仕事のミスは墓場まで持っていける?小さなミスをごまかす方法・仕事のミスに後で気づいたときの対処法などをご紹介します。




仕事をしているとミスはつきもの。

ミスした時、大したものでなければ誰にも報告せずに

墓場まで持ってけるのではないだろうか?

と誰しも一度は考えたことがあると思いますし

経験した人もいるかもしれませんね。

仕事でのミスは小さいものだったら墓場まで持って行くことは可能なのでしょうか?

今回は仕事の小さなミスをごまかす方法、

仕事のミスに後で気づいたときの対処法などをご紹介しますね。





仕事のミスでバレないのは小さなミスだけ


仕事でミスをして隠し通したことはありますか?私はあります。

新人の頃に大したことではないだろうと思い隠し通したのですが

それが見つかり大ごとになった事があります。

まだ新人だったので「それがミスだと思っていなかった」と言って厳重注意で済みましたが、

小さなミスでもやがてはバレます。

誰だって仕事のミスをしたら上司に報告したくないと思うものです。

隠せるならば隠し通したいと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、隠せば隠すほど、発覚した時には数倍のミスになって返ってくるかもしれません。

ミスをしたらどんなに小さなものであっても報告しておくのがベストなのですが。

もし、隠し通すと決めたのならとりあえず「辻褄」だけ合わせておくようにしましょう。

後でバレてエライことになるならば

なるべくフォロー、修正、訂正ができるようにしておきましょう。

訂正もきかないものなら、開き直って自白しましょう。





仕事のミスを墓場まで隠し通す方法


「仕事のミスを墓場まで持っていきたい」

「どうやったら一番安心・安全な状態で終えられるかを知りたい」

そんな人に仕事のミスを墓場まで持っていく方法を紹介します。

仕事のミスを墓場まで持っていくには基準があります。

そもそもミスを隠し通すなら「罪悪感が少ないor無い」状態でなければ、

どこかのタイミングで突っ込まれてバレてしまいます。

そのため「隠しておいても表面化しない」

「突っ込まれてもバックれられる」と言う条件を満たしていれば、

そのまま隠しておいても良いでしょう。

このように、自分がミスをしていたとしても罪悪感がない様ならば

墓場まで持っていくことは可能なようです。

ミスしても罪悪感がないというのは人それぞれの基準で違ってくるので

大きなミスだけど罪悪感がないから報告しなかったとなる人もいるかもしれません。

そう考えるとちょっと怖いですね。





仕事のミスに後で気づいた時はどうすれば良い?


仕事でのミスを家に帰ってから後で気がつくことってありますよね?

もし、家で仕事のミスを思いだしたらパニックになっちゃいますよね!

でもそのミスは今すぐに直さないといけないのか?

次の日でも大丈夫なのか?一度落ち着いて考えるといいでしょう。

今すぐに直さなければいけないミスなら上司に連絡した方が良いでしょう。

もしすでに得意先に品物が届いていたり間に合わないと思ったら、

次の日は出勤時間よりも少し早めに出て確認を取ると良いでしょう。

上司に報告したらどうすれば良いか指示をくれると思います。

「もしかしたらミスかも?」くらいのレベルならば

次の日に対応できると思うので諦めて寝てしまいましょう。

自分の仕事のミスをスムーズに対応できる上司ってカッコイイですよね!!

でもそれはきっと上司も同じようなミスをしているからスムーズに対応できるんですよね^^





仕事のミスを隠したら不安だし罪悪感が生まれてしまう


仕事でミスをしてしまうと、まず「どうしよう」という感情が押し寄せてきます。

そして次に「怒られる、いやだな…」と言う恐怖の感情が出てきます。

そうなってくるとミスを隠したなりミスを無かったことにするために

色々と考えそのミスから逃げたくなってきます。

なんとかその場は逃れたとしても不安が襲ってきます。

ミスをして、さらに隠してしまったことで

どんどん自分自身を追い詰めてしまう結果になってしまいます。

どうしてあの時すぐにミスを認められなかったんだろう。

ミスを認めなかったことで私の職場での評価はどうなってしまうのだろう?

いろいろなことが頭を駆け巡ると思います。

誰だってミスしたら頭の中に「このミスは隠せるかな?」という考えが思い浮かぶものです。

その考えを一瞬で吹き飛ばしすぐに上司に報告するという

習慣を徐々にでもいいので作っておけば

不安や罪悪感から解放されるのではないでしょうか?





仕事のミスはあなただけのせいではない


・メールの見落とし

・金額のうち間違え・

スケジュールの勘違い

そんな仕事のミスをしてしまった時、自分は

「なんてダメな人間だなんだろう」と自分を卑下してしまうのではないでしょうか?

もし自分が仕事でミスをしてしまった時

「自分」と「自分の役職」を切り離して考えるといいと思います。

「自分がダメな人間だからミスをしてしまったんだ」と考えるのではなく

「この役職に就いているからミスをしてしまったんだ」と考えると

その役職に就かせたのは会社なので、自分をこの役職に選んだ会社のミスになります。

どうして自分のような役職にいる人間がそんなミスをする仕組みになっていたのか?

原因となってしまった全体の仕組みを変えれるアイデアも

浮かびやすくなるので不安を感じずに済みます。

ミスはあくまでビジネスの過程の1つです。だからといって

じゃあ何回もミスしてもビジネスの過程だから

仕方ないじゃないか…とはなりません。

ミスを犯したら「これはミスだ」としっかりとした認識は必要です。





まとめ


ミスを犯すことは誰にだってあります。

それが犯罪ではない限りどんなミスであっても

いつまでも責められるような事案ではないはずです。

しかし職場には人のミスをいつまでもいつまでも言ってくる人が居ます。

このような人がいるからミスをしたらいつまでも

グチグチ言われる→グチグチ言われたくない→ミスを隠そう。

という心理になってきてしまうのだと思います。

ミスをした本人がそれをミスだと認めたのならば

それ以上グチグチ言うのは心の狭い人間だと周りからも思われてしまいます。

そうならないように気をつけたいものです。