職場でいじめられるタイプの人はどんな人? 職場でいじめられるタイプといじめられないタイプの人の特徴、 職場でいじめられない方法といじめに打ち勝つ方法のまとめ!




職場でいじめを受けて辛い経験をされていませんか??

大人になっても集団で行動する職場などでは、残念な事にいじめは怒ってしまいます。

そして不思議な事にいじめられるタイプの人ってはどこの職場に行っても

また同じようにいじめの被害に遭ってしまうことが多いんですよね。


では職場のいじめにあってしまうタイプの人はどんな特徴があるのでしょうか?

今回は職場でいじめられる人といじめられない人の特徴と

職場でいじめられない方法についてお話いたしますね。


職場でいじめのターゲットになりやすい人の特徴


職場でいじめられるタイプの特徴として

仕事を覚えるのが遅く、自分の考えや意見をあまり言わない消極的な人が挙げられます。

自分では一生懸命やっていても

仕事が遅い、自分の意見を言わないから何を考えてるかわからない。

こういう理由などで周りのストレスからいじめに繋がってしまう傾向にあります。

そして、サボり癖があり遅刻や欠勤が多くいつまでたってもミスが減らない、

このように仕事に対しての取り組み方が良くなかったら上司や先輩などから

冷たくされるようになり、いじめにつながる場合があります。

また失敗を人のせいにしたり言い訳が多かったり

人によって態度を極端に変えてしまう人も周りから疎まれて

イジメの標的になってしまいます。

イジメられやすい人に共通するのは「誤解されやすい人」です。

実際はそういう人ではないけど周りに悪い風に思われてしまうと

どうしてもイジメに繋がってしまうのです。

職場でいじめられない人の特徴


次に職場でいじめられない人の特徴をお話しますね。

まず職場でいじめられない人は「空気が読める人」です。

色々な人が働いている職場で自分の視点でしか周りの物事を見れない

よくある、職場の決まったルールではないですが

暗黙の了解やここはこうしなければいけないという「空気」を感じ取れないと

視野が狭いと空気が読めない奴と評価されてしまいます。

その空気をうまく読めて行動できる人は

協調性があるとされてイジメの対象にならないんですね。


次に職場で仲間が多い人はいじめを受けたら

味方になってしまう人も多いためにいじめのターゲットになりにくいです。

そして仕事ができたり、職場で特別な資格を持っていたりすると

周りから一目置かれた存在になるとイジメの標的になりません。

最後に自分の意見をもっている人もいじめを受けにくいですね。

職場で相手から意見を聞かれた時

「どちらでもいいです」「あなたにおまかせします」

というスタンスでは仕事の姿勢ややる気を疑われてしまいます。

そんな時に間違っててもいいので自分の意見をきちんと言える人は

仕事にちゃんと向き合っていると周りから評価されいじめの対象にならないです。

職場でいじめられる女性


職場で女性同士のいじめが多いという話はよく聞きますが

職場でいじめられやすい女性の特徴として一番は「自信がない人」が挙げられます。

寂しがり屋で弱気でおどおどしているタイプの女性は

周りから強く言われれば受け入れれてしまうというタイプの女性は

職場でどうしても軽んじられてしまいます。

次にいつも周りのご機嫌を取り、過剰に気を使ってしまう八方美人の女性も

周りから嫌われていじめのターゲットになってしまうんですね。

また恋愛や家庭などの私生活が充実している女性も理不尽な事に

疎まれたり嫉妬されたりしていじめの標的になってしまうことがあります。

職場のいじめの多い「職場ランキング」


いじめの多い職場ランキングを見てみると

看護師l医療事務、介護士、保育士が上位に挙げられているんですね。


もちろんこれは確かなものではなくあくまで統計ですが

これらの職種は女性が多く患者さんと直接接しなけばいけないので

ミスができずに神経も使うのでストレスもたまります。

そういう部分からいじめがおこるのかもしれませんね。


またノルマが厳しい、営業職や不動産販売。訪問販売

など体育会系のノリが強い業界ではパワハラ、モラハラが

日常茶飯事に行われているという話もよく聞きます。

職場でいじめられない方法・いじめに打ち勝つ方法


いじめを受け続けながら我慢をして仕事を続けていると

心身にどんどん悪影響を及ぼしてしまいますしひどくなると

鬱病などになり取り返しのつかないことになってしまいます。

だからいじめを受けたら反応せずに毅然とした態度をとるようにしましょう。

パワハラもいじめもやる方は相手の反応を見て楽しんでいます。

そんな相手の「思うつぼ」にならないように

なにをされても動じずに堂々とした態度でいましょう。

そしていじめをしそうな人と距離をとるのがいいですね。

急に態度を変えるのではなく少しずつ離れていく感じがベスト。

そういう関係の改善が難しいのなら、部署移動を出してみるのもいいですね。

また、誰かに相談するというのも一つの方法です。

相談の内容を外に口外しない、客観的で冷静な判断ができる信頼できる

上司や先輩をえらんで相談すれば一人で悩むよりも気持ちがずいぶんと楽になります。


また職場にハラスメントの相談窓口がある場合はそっちも利用できないか?

検討してみるのもいいですね。そこで相談をしてみると

いじめを行っている人間に指導をしてくれたり職場の部署移動等を

働きかけてくれたり解決の糸口に繋がりますよ。

まとめ


あなたが今務めている職場でどうしてもいじめが改善されなかったり

もう心身ともに限界で「この職場にいるのが嫌で仕方がない」という場合は

転職を考えてみるのも一つの手です。とは言ってもいきなり転職は不安もありますよね。

だからもし転職を考えているときはいきなりではなく

まずは少しずつ、ネットや情報誌や紹介所などで

求人をチェックしてみることから始めてみればいいと思いますよ。


職場のいじめで毎日悩んでいると

「なんで自分はこんな思いまでして仕事に行かなければならないのか?」

そう思ってしまうでしょう。ですがどうか負けないで下さいね。

人間関係もあなたを取り巻く環境も変化しますし

いじめなんかに悩まずに働ける場所も叶ず存在します。

あなたが職場でいじめなんかを恐れずに仕事にいけるように応援しています^^