仕事をしない人は放置するのがいい?仕事をしない人がいるとイライラしたりしわ寄せがやってきて邪魔に感じてしまう。面倒な仕事をしない人は無視される?職場で仕事をしない人の特徴・仕事をしない人にやらせる方法や仕事をしない人の末路についてご紹介します。




会社は仕事をするところ。そんな子供でも知っているような事実を

根底から覆すような「仕事をしない人」が存在します。

「できない」のではなく「しない」のです。

こんな人がひとりいることで、他の人たちは

イライラしたりしわ寄せがきたりして大変な迷惑をこうむります。

それなのに本人はどこまでもマイペースに生きています。

仕事をしない人を無視して仕事をするしかないのでしょうか。

それもなんだか悔しいので、仕事をしない人に仕事をさせる方法についても考えてみました。

職場に仕事をしない人がいてしわ寄せがくるのが辛い‥


これほど理不尽なことはないと思います。

自分の仕事に加えて、他の人の仕事までやるのは辛すぎます。

その人がとても頑張ってやっていて、それでも間に合わないのでしたら

手を貸す気にもなりますが、多分そんなケースはまれでしょう。

狙って仕事をしていないとしか思えません。

それなのに仕事をしない人と給料は同じです。

さらにほぼ仕事を肩代わりしたにもかかわらず

まるで自分がやったかのように上司に報告されたときには

「もう二度とこいつの面倒はみない!」とあなたは心に誓うでしょう。

しかし仕事をしない人はこれからもずっとしません。

真面目なあなたはお客様へのご迷惑を考え今後も仕方なくやる羽目になります。

負のスパイラルの完成です。この事態だけは避けたいものです。

面倒な仕事をしない人の特徴は?


面倒な仕事をしない人には以下の特徴があります。

・苦手なことをとことん避ける

仕事ですので苦手なことでも取り組まなくてはならないのは当然ですが、

世の中には「絶対にやりたくない」と頑張る人がいます。

周囲は「そうは言ってもいつかやるだろう」と考えて放置しますが、

本当にやる気配がなく結局他の人たちがやることになります。

・ただ給料がほしい

何もしないで給料がほしいという図々しい人がいます。

働いたら負け、みたいな感覚でしょうか。

面倒な仕事は「自分の仕事じゃない」と

最初から思っているので仕事を振ってもやらない可能性が高いです。

・えらい人の身内

誰にも注意されないと思って仕事をしません。

「これやっておいて」と上司気取りで他の人に丸投げし、成果は自分のものにします。

仕事をしない人は無視されてしまう?


無視されます。そうしないと他の人のイライラが止まらないからです。

最初から「いないもの」として扱えば、多少ですが気楽に仕事ができます。

仕事をしない人に話しかける必要はありません。

話しかけられても「ごめん、大切な作業しているから」とやんわり伝えましょう。

あいさつと業務連絡だけで充分です。

ただ仕事はしないのに無視されていることはわかるので

上司に「同僚からいじめられている」と訴え出ることもあるかもしれません。

たとえ上司に問われても「そんなことはありません」と全員で言い張りましょう。

下手に「あの人が仕事しないから無視している」と言ってしまうと

やはり「いじめ」としてとらえられる可能性があるからです。

さらに「仕事をさせるように」と余計な任務まで背負わされることがあります。

仕事をしない人には感情的にならず関わらないようにしたほうが負担は減るのです。

仕事をしない人は邪魔に感じる、仕事をしない人に仕事をやらせる方法


仕事をしない人は、視界に入るだけで邪魔でしかありません。

この人だけ席を遠くに離してほしいと本気で思います。

ですが、仕事をしないままで在籍させるのも気に障りますよね。

こういう人に仕事をさせるには

まず簡単すぎることからやらせてみることをおすすめします。

単純な計算だったり、書類のファイリングだったり

「どんなに仕事をしない人でもこれくらいはできるだろう」という低レベルの仕事をさせます。

そしてそれができたら多少大袈裟にほめておきます。

これで気を良くするようでしたら次回からその仕事はその人に任せることができます。

仕事をしない、と言っても1日中ボーっとしているわけにもいかないと思います。

難しくない仕事でしたら「暇つぶし」みたいな感覚でやることがあるのです。

子供のお守みたいで腹立たしいですが

できそうなことはとりあえずやらせてみましょう。

仕事をしない人の末路はどうなる?


辞めさせられるでしょう。

会社はなるべく解雇をしたくないのが本音ですが

仕事をせず改善をする気もない社員を置いておくわけにはいかないのです。

また社員が一致団結して仕事をしない人を辞めさせるよう上にかけあうこともあります。

「その人ひとりを取るか、私たち全員を取るか」と選択を迫るのです。

よほどの事情がない限り会社は動いてくれます。

このように恨まれて憎まれて仕事をしない人は会社を去ることになります。

仕事をする能力があるのにしないというのは一種の病気です。

別の会社に勤めてもまた同じような展開になって辞めることになるのは想像できます。

そして生活が立ち行かなくなった時点で自分の過ちに気づいても、取り返しがつくかどうか…。

最初から誠実に働くほうが、ラクをしようとするよりずっと生きやすいのです。

まとめ


人生で一度は必ず出会うのが「仕事をしない人」です。

そのしわ寄せで同僚が苦しんでも何も感じないという恐るべき生態を持つ生物です。

自分の都合ばかりを優先するような人は無視されて当然ですが

無視されていることを悟られないように注意しましょう。

とりあえずできそうなことがあればやらせてみて

それも無駄でしたら辞めてもらうよう上司に働きかけるしかありません。

それぞれが役割を果たし時には協力し合いながら気持ちよく働きたいものです。

仕事をしない人は百害あって一利なし。

一刻も早く職場を去ってくれることを願ってやみません。