを感じる仕事なのか?自分の能力を活かせる職業なのか?

がもっと重要なのではないでしょうか。