女性が多い職場は疲れる!職場でおばさんが多いと疲れたり女性だけの職場はストレスを感じる。女性が多い職場で気を付ける事や疲れる原因・対処法などをご紹介します。




あなたの職場は女性が多い職場ですか?

もしもあなたが男性で、女性が多い職場だとしたら

男性ばかりの職場で働いている友人などから

「女ばっかりでいいよな」と羨ましがられることもあるでしょう。

しかし女性含有率の高い職場で働くのはそんなに楽しいものではないのが現実です。

特に今まで男性が多い職場にしか在籍していなかった人にとっては

「異次元に飛ばされたんじゃないか」と驚くことも多いと思います。

また「個人としての女性」と「集団の中の女性」は

同一人物ではないことにも衝撃を受けるでしょう。

そこで今回は女性が多い職場でありがちな大変さやストレス

その対処法についてまとめてみましたので是非読んで参考にしてみてくださいね。

女だけの職場、女性が多い職場はストレスを感じる。


女性が多い職場で働いたときの2大ストレスは以下のとおりです。

・男性は見られることが多い

観察日記でもつけているのかと思うくらい

女性は男性の細かいところまで見ています。

髪型の乱れ、服装のだらしなさ、ひげの伸び方など

女性たちは一瞬でこちらをスキャンしてくるのです。

そして「この人はダメ」と判断すると

女性たちは残念な生き物を見るかのような視線を送ってくるのです。

毎日気が抜けませんね^^;

・派閥がある

これほど怖いことはありません。お局クラス2人が対立しているのです。

裏では陰湿な足の引っ張り合いがあり、

知らないところで勝手に「あなたは〇〇派」になっていたりします。

仕事もやりにくくなり、生きた心地もしません。

おばさんが多い職場はめんどくさくて疲れる


女性の多い職場で一番やっかいなのが

「おばさん」であることは、多くの人が体感済みでしょう。

ひとりだけでも面倒なのにこれが複数いるとなるとかなり心が削られます。

おばさんはキャリアがあろうがなかろうが、非常にプライドの高い人が多いです。

仕事ができなくて単に年を食っているだけの人でも

なぜか「私は偉いのよ」という雰囲気を演出してくることがあります。

だからと言って仕事ができるお局的おばさんにだけいい対応をするのはNGです。

「あの人はお局様に媚びを売っている」と言われるだけならまだいいのです。

「えこひいきするからで信頼できない人」という話にまで

発展させる妄想力たくましいおばさんもいるのです。

仕事はできなくても男性社員にチヤホヤされたいのがおばさん心理。

面倒くさい以外の何物でもありませんね。

女性が多い職場で働くと彼女ができるの?


できる可能性は高いと思います。

しかし女性ばかりの職場で女性の実態を見続けたあなたに

彼女を作る気は起きるのでしょうか?

関わりが浅かったときには「ちょっといいな」と思っていた女性がいても

長く見ていると「こんな一面もあったのか…」と

幻滅するような出来事に遭遇することがあります。

その場にいない人の悪口や上司への愚痴で

盛り上がっている姿を見たときにはきっと恋心もなくなるでしょう。

もし奇跡的に素晴らしい女性と出会い

付き合うことになったときには細心の注意が必要です。

決して他の女性たちに交際を気づかれてはいけません。

彼女がいじめなどを受ける可能性があるからです。

数少ない男性社員から選ばれなかった

という女性の悔しさや妬みはかなり深いものがあります。

彼女を寿退社させるくらいの気持ちでお付き合いしましょう。

女性が多い職場でストレスを感じる原因


一言でいえば「取り扱いが難しい」からです。

・特別扱いされたい

・でも他の女性が特別扱いされるのは許せない

このように思っている女性たちをうまく渡っていかないといけません。

「数少ない男性社員に認められたい」と思っている女性は案外多く

お互いをけん制し合っているのです。

そんな中で働くのは大変なストレスだと言えます。

積極的に話しかけてくるタイプだとコミュニケーションも取りやすく

あなたもその女性とはよく話すことになるでしょう。

しかし中には冷静を装いながら実は

「私のことも気にしてよ!」と思っている難しい女性もいます。

一部の女性にだけ親しく接したり

優しくしたりすると他の女性から思わぬ反発を招くことがあります。

女性は周りと比べて自分が上か下か常に気にしています。

特別扱いされたい気持ちはどの女性にもあることを理解しておきましょう。

女性が多い職場で男性が気を付ける事・対処法


女性が多い職場で男性が取るべき行動は

「女性全員に平等な態度で接すること」につきます。

誰に対しても態度に差がないというのは

男性が思っている以上に女性からの評価は高いです。

特別扱いされたい感情と反するように思えますが

女性からすると「誰とも差がない」と安心できるものなのです。

学生時代でも勉強ができる・できないに関わらず

「ひとりの人間」として扱ってくれる先生は人気がありましたよね。

そのようなイメージで女性たちに接すると多くの面倒は避けられるでしょう。

彼女たちに舐められてはいけません。

女性に「自分より下だ」と思われたが最後

いいように振り回されて精神的に参ってしまいます。

物腰は柔らかく、しかし毅然とした態度で接し

自身を余計なトラブルやストレスから守っていきましょう。

まとめ


あまりにも男性と違い過ぎる女性の生態に最初は戸惑ってしまうと思います。

個人として見たら素敵な女性だけど集団になると

まったく違う一面を見せられると何を信じていいのかわからなくなりますね。

これが「女性の多い職場は面倒くさい」と思われる大きな要因でしょう。

本当に面倒なのは一握りの女性だけで、あとは引っ張られているだけです。

他の女性たちから仲間外れにされると困るから、合わせている女性も多いのです。

気苦労も多いでしょうが、広い心で女性たちと接してあげてくださいね。