職場で頭が悪い人と仕事をするときの特徴と対処法まとめ!職場で頭が悪く話が通じなくて疲れたり、頭が悪い人の顔つきや特徴・地頭が悪い部下への接し方をご紹介します。




なかなか仕事を覚えることができなかったり、他の人と比べて作業がスムーズに進められなかったりする

いわゆる「頭が悪い人」は多くの職場にいるものです。

そんな人がいても仕事は進めていかなければなりません。

状況を改善するには、頭が悪い人にはどんな特徴があるのか、

頭の悪い人にはどんな仕事が向いているのか、どのように接すればいいのか知ることが大切です。

接し方の工夫や対処法を理解して頭の悪い人とも上手に接し、仕事を進めていきましょう。

仕事で頭が悪い人がいて疲れる


仕事を覚えられないため何度も説明しなければならなかったり

作業に手間取ってしまい回りがフォローする必要があったりするなど

仕事で頭の悪い人がいると疲れますよね。

しかし、職場で一緒に働く人を選ぶことは難しいものです。

頭の悪い人にただイライラするのではなく工夫して対処していくことが大切です。

特徴を知って指導方法を改善することや能力を発揮できる作業を見つけ

その作業を任せることで、頭の悪い人であっても今より活躍させることができます。

頭の悪い人を仕事で貢献できるように導けば

あなたのマネジメントスキルは上がりますし周りの評価も高まります。

頭の悪い人と仕事をすることをネガティブにとらえすぎず前向きに行動してみてはいかがでしょうか。

頭が悪い人の顔つきと特徴


頭が悪いと感じられてしまう人の顔つきは目に力がなく落ち着きのない顔をしていることが多いです。

自分に自信がなくやるべきことがわからないため不安感が顔に出てしまうからです。

顔つき以外の特徴としては一つ目に集中力がないことを挙げることができます。

そのためミスが多く、しかも同じようなミスを繰り返してしまいます。

二つ目の特徴は、話にまとまりがなく、話の意図が伝わりにくい事です。

語彙力や論理力がないことが原因ですが

そもそも自分自身で言いたいことをわかっていないことが原因だということもあります。

三つ目は、無駄な動きが多いことです。

先のことを見通すことができないため事前の準備が不足していたり

不要なことをしてしまったりすることが原因です。

何となく忙しそうなのに、仕事自体はあまりできていないことも多いです。

仕事で頭を使わない頭が悪い人にできる仕事(職業)


頭が悪い人にできる仕事の一つ目は、警備員です。

警備員の中でも警備室にいて決められた時間に決められたとおりに

見回りをするタイプの夜間の建物の警備がおすすめです。

覚えることも少ないですし、自分で何をするか考える必要がありません。

二つ目は単純作業のライン工です。

但し、難しい作業や早い作業を求められる工場だと

失敗して後続の作業の担当者に迷惑をかけてしまう恐れがありますので

どんな作業か確認しておいた方がよいでしょう。

三つ目におすすめの仕事は単純な事務作業です。

文字や数字を入力するだけのデータ入力や書類のホチキス止めなどの作業だと頭を使わずできます。

単純作業のみだと安定した仕事とするには難しいかもしれませんが

繁忙期に短期間のアルバイトとして求人を出している会社もあります。

地頭が悪い部下への接し方


地頭の悪い部下への接し方のポイントは「シンプルにする」です。

指示を出すときも、できるだけ簡潔でわかりやすい言葉を選んで伝えましょう。

また部下から報告を受けるときは、まず結論を言わせるようにしましょう。

ただ、最初は難しいと思いますので、まずは部下の報告を普通に聞き

何を言いたかったのか聞いてまとめさせます。

それすらも難しい場合は一緒に何が言いたかったのか考えてあげ

自分の言いたいことをまとめるという習慣をつけさせることからスタートしましょう。

二つ目のポイントは業務の計画を立てさせることです。

おそらく無駄な点や漏れがあると思いますので修正させます。

計画を立てさせることで、未来を見越して動くという意識をつけることが期待できます。

仕事で頭が悪い人の対処法・付き合い方


職場に頭の悪い人がいる場合は他のメンバーの負担が大きくなり大変ですが

安易に排除したり外したりすることは厳禁です。

いじめやパワハラに該当する恐れもありますし

自分の悪い点を認識できない人もいて

「不当な嫌がらせをされている」など告発され大問題になる可能性があります。

ただ頭の悪い人の仕事のできなさをその人の上司や一緒に働くメンバーの

指導力不足や能力不足と判断されないような工夫が大切です。

さらに上の立場にいる上司に相談し指導や業務の状況等を報告することをお勧めします。

また、頭の悪い人に期待しすぎないことも大切です。

最初からできないことを任せなければ問題も起こりにくいですし

できることを見つけそれを任せておいた方が効率的です。

自信がないタイプの頭が悪い人は成功体験を積むことで

不安感を取り除き、落ち着いて作業ができるようになることも期待できます。

まとめ


頭の悪い人と一緒に仕事をするのは大変ですが人生の中で頭の悪い人と接する場面は今後も出てきます。

排除したり、ストレスを感じながらやり過ごしたりするのではなく

工夫して対処していく方が建設的ですし今後の人生にも役立ちます。

頭の悪い人に対処できるようになればそれ以外の人への対応力や指導力も向上することも期待できます。

この記事を参考に頭の悪い人との仕事での接し方を見直し仕事がやりやすくなれば幸いです。