試用期間に辞めるのは迷惑がかかるし気まずい?試用期間で会社を辞めたいのに言えない時の伝え方・対処法をご紹介します。




新しい会社に採用され働き始めたけれど、

仕事や雰囲気が合わなくて試用期間中で退職したいという方もいると思います。

まだ働き始めて間もない段階で退職は言い出しづらいですし

そもそも試用期間で退職はできるのかなど不安になりますよね。

この記事では試用期間で退職したいときの会社への退職の申し出方や

言い出しづらい時の対処法などを紹介しています。

試用期間での退職について悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。





試用期間1週間で退職したいけど気まずくて言えない‥


入社して1週間くらいだと試用期間中ということがほとんどですが

それくらいの時期で退職したくなっても退職を言い出すことは気まずいですよね。

まだ1週間で退職したいというと甘えているなどと思われたり

怒られたりするのではないかと不安になる人もいると思います。

もちろん、会社側もいい気はしませんが、

同じように退職するのであれば早めに退職したいと伝える方が会社も助かります。

退職するのであれば今後の研修や教育はしなくても済みますし

すぐに採用活動を始めることができるからです。

退職を言い出すことが遅くなれば遅くなるほど、

研修や教育にかかる費用と時間が多くなり

会社側も厳しい対応になる恐れがあります。

働き続けることが難しいと判断したのであれば

早めに退職したいと伝えることをお勧めします。





試用期間でも退職願いを出して辞めることは可能


試用期間中に退職する際も、通常の退職と同じように

退職願いを提出すれば辞めることができます。

試用期間中だからといって退職願いも出さず、

出勤を辞めるといういわゆる「バックレる」行為は辞めましょう。

会社に迷惑がかかることは当然ですが、

社会保険等の手続きもスムーズに進まず自分が困ることになりかねません。

また、社会はどこでつながっているかわからないもので、

その会社での不誠実な行為が今後の就職活動や

日々の生活の中で悪影響を及ぼす可能性もあります。

試用期間中に退職したくなった場合も

通常と同じように原則2週間前に退職を申し出なければなりません。

もちろん会社によっては、すぐに退職させてくれるかもしれませんが

退職は2週間後になっても文句は言えません。

また、確実に退職するためには

証拠が残るよう退職願いを書面で提出することをお勧めします。





パートの試用期間中も退職はできるの?


パートでも試用期間中に退職することは可能です。

基本的には、正社員もパートも試用期間や

退職の取り扱いについては変わりません。

そのため、パートだからと言って、

退職したいと伝えるとすぐに退職できるわけはないことに注意が必要です。

法律上は退職日の2週間前までに退職を

申し出なければならないことになっています。

ただ、正社員と違ってパートの仕事は簡単で代わりの人がいることが多いため

正社員よりも早めに退職できることが多いです。

特に試用期間中のパート社員でまだ一人前の人員と見られていない場合は

すぐに退職を認められる可能性が高いといえます。

逆に試用期間を終え、一人前の人員になってから

退職を言い出す方が会社も困り辞めにくくなってしまいます。

パートの仕事を始めたけれど

続けられそうにないと思ったら早めに退職を切り出す方がよいでしょう。





試用期間で会社を辞めるときの切り出し方


試用期間で会社を辞めるときの切り出し方として

まず直属の上司に話したいことがあるといって

時間を作ってもらうことをお勧めします。

そして、その時に試用期間中だけれど仕事を辞めたい旨を伝えます。

その際に、仕事を辞めたい理由を説明することになりますが、

本当のことが言いにくければ体調不良や家庭の都合を理由にしてもよいでしょう。

注意点は、急に周りに人がいる状況に上司に退職したいといわないことです。

上司も対応に困りますし職場の雰囲気をよくないものにして

上司に嫌がられてしまう可能性があります。

また、急に退職願や退職届を上司に突きつけるようなけんか腰の態度も止めましょう。

できるだけ円満に退職する方が、

その後の手続きもスムーズに進み自分にとっても得です。





試用期間でどうしても辞めさせてくれない時は退職代行を利用しよう


試用期間に辞めたいと伝えても

会社がどうしても辞めさせてくれないときは

退職代行を利用することを検討しましょう。

そもそも退職代行とは、退職したい本人の代わりに

会社に退職したいという意思を伝えるサービスです。

上司に退職の相談をしても聞いてくれない場合でも、

外部の第三者から連絡が来れば会社として対応しないわけにはいかず

はっきりと退職の意思を伝えることができます。

また試用期間で辞めたいと自分から言い出せない人も

退職代行を利用すれば精神的な負担を軽くすることができます。

但し、退職代行を利用するには当然お金がかかることや

退職代行サービスによってはコンプライアンス面で

問題があるところもある点に注意が必要です。

退職代行を利用したほうが良い状況になった際は、

費用や提供しているサービスが法的に問題がないか確認して利用することをお勧めします。





まとめ


試用期間で仕事を退職したくなった場合

会社に退職を言い出すことは気まずいですが

思ったよりも認められやすいものです。

無断欠勤してそのまま辞めるようなことは避け、

通常の退職の時のように退職の意思を伝え退職願を会社に提出しましょう。

スムーズに退職するためにはまず上司に

相談するなど言い出し方に気を付けることも大切です。

万が一、試用期間に辞めることを許してもらえない場合は退職代行サービスもあります。

お金がかかるなどの問題はありますが

必要な場合は利用するとよいでしょう。