社会不適合者の末路はどうなる?社会不適合者の苦しみや仕事が続かない原因・ 社会不適合者がどうやって生きるか?おすすめの仕事などご紹介します。




社会で求められる行動が出来なかったり他人とうまくコミュニケーションを

とることができなかったりする人は「社会不適合者」と言われます。

社会不適合者といわれる人は他人と

よい人間関係を築くことが難しく仕事も長続きしにくい傾向があります。

この記事では、は生きづらい状態にある社会不適合者に

おすすめの仕事や今後の人生について紹介しています。

社会不適合者といわれる存在であっても、少しでも生きやすくなるよう参考にしてくださいね。





社会不適合者はいらないといわれて苦しい…


「社会不適合者」とは、社会で要求されている行動ができない人や協調性がない人を指します。

社会ではいろいろな立場や考えの人がいるため

円滑に活動するにはルールを守ることや意思疎通を図ることが求められます。

具体的には時間や期日を守ることや

自分の思いを相手に伝え相手の思いを把握することです。

社会不適合者はこれらのルールを守ることや

他人と意思疎通をキチンと図ることが苦手なため

社会の円滑な運営に支障をきたしてしまいがちです。

そのため、他人から迷惑な存在と思われ、排除されやすくなります。

社会不適合者といわれる人もわざと迷惑をかけているわけではないので

自分が求められる行動ができないことやそれにより

他人に嫌われることで苦しい思いをすることになります。





社会不適合者が仕事が続かない原因


社会不適合者は仕事が続かないといわれる原因として、

一つ目に社会人として守るべきルールを守ることが

できない人が多いことを挙げることができます。

ここでの「ルール」とは、時間を守ることやその場に

ふさわしい服装をすることなど基本的なことですが

他人から信頼されるために大切なものです。

社会不適合者はこれらのルールを守ることができないため

他人に迷惑をかけてしまい、信頼されないことが多いです。

そのため、仕事もうまくできず、辞めざるを得なくなります。

二つ目の原因は他人とコミュニケーションをとることが苦手であることです。

他人と協力して行動するためには意思疎通を図ることが大切です。

しかし、社会不適合者はうまく意思疎通を図ることができないので

他人と協力して作業を行うことができないことが多いです。

そのため、孤立してしまい、仕事を続けることができなくなります。





社会不適合者が生きづらいというのは甘え?


社会不適合者は生きづらいとよく言われますが

それは甘えではないかと思う人もいると思います。

社会不適合者であることを言い訳に、努力せずに、ルールを守らなかったり

他人とコミュニケーションをとることを避けてきたりした結果

生きづらくなってのであれば甘えといえるかもしれません。

しかし、世の中にはスケジュール管理が苦手な人や時間を忘れて没頭してしまい

時間を守ることが難しい人他人と会話すると緊張してパニックになってしまう人がいます。

これらの人も努力すれば改善することは期待できますが

人よりもかなり努力を重ねて仕事をしなければならないです。

頑張りすぎて鬱になってしまう可能性もあるので

社会不適合者は甘えと考えて、無理を重ねることはお勧めしません。





社会不適合者の生き方・おすすめの仕事


社会不適合者の生き方や仕事としておすすめすることは

協調性があまり要求されない仕事や一人でできる仕事を選ぶことです。

具体的な仕事としてはまず、ITエンジニアやプログラマーを挙げることができます。

一人でコツコツと作業をすることが多く、他人と会話をする必要があまりありません。

服装も自由であることが多く、納期は守る必要がありますが

他の仕事よりも守るべき決まりも少なめです。

同じような理由でイラストレーターやライターもおすすめです。

これらの仕事は才能があれば、個人事業主として仕事が出来るので協調性は不要です。

その他には、警備員もおすすめです。

一人で夜勤をするような現場では協調性もコミュニケーション能力も要求されません。

社会不適合者は夜型の人間が多いので、

夜勤も苦にならない人が多くその点でもおすすめです。





社会不適合者の末路は決して悲惨じゃない!


自分が社会不適合者だからといって悲観する必要はありません。

他の人よりも生きづらい状態になりがちですが

仕事や生き方を工夫すれば問題なく生活できます。

また社会不適合者といわれる人は、一人でコツコツ作業をすることが得意であることや

得意分野には高い集中力を見せることなど他の人よりも優れた特性を持っています。 

さらに協調性がなかったり、社会の一般的な価値観が合わなかったりすることは

他の人とは違ったものの見方ができるということです。

そのことは、新しい物を生み出すことにつながります。

過去においても革命児といわれる人は社会不適合者であったことも少なくありません。

自分の人生は悲惨だと落ち込むのではなく

自分の特性を活かすことができるよう前向きに生きていくことが大切です。





まとめ


社会不適合者といわれる人は、ルールや時間を守ることができなかったり

コミュニケーション能力が不足していたりするため

人間関係や仕事がうまくいかないことが多いです。

しかし協調性や人とのコミュニケーションがあまり要求されない仕事など

自分に合った仕事を選ぶことで、仕事も続けることができます。

また、社会不適合者だからこその長所もあるので、悲観しすぎず

自分の能力を活かす方法を探していくことをお勧めします。