職場で必要とされていない時と感じる理由!仕事で必要とされていないと不安を感じる原因・自分はいらないから辞めたいと思ったときの対処法をご紹介します。




最初はなんとなく感じる程度だったのに、

だんだん「あれ?自分はこの職場で必要とされていないかも…」と

不安になったことはありませんか?

特に同僚と比較して

「あの人ばかり褒められて、私は何も評価されない」とか

「私だけ重要な仕事を任されていない」など

いろいろ考えこんでいないでしょうか。

人間は「認めてもらいたい」という強い気持ちを持っています。

それが満たされないと「この職場にしても意味がない」と思ってしまうのです。

今回の記事は自分が職場で必要とされていないと感じる原因や

辞めたいと思った時に試してほしい対処法をまとめてみました。





職場で自分はいらない、いる意味がないといつもかんじてしまう・・


「自分はこの職場にいらないのではないだろうか」と

気になり始めたらもう止まりません

なんとなく自分だけ疎外感があるのです。

他の人をみると自分より生き生きと仕事をしていたり

忙しそうにしていたりします。

そんな周りの人を見ると

「自分のやっている仕事はそれほど重要ではないのかな」

そう、疑問に感じてしまいます。

・私のやっていることなんて、誰にでもできる簡単な仕事

・期限なんてないような仕事だし

 しばらくのんびりしていても問題がない

・いざとなったら誰かが私より早いスピードで仕上げてしまう

そんな気持ちで毎日を過ごしていると

「自分がこの職場にいる意味なんてない」と

感じてしまっても不思議ではありません。

次から次へとネガティブなほうへ

マイナスのほうへ思考が向いてしまうのです。

これではしんどく感じて当然です。





仕事で必要とされていないと感じる原因


自分が仕事で必要とされていないと感じる原因は以下の3つです。

1. 自分だけが暇

これが一番ツラいですね。

周りがみんな忙しく働いているのに自分は雑用ばかり与えられます。

手が空いて「手伝いましょうか」と申し出てみても

「いや、この話はあなたじゃわからないから」と言われてしまいます。

手伝いなんか申し出なければよかった…と後悔してしまうでしょう。

2. 周囲との会話が少ない

上司や同僚から話しかけられないと

「自分はいてもいなくてもいいのでは?」と思ってしまいます。

さらに自分が知らない話でみんなが盛り上がっていて

自分だけがついていけないとダメージが大きくなります。

3. 評価されない

誰からも評価されないと「自分はこの職場にいらないのではないか」と

感じて当然です。

「ありがとう」「助かるよ」の言葉すらないと

何の役にも立っていないと感じてしまいます。





職場で誰からも必要とされていないと不安になるのはうつ病?


「必要とされているかどうか」だけに目を向けていると

うつ病になる可能性はあります。

実際に必要とされているかどうかなんて自分ではわからないものです。

あなたが「私なんて必要とされていない」と思っていても

周りの評価は違っていることがあります。

「必要とされていない」と思い込んでしまっていると

うつ病になってしまうでしょう。

はっきり言って不要な人間を長く雇っていられるほど

余裕のある会社はほとんどありません。

たとえ重要度が高くなくても誰もが「面倒だな」と思っている

仕事をあなたがやっているのかもしれません。

当然、周りはあなたに感謝しています。

仕事がきちんと与えられ毎日それなりに過ごせているのならば

それは「必要とされている」ということです。

思い詰めないよう、目の前の仕事をきちんとやることに

集中したほうがいいかもしれません。





仕事で必要とされていないから辞めたいと思った時の対処法


どうしても「必要とされていないから辞めたい」と

思ったとき、どうすればいいでしょうか。

1. 仕事を頑張る

辞める前に一度ものすごく仕事を頑張ってみるのも面白いですね。

それで評価されなければ、すっぱりと仕事を辞められると思います。

原因としては、あなたと会社の相性が悪いことが考えられます。

2. 開き直って淡々と仕事をする

「自分はここにいるだけでいい」と

考え方を変えてみるのはいかがでしょうか。

必要とされる、ということは上司や顧客の要望に応え続けることです。

そんな大変なことは誰かに任せて

マイペースで生きていくのもいいと思います。

3. 転職の準備をする

自分がいてもいなくてもいい環境で働くなんてバカバカしい

と思うのでしたら転職の準備をしてみましょう。

興味のある仕事について調べる、役に立ちそうな資格を取るなど

未来に気持ちを向けると必要とされているかどうかなんて気にならなくなります。





どうしても職場で必要とされていないと感じるなら転職をするのもあり


仕事は社会の役に立ったり会社の利益に貢献したりすることも大事ですが

働く人の満足感も同じくらい重要です。

どう考えてみても「自分はこの職場で必要とされていない」と

感じてしまうのでしたら、転職を考えてみましょう。

このときポイントとなるのが、次に働く会社でも

「必要とされていない」とならないために何をすればいいか、ということです。

あなたは何を社会や会社に提供できるでしょうか。

その提供できることは、新しい職場で求められていることでしょうか。

今まで「必要とされていない」と感じていたのは

あなたのスキルや能力と、会社が求めることとのミスマッチが原因かもしれません。

転職の前に自分のスキルを棚卸しして

新しい職場でそれが活かせるかどうかを見直してみることをおすすめします。

もし足りない部分があるようでしたら

今の会社にいる間にスキルや資格を取得してしまいましょう。





まとめ


自分が職場に必要とされていないと思うと

働くモチベーションは下がってしまいます。

ただ本当に必要とされているかなんて自分では正確に判断できないものです。

自分で思っているより、周りから必要とされていることもあるのです。

しかしそう考えてみても

「自分は必要とされていない」「この職場にいる意味がない」という思いが

ぬぐえないのでしたら、転職を考えてみましょう。

新しい職場に必要とされるようなスキルや資格を

今の会社にいる間に取得するのがおすすめです。

今度は「必要とされている」という実感を持って働きたいですね。