ダメな会社ほど会議が多い!会議や報告会が多い会社の特徴とムダな会議が多いときの対策・会議を見直す方法をご紹介します。




会議が多い会社だと出社が憂うつですよね。

中には「日によって午前も午後も会議がある」という会社もあるでしょう。

仕事のためでなく、会議をするために出社しているなんてバカバカしいです。

これでは「ダメな会社は会議が多い」と言われても仕方ありません。

会議は多くの意見やアイディアを出して仕事を発展させるのが目的なのに

仕事の足を引っ張っているようでは問題です。

今回は「会議が多い会社がダメな理由と

ムダな会議を見直すための対策」についてご紹介しますね。



ダメな会社ほど会議が多い!


あなたの会社は次のような「ダメパターンの会議」が多くないでしょうか。

・会議が1日に複数回ある

1日のうちに何度も会議があると、日常業務に差し支えます。

そのくせ仕事が遅くなると上司に文句を言われます。

これではたまったものではありません。

何よりもお客様への対応が遅れるのは心苦しいです。

現場に出ていない上司が会議で状況把握したい気持ちはわかりますが

実際に動いている社員としては「会議よりお客様を優先したい」と考えています。

・上司の自己満足

仕事ができない上司ほど会議を開きたがる傾向があります。

会議が多くても有意義であればガマンもできますが、たいていはデキない上司の独演会です。

こんな会社の将来なんて見えていますよね。

会社やお客様のためではない会議が多いのが、ダメな会社と言えます。



会議や報告会が多い会社の特徴


会議や報告会が多い会社の特徴を3つ挙げてみます。

・デジタル化が進んでいない

デジタル化が遅れている会社は会議が多いです。

会議が単なる「個人の業績発表会」になっているので、時間も回数も多くなりがちです。

情報を共有するデジタルツールがあるのに「会議」という形を取りたがるのが特徴です。

・ブラック企業

部下を批判したいブラック企業は頻繁に会議や報告会を開く傾向があります。

生産的な議論ではなく、社員にプレッシャーをかけるのが目的です。

上司からの批判に終始する会議が多いのでしたら、ブラック企業の可能性大です。

・業績不振

会社の業績が下がったときに会議が多くなります。

本来ならば業績不振になる前に会議で対策を考えないといけません。

つまり対応が遅い会社なのです。

場当たり的な会議が多い会社は危ないですね。



会議やミーティングが多い会社は潰れる?ムダな理由


会議やミーティングが多いとムダである理由を3つご紹介します。

・紙のムダ

会議資料が紙の会社がまだまだ多いと思います。

毎回、人数分✕部数を準備するとなると膨大な紙を消費しますよね。

これをもったいないと思わない会社はコスト削減の意識が低いので

経営もうまくいかないことが考えられます。

・時間のムダ

会議やミーティングが多いと、自分の仕事に遅れが出てしまいます。

会議のために仕事が遅れるなんて、本末転倒です。

さらに残業になると会社の経費も増えます。

時間をお金だと考えられない会社は潰れても当然と言えるでしょう。

・人のムダ

関係の薄い部署やパートまで強制参加させる会社は危ないです。

会議に参加する時間を本来の自分の業務に当てたほうが、よほど効率的です。

意見を聞いてくれる会議ならいいのですが、たいていは聞かされるだけです。

働く人のモチベーションが下がるので、業績も下がります。



ムダな会議が多いときの対策・会議を見直す方法


社員でも実践しやすい対策を2つご紹介します。

・会議の目的をはっきりさせる

ムダな会議が多いのは、目的がはっきりしていないケースが多いからです。

「今日の会議は〇〇を決めるという話ですね」

と、最初に発言して全員に議題を意識させてみましょう。

もし目的がないと感じられる会議であれば

仕事が忙しいことを理由に欠席してもいいと思います。

・報連相を徹底する

「報告会」と化している会議が多い会社は報連相ができていないことがほとんどです。

当事者と上司で打ち合わせれば済む話でしたら報連相の徹底で改善することができます。

会議を開いても発言することがなければ、会議を見直す方向に持っていけるでしょう。

ただし多くの社員の協力が必要になりますので、根回しが大事になります。



良い会社ほど会議が少ない!会議が多すぎて苦痛なら転職も視野に入れよう


会議の回数は役員や上司が決めています。

そのため一社員がどれだけ「会議が少ないのが良い会社の条件です」

と、訴えても聞き入れてくれない可能性があります。

「会議」って聞こえがいいですよね。

仕事をしている感を出せるので、一部の人は

会議で予定が埋まっていることに満足感を得ていることもあるでしょう。

そんな会社にあなたは居続けられるでしょうか。

イライラしてしまい、すでに業務の効率が下がっているのではありませんか。

もっと適度な会議の回数や時間を知っているあなたに会議の多い会社はふさわしくありません。

会議の少ない会社に転職を考えてみてください。

「会議が多いという理由で転職してもいいの?」と思うかもしれませんが

自分が苦痛を感じているなら立派な転職理由です。

会議の少ない良い会社に転職して、あなたの能力を思いっきり開花させましょう。



まとめ


会議の多い会社は間違いなく効率が悪いです。

会議が多い会社の特徴をいくつか上げましたが

どれも会社がちゃんと取り組めば改善されることばかりですよね。

会社に改善する意思がないのでしたら、あなたが事前の準備や根回しで

会議の回数を減らす方向に持っていくこともできます。

しかしそんな労力を使うくらいでしたら、思い切って転職してみるという手段もあります。

時間は有限です。不快な環境で働く時間がもったいないですし

会議の少ない良い会社は確実に存在します。

お客様優先の環境で有意義な仕事をしたいですね。