辞めた方がいい会社の特徴まとめ!人が辞めていく会社・見切りをつけた方がいい会社この会社は辞めておいた方がいいと思う会社の特徴と対策をご紹介します。




一度入社したからには一人前の人間になれるまでは

続けたいと誰でも思っているのではないでしょうか?

しかしいくらこちらがそのように考えていても会社がやばかったり、

とんでもないブラック企業だった場合こちらがどんなに意気込んで入社しても

こちらの意気込みなど全て「無」にされてしますのです。

求人情報を見ただけでこのようなヤバい会社を見破るのはおそらく無理でしょう…

そこで今回は入社する前にやばい会社かどうか?

判断する材料になるものを調べてみました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。





人がやめていくやばい会社の特徴


人が辞めていくやばい会社の特徴として、5つの原因があると思います。

その5つの原人をあげておきます。

1・職場の人間に問題がある

・性格の悪い一部の人が職場の人間関係を悪くしている。

・部下への嫌がらせをするお局などがいる

・使えない社員を重宝する


2・会社の待遇、労働条件に問題がある

・残業時間が多い

・休日出勤が多い

・給料が低い、上がらない


3・会社の採用方法、人事制度に問題がある

・ハローワークなどの無料求人掲載頼みの採用

・非正規雇用者に重要な仕事を任せている

・人事に中途採用者を受け入れるノウハウがない

4・会社の経営方針に問題がある

・ワンマン経営についていけなくなる

・会社の社風や組織風土と社員の価値観が合わない

・企業理念と実際の仕事内容がかけ離れている


5・業界全体の構造に問題がある

・人手不足が続いていて1人当たりの仕事量が増えている

・収入源が限られるので賃金を上げにくい

・ブラックな経営体制が当たり前となっている





入社しない方が良い・辞めておいた方がいい会社の特徴


転職を考えているけど入社しない方がいい会社には入りたくない!

と思っている人はたくさんいると思います。

ハローワークなどの求人情報だけで

分かるものではないので判別するのが難しいですよね?

入社しない方がいい会社の特徴10個を挙げておきますね!

・求人を年中募集している

・若手社員が多く未経験でも入れる

・求人票の情報が曖昧

・求人票にノルマなしという記載

・求人の給与体系の部分が曖昧

・平均勤続年数が短い

・3年離職率が高い

・業界の安定性がない

・会社の売上や資産が少ない

・競合が激しい分野

上記10個にほとんどあてはまる会社ならば

まず入社は辞めておいた方が身のためでしょう。





この職場から逃げた方がいい・離れた方がいい辞め時のタイミング


あなたが日々お仕事をする中で「辞めたい」という気持ちが

チラチラよぎっているなら職場を去る日もそう遠くないのかもしれませんね。

しかし仕事の辞め時は人それぞれ違うので

「辞めたい」と思ったからすぐ会社を辞めるのは控えてほうがいいでしょう。

今のあなたが仕事を辞めるべきかどうかは

あなた自身に表れている「サイン」を見つけて見てください。

例えば…

仕事のミスが増えてきたけど、特に何も感じなくなってきている、

また終業時間ばかりを気にするようになっているなどです。

さらには髪型や化粧がだらしなくなってきていたり

自分が生活している部屋が散らかってきて何日も掃除ができていない状態に

陥っているなら今の職場から離れるタイミングだと思います。





この職場は「もう限界…」と思った時の対処法


日曜日の夕方になると「明日からまたあの人の顔を見ないといけないのか」

と思うとすべてを投げ出して逃げ出したくなるくらい限界がきている人は

一度冷静に今の自分の現状を見極めてみてはどうでしょうか。

自分に限界が来ている原因はなんでしょうか?

会社を嫌になるきっかけはなんでしたか?

そのきっかけが原因で今、やっている仕事に害は出ていますか? 

自分がなぜ限界が来ているのかを

よく分析することで改善することもあるかもしれませんね。

自分をよく分析したけどそれでも「もう限界」

と思うのであれば公平な第三者や身近な人に相談して見ましょう。

身近な人に相談すれば話してスッキリするし、

自分とは違う考え方に触れアドバイスをくれたりします。

公平な第三者…つまらコンプライアンス委員の人に

相談するなら解決に向けて動いてくれるでしょう。

「もう限界」と感じたら自分をよく分析し

まわりの人達に相談してみるといいかもしれませんね。





すぐに職場を辞めた方が良いと思ったら退職や転職をするべき


1秒だってこの会社にいたくない…

そんな人だって世の中にはたくさんいるはずです。

しかしながら仕事への不満と仕事をやめる理由は

イコールではないことを覚えおくべきです。

心身に限界がきたり(病気になりそう)人間関係に改善が見込めなかったり、

数年働いたがどう考えてもこの仕事には

向いていないという人だったら辞めて転職をおすすめします。

無視して頑張っても仕事が楽しくながったら人生も楽しくありません。

楽しく仕事するのが一番幸せなのですから。

逆に「結婚したいから」「親の介護をするから」「ただ疲れている」

ということを理由に退職することはおすすめできません。

結婚や介護を理由にキャリアを自ら断ってしまうと

のちのち仕事をしたいと思った時、条件が下がってしまうからです。

また、ただ疲れているだけだったら

有給や休職をして休息を取り、心と体のリセットに励みましょう。





まとめ


誰でも一度は退職を考えたことがあると思います。

けれども後先考えずに辞めてしまうと

後の自分に後悔というものが押し寄せてくことになるので

納得したうえで退職に漕ぎ着けたいものですね。

自分がステップアップするための退職なら行動は早いと思うのですが

人間関係や仕事についていけなくて退職だと行動もすぐにできないと思います。

けれど今のままの自分ではダメだと思っているな行動するのはしんどくても

この後に変化できる自分がいると信じることで行動に移すことができるはずです。

退職を考えている人は迅速な行動で自分の人生をより良いものにしてくださいね。