仕事を早く辞めたいと思うのは甘え?精神的に疲れてストレスがたまる会社の原因や会社を早く辞めたほうがいいのか?迷ったときの対処法まとめ。




ずっと精神的に疲れていて

「仕事を今すぐ辞めたい…」と考えることが増えていませんか?

家族や友人に相談してみても

「結局どこに勤めてもいっしょだよ」「もっとひどい会社に入ったら後悔するよ」

など、辞めることに否定的な意見ばかり耳に入ってきますので

「やっぱり今のままで我慢するしかないのか…」

とあなたは重い体と心を引きずって会社へ向かいます。


その頑張りはとても素晴らしいのですが、

自分は仕事のどんなところにストレスを感じているのか?

一度ゆっくり考えてみましょう。

疲れてストレスがたまる…早く辞めたいと思う会社の特徴


早く辞めたいと思う会社には、以下の3つの特徴があることがほとんどです。

1.仕事量が多いのに給料が少ない

毎日絶対その日に終わらない量の仕事をこなしているのに、

なぜか給料が上がらない不思議な会社があります。

賽の河原で石を積んでいるような日々は、あなたの心を大きく削ります。

2.職場の人間関係が悪い

特に直属の上司との関係が悪いと「早く辞めたい度」は高まる一方です。

自分か上司が異動する望みがあればいいのですが、異動がない会社だと打つ手はありません。

3.サービス残業や休日出勤が日常化している

「自分の仕事が終わっているのに帰ってはいけない空気が蔓延している」

「休日出勤しないと嫌味を言われる」

こんな会社に勤めていると、休んでも疲れが取れることはありません。

まるで働くために生きているようなものです。

いずれも「早く辞めたい!」と思っても仕方のない会社ばかりですね。

仕事を辞めたいと思うのは甘えなの?


いいえ、甘えではありません。

なぜなら人によって「耐えられないポイント」が違うからです。

お金を稼ぎたい人は、仕事量と給料が合っていないことに耐えられません。

落ち着いた環境でないと仕事に集中できない人は、パワハラ上司の元では働けません。

プライベートを充実させたい人は、サービス残業や休日出勤は言語道断です。

残念ながら入社する前に会社の真実はわかりません。

いい会社だと思って入ってみたらビックリの環境だった、

ということは誰にでも起こりうることです。

自分が大切にしたい価値観と大きく違っている会社を

早く辞めたいと思うのは、決して甘えはありません。

ただいきなり辞めてしまうのは金銭的なリスクがあるので、

在職したまま新しい職を探すことをおすすめします。

「精神的に疲れた」というのは退職理由になるの?


退職理由になります。なぜなら精神的に疲れ切ったままだと、

心身に重大な影響を与える可能性が高いからです。

最近増えている精神的な疾患に「適応障害」があります。

適応障害になると以下のような症状が出ると言われています。

・不安や焦り

・頭痛やめまい、不眠

・全身がだるい

・遅刻や欠勤などの問題行動

こうなってしまっては仕事どころか生活にも支障をきたします。

みんなが我慢して仕事をしている、ということは関係ありません。

耐えがたい苦痛によってあなたの心が疲れてしまっていることが問題なのです。

精神的に追い詰められてしまう前に、可能であれば休職することをおすすめします。

充分に心の疲れが取れてから「仕事を続ける」か「退職する」か選択しましょう。

派遣会社が今すぐに仕事を辞めたいと思う理由


派遣社員を今すぐ辞めたくなるとき、

それは「年下の正社員にバカにされたとき」です。

自分より10歳以上も若い正社員に「そんなことも知らないの(笑)」

と言われた翌日に、何事もなかったような顔をして

マウント正社員の若造と仕事をするのは、精神的に相当キツイです。

「生活のため」と割り切っていたとしても、

人は自尊心を傷つけられると耐えられないものです。

こんな正社員がいる会社をさっさと辞めて

別の派遣先に行く対処法もありますが、やはり正社員として働くことを目指しましょう。

ハローワークの求人情報はスマホで検索できますし、転職エージェントを使う方法もあります。

希望に沿った正社員の求人数は少ないですが、あきらめず地道に探せばいつか道は拓けます。

結婚をして早く仕事を辞めたい!結婚で仕事を辞めていいか?判断するポイント


寿退社は女性の憧れです。

あのイヤな上司に退職願を突きつけることを想像するだけでワクワクが止まりません。

しかし本当に旦那様の収入だけで生活していけるのか、

事前にしっかりと検討しておくことが必要です。

夫婦二人だけでしたらそれなりに生活できるかもしれませんが、

子供が生まれると教育資金の問題が出てきます。

また車や住宅ローン、自分の親の介護や思わぬ病気などによって、

余裕があると思っていた生活があっという間に苦しくなることがあります。

こういった不安を解消するために、

お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

しっかり計算してもらうと意外と多くのお金がかかることに驚くかもしれません。

結婚後のマネープランを立ててみて

「よし!これなら大丈夫」と思えたら、満面の笑みで退職願を提出してください。

まとめ


「仕事を早く辞めたい」と思うのは、甘えでも精神的に弱いからでもありません。

その仕事や会社が自分に合わなかっただけなのです。

今の会社でずっと働くことに絶望を感じるようなら、

思い切って転職することを考えてみましょう。

しかしすぐに次の仕事が見つからないことも多いので

「在職しながら」もしくは「休職しながら」転職活動をすることをおすすめします。

大丈夫、あなたに合う会社はきっとあります。

今度こそ余計なストレスをためずに気持ちよく働きたいですね。