職場に退職を伝えるのに理想的な曜日と時間はいつがいい?退職を切り出せないあなたに退職を伝えるタイミングの良い申し出の時期や曜日と時間をご紹介します。




退職を決めたもののいつ?誰に?どのように伝えればいいのか?

となると咄嗟に思いつかない人もいるのではないでしょうか。

退職する何日前に伝えればいいのか?

先輩や同僚にも伝えないといけないのか?

考えれば考えるほど色々な疑問が湧き出てきますし

それで辞めたくてもやめられなくなってしまいますよね^^;

そこで今回は職場で退職を伝えるのにりそうなタイミングについてご紹介しますね。





退職を伝えるタイミングの良い時期は?早すぎてもついていけない?


退職のタイミングとして、適している時期とはいつなのでしょうか?

法律上では「2週間前まで」に労働契約の解約の申し入れ

(退職届)を提出するように定められているようですが

もし、円満退社を実現するのであれば

あらかじめ退職までの流れをきちんと抑えておくことが大切です。

・転職の準備〜退職時期の検討

働きながら転職活動をするか。今の勤め先を一度辞めて

転職活動に専念するのかまずはこの点を考えましょう。

・退職意思の表明

会社の就業規則にもよりますが、一般的には退職日の1〜3ヶ月前に表明するのがマナーです。

・退職日の設定と退職願の提出

上司と話し合い退職日を設定します。

正式に退職が認められたら退職の2週間前までに直属の上司へ退職願を手渡します。

・残務整理/引き継ぎ

自分が今担当している業務を一覧にしそれぞれ後任の担当へと引き継いでいきます。

・退職当日/退職後

経費の精算や備品の返却など退職に伴う手続きが多いので

退職当日はゆとりをもって行動しましょう。

また、お世話になった部署の方達には直接お礼をするのがマナーです。

退職届を出すタイミングは1〜3ヶ月前がベストだと思いますが

中には半年前に出す人もいるみたいです。

有給休暇の関係みたいですが

退職届を出すのは早くても半年前までにしておきましょう。





退職を伝えるのに理想的な曜日・時間は?


びっくりするかもしれませが退職を伝えるのに最適な曜日や時間は決まっているのです。

伝えるタイミング次第で、上司と揉めたり職場居づらい雰囲気になってしまうか

決まってしまうから注意したいですよね!!

退職を伝えるのに最もベストな曜日は「金曜日」です。

なぜなら上司が感情的に怒ってきても、

土日で気持ちを落ち着かせることができるからです。

土日休みではない場合は、上司が休む前日に伝えればOKです。

次に退職を伝えるのにベストな時間は

お昼の休憩時間か仕事が終わる時間がベストだと思います。

人が少ない時間帯を選ぶことで、話しやすくなるでしょう。

避けたいのは朝の時間帯です。

なぜなら一日中お互い不穏な空間で過ごさないといけなくなるからです。





退職をするときは誰に言えばいいの?


退職をすると決めたら、まずは会社に退職の意思をつたえなければなりません。

では、誰にどのタイミングでどう切り出せば良いのでしょうか?

退職を決めたならまずは、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

小規模な会社や役職によっては社長が直属の上司ということもあるかもしれません。

この場合、社長に直接伝えても問題ありません。

退職というと、どうしても先輩や同僚に相談したいという気持ちがあるかもしれませんが

上司は部下を管理する立場です。

退職の話が先輩や同僚から伝わることで無用なトラブルに発展する可能性もありますので

まずは上司に退職の意向を伝え、了解を得てから先輩や同僚に話をするようにしましょう。





退職の切り出し方・円満退社するためのベストな言い方(伝え方)


まずは、まずは退職の意思を切り出す相手の都合や予定を確認しましょう。

その際退職の話は伏せ「お話ししたいことがあるので、ご都合の良い時に少しお時間いただけませんか?」

と相手の都合を確認する内容にとどめておくようにしましょう。

アポイントをとり、二人で話ができる場所で退職を切り出しましょう。

退職の話を切り出す場所は相手と二人だけで話ができ、

話し声のもれない会議室などを選びましょう。

相手と二人で食事に行った際や終業時間後のお酒の席での退職の話を切り出すのは避けたほうが無難です。

退職の話は交渉と捉え、冷静に話のできる場を設けるようにしましょう。

退職の話を始める際は、「突然で申し訳ございません」と切り出し

「退職させていただきたく、今回はお時間をいただきました」と伝えましょう。





退職を切り出す勇気が出ない時の対処法


退職を切り出せないのは、自分が退職をすることは

良くないことだと思っているからではないでしょうか?

「退職をすれば周りに迷惑をかけてしまう」

「上司からなんと言われるか怖い」

「退職理由をうまく伝えられるだろうか」

このような気持ちから、退職を切り出す勇気がもてないという人は多いでしょう。

退職を切り出す勇気を持つためには以下のアドバイスを参考にしてみましょう。

・絶対に譲らないこと

退職という考えは譲らないという気持ちが大切です。

・見つめ直す

自分自身に迷いがあると退職を切り出す勇気が持てないものです。

退職しなければならない理由を自分で見つめ直しましょう。

・転職先を決めておく

切り出す勇気を持つために、次の就職先を先に決めてしまうのもありです。

・距離を置く

少し旅に出る、距離を置いて自分の立ち位置を見てみる。

自分がいなければ仕事が回らないと思っていても、そうではないことに気付かされます。

・本当にやりたいことを見つける

やりたいことを持つことで、辞めるためのプラスの理由ができる。

・味方を見つける

自分が辞めることに肯定的な人と話すこと。「辞めても良いんだ」と許可された気持ちになれるでしょう。

・会社と自分を切り離して考える

会社の将来と自分の将来は別物で、自分はまず自分の生き方を選ぶ権利があると思うこと。

・次に選んだ道に過度な期待をしない

次の環境が良いかどうかの保証はありません。それでも次の道を行くんだと覚悟を持って進むこと。

・辞める準備を徹底する

辞める準備を事前にしておくことで、自分はいつでも辞められる状態にあると思うことができます。





まとめ


退職を伝えるタイミングというものがこの世には存在していたのですね。

若い頃の私だったら辞めたいと思ったその日に上司に伝えていたかもしれません。

退職の原因は人それぞれなので一概にはいえないのですが。

もしあなたが退職を考えているなら

今一度自分を見つめ直し本当にこの仕事を辞めて後悔しないか

キャリアを捨ててまた1からやれるだけの気力はあるのか考えてみて

それでも「退職したい」と言うのであれば

ぜひ金曜日か上司が次の日休みの日に退職を切り出してみてくださいね!