職場の雰囲気が合わない時の対処法まとめ!職場の雰囲気が合わなくてストレスを感じたら辞めるべき?職場の雰囲気が合わない時の対処法をご紹介します。




仕事の内容自体は悪くないのに、職場の雰囲気が合わず、

周りになじむことができないという悩みを持つ方もいると思います。


多くの場合職場には毎日長時間いることになるので、

雰囲気が合わないことによるストレスは少しずつであっても溜まっていき辛くなっていきます。

しかし雰囲気が合わないという理由の退職は甘えではないかという気もしますよね。

この記事では職場の雰囲気が合わないときの対処法や転職すべきかどうか?

について紹介していますので、是非参考にしてくださいね。





職場の雰囲気が自分に合わなくて毎日ストレス・・


大人しい人が体育会系の職場に入ったり

皆でワイワイしながら仕事をすることが好きな人が一人ひとりが

コツコツと自分の仕事をする職場に入ったりすると雰囲気が合わないと感じますよね。

自分の性格や考え方を変えることは簡単ではなく

頑張って職場の雰囲気になじもうとしても

違和感を取り除くことができずストレスが溜まってしまうことも多いでしょう。

少しのストレスでも溜まり続けると大きなストレスとなり健康に悪影響を及ぼします。

また、雰囲気になじむために自分の性格や個性を

無理に押さえつけるなど我慢を続けようとしても長期間続けることは困難です。

いつか我慢できなくなる時が来てしまいます。

心身への影響や長期的な観点から考えると

雰囲気が合わない職場でただ我慢したり無理を続けることはお勧めできません。





雰囲気が合わない職場に長く居続ける事のデメリット


雰囲気が合わない職場に居続けることのデメリットとして

一つ目にストレスがたまることを挙げることができます。

ストレスはうつ病や生活習慣病の原因になるといわれています。

これからの人生、仕事や生活を充実したものにするには健康が大切です。

ストレス過多の原因になることはできるだけ避けるようにしましょう。

二つ目のデメリットは、雰囲気の合わない職場では評価されにくいことです。

例えば、長時間残業することが当然とされる職場では

仕事を効率的に進め残業しない社員をさぼっていると評価したりします。

表立って非難されなくても上司や周りの人から信頼できないと思われ

大切な仕事は任せてもらえず成長の機会を奪われることもあります。





職場の雰囲気が合わないなら退職、辞めるのは甘えではない


職場の雰囲気が合わないときに退職することは甘えではありません。

雰囲気が合わないということは価値観が合わないということなので

仕事において目標とすることも周りと異なることが多いです。

その職場で働き続けていても自分の目標が達成できないのであれば、

その職場に居る意味はないのはないでしょうか。

雰囲気の合わない職場を退職することは

甘えと思われるのではないかと悩んでいるのであれば

それよりも今後の人生をどうするかを考えて

退職するかどうかを決めることをおすすめします。

雰囲気の合わない職場で我慢して働き続けることが

今後のためになるのであれば退職するべきではありませんし

今後のためにならないのであれば退職すべきです。





職場の雰囲気が合わないと感じたときにできること・対処法


職場の雰囲気が合わないと感じたときにおすすめの対処法として、

一つ目に職場は仕事をする場所だと割り切ることを挙げることができます。

仲良くすることや仕事に必要なとき以外の

コミュニケーションをとることを期待しないことです。

雰囲気が合わなくても仕事はできると考え気にしないようにします。

二つ目の対処法は自分の考え方や言動を振り返ってみることです。

自分が周りに壁を作っていたり自分の考えに固執したりすることで

周りの人との関係が悪化し雰囲気が合わないと感じている可能性があります。

心を開いて相手の考え方も受け入れていくうちに

職場の人間関係もよくなり雰囲気になじむことができるようになることが期待できます。





どうしても我慢ができないなら環境をかえるべき!


いろいろな対処法を試しても改善されない時やどうしても

職場の雰囲気について我慢できないときは環境や職場を変えるべきです。

周りの環境や職場を変える方法として転職と部署異動を挙げることができます。

退職して新しい会社に入社すれば当然環境は変わりますし

部署を変わることで周りの人が変わり、環境が変わることが期待できます。

異動願を提出したり上司や人事部に相談したりするなど異動したいという意思表示をしましょう。

但し職場の雰囲気が合わないという理由ではわがままと捉えかねないので

新しい仕事に挑戦したなど前向きな理由を伝えることをお勧めします。

会社全体の雰囲気が合わない時や異動が難しいときは転職が必要です。

また異動願を出しても確実に異動できるわけではありませんし、

基本的に異動先を自分で選べないこともありますので確実に環境を変えるには転職がおすすめです。





まとめ


雰囲気の合わない職場に我慢して居続けるとストレスが溜まりますし

仕事でも正当な評価をしてもらいにくくなる可能性があります。

自分の言動を見直し人間関係を改善することなど対処法もありますが、

それでもよくならず我慢できないときは異動や転職などで環境を変えることをお勧めします。

職場の雰囲気が合わないことで職場を変えることに後ろめたさを感じる必要はありません。

自分にとって何が良いかという観点で考えることが大切です。