会社で馬鹿にされてると感じたときの原因と対処法まとめ!仕事でいつも馬鹿にされるのが辛い‥会社で見下されやすい人の特徴と原因・人を小馬鹿にして見下す人の心理、会社で上司や周りに馬鹿にされたときの対処法についてご紹介します。




誰だって人から馬鹿にされるのは嫌なものです。

好き好んで馬鹿にされる人はなかなかいないと思います。

とくに職場で馬鹿にされるとその後の仕事にも支障が出てきて

スムーズに仕事ができなくなってくることもあります。

とくに自分の方が先輩なのに後輩に馬鹿にされる・・・

なんていう場面もあることではないでしょうか?

今回の記事では職場で馬鹿にされて、

見下される人の特徴や人を小馬鹿にして見下す人の心理、

会社で上司や周りに馬鹿にされたときの対処法についてご紹介します。





仕事で馬鹿にされるのが辛い


職場には色々な人がいるものです。

怖い人、優しい人、何を考えているか分からない人

ずる賢い人、パワハラ気質な人、本当に様々な人がいます。

それが職場です。その色々な人がいる職場で馬鹿にされやすい人というのが一定数します。

馬鹿にされやすい人とは誰にでも優しくなんでも

「はいはい」と言ってしまう人が割と馬鹿にされやすいような気がします。

人に辛く当たるよりは優しく接したほうが断然いいのですが、

常に優しい人は

「この人は何をしても怒らないからこの人の前では適当に仕事しよ」

そう思われやすく後輩にも舐められ

それにより仕事がスムーズにいかなくなり

その後職場に居づらくなるという事案が生まれれくると思います。

優しすぎるが故に馬鹿にされやすくなってしますのです。





会社で(見下されているな)と感じる時はどんなとき?


会社で見下されていると感じることは誰しも一度はあるのではないでしょうか?

会社に入社したての新人なんかはとくに先輩方から見下されているな

と感じることも少なくないと思います。

たとえば話している相手が自分だけにしか自慢話をしてこないとか、

会話をしているときに前置きとして「知らないと思うけど」なんて

言われた時には馬鹿にされていることは確定です。

相手を選んで態度を変えてくる人も馬鹿にしているんだろうなと思ってしまいます。

また、既婚か既婚じゃないかや持ち家か賃貸かなど仕事をする上で

関係ないことでマウントを取ってくるような人も

ただ単に馬鹿にしたいだけなのかな〜?と感じることもあります。





会社で見下されやすい人の特徴と原因


会社で見下されやすい人の特徴としてあげられるのは6つです。

・おどおどして落ち着きがない

・主張をしない

・能力が劣っている

・何をしても怒らない

・自信がない

・単純ですぐ信用する

この6つです。

とくに4番目の何をしても怒らない人というのは何してもいいと思われ見下されがちです。

怒りをあらわにすると器の小さな人間に見られがちであまりいいことだと思わないのですが

あまりにも酷い扱いを受けた時は「言う時は言うぞ」といった感じで

怒りを表現してもいいのかもしれません。

最後に…もっとも見下されやすい人は自分に自信がない人です。

自分に自信がないことで自分を大切にできず人からも見下されやすくなります。

自分に自信ある人間は人に見下されても気がつかないとおもいます。





人を小馬鹿にして見下す人の末路


「他人を馬鹿にするのは無能の証」なんだそうです。

「自分にはこれができるけれどあの人はこれができない!!

だからあの人は能力がない」と言う言動をする人がいます。

しかしこうした言動は結局、自分の無能を晒してしまうことにつながります。

なぜなら「自分の見える範囲や考えられる範囲の能力基準でしか

相手を評価できていない」からです。

どんな人であれ必ず優れたところをもっているものです。

なので人を小馬鹿にする人は自分に能力がないことを晒している状態なので、

そんなことをずっとやっていればいずれ自滅していくでしょう。

人を小馬鹿にする人は結果的に損をしてしまうみたいです。

このことに気づけた人は早めに改善して人を小馬鹿にすることやめた方がいいと思います。





職場で(同僚などに)馬鹿にされた時の対処法

 
馬鹿にされた時の対処法としてまず一つ目は

「能力をつける」です。

一番手っ取り早くて比較的やりやすい方法は能力を着けることで

「この人よりも仕事できるからいいや」と気持ちに余裕を持つことができます。

二つ目は自分を大切にすることです。

まず自分が自分のことを大切にしていかないと

見下されてしまうのは良くなっていかないと思います。

自分で自分を大切にしないと相手にも大切にされません。

三つ目は形から見下されないようにすることです。

・はきはき話す

・背筋を伸ばす

・話すときに相手の目をしっかり見る。

・自分から話しかける

・話している時に無駄な動きをしない

・自分の意見を言う

こちらを意識することで自信のある人間に見えるので

見下されることは減ってくるのではないでしょうか?





まとめ


人のことを馬鹿にしてくる人は皆、自分にコンプレックスをもっている人だと思います。

人のことを馬鹿にすることで「私はこの人より上なんだ」と思い込みたいのです。

自信ない人間ということですね!!

自信に満ち溢れている人もなかなかいないとは思いますが、せめて人のことは馬鹿にしないで

自分に自信をつけたいのなら人を傷つけることではなく

人に自信を与えてくれるような人間になれた時初めて自分にも自信がつくのではないでしょうか?

人を見下すよりも人に自信を与えれるようになりたいものですね。