夜勤に向いてる人の特徴と性格まとめ!夜勤を続けたら性格や寿命が変わる?夜勤のメリットや夜勤に向いている人、続けられる人の特徴や性格をご紹介します。




夜勤の仕事は昼間の仕事よりも給料が高い事が多いですが、

その分身体や精神への負担が大きくなる点について

気になっているという方も多いと思います。

お金を稼ぐことができても、健康を害してしまうと辛いですし

今後の人生を狂わせしまうことになりかねません。

そこで今回の記事では、夜勤に向いている人の特徴や

夜勤が心身に与える影響、夜勤のおすすめの仕事について紹介しています。

夜勤の仕事に興味がある方や

夜勤の仕事で悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。





夜勤をするなら向き不向きは大切!


夜勤のある仕事には向き不向きがあるので

自分は夜勤に向いているか?よく考えた上で夜勤を選ぶことが大切です。


夜勤に向いていない人が夜勤の仕事を始めると、

不眠症やうつ病になったりストレスにより

生活習慣病などの病気になったりします。


さらに、自分の身体に合わない時間帯に働くので

十分な能力を出せませんし注意力が散漫になり

事故の原因となることもあります。


人生をいろいろな面で豊かにするために仕事をするのに

病気になったりけがをしてしまったりすると元も子もありません。


夜勤はやめておけばよかったと後悔しても

手遅れということになることもあります。

給料などの目先の利益にとらわれず

夜勤のある仕事は自分に向いているかどうかで判断することをお勧めします。





夜勤に向いている人の特徴や性格


夜勤に向いている人の特徴として、

一つ目に夜に活発になりやすい「夜型」と

いわれる人間であることを挙げることができます。


夜型の人は夜に活動的になるので

夜勤の仕事もはかどりやすいといえます。

二つ目の特徴は、寝つきが良いことです。

夜勤をすると明るい時間帯に寝ることになるため

夜に寝るよりも寝つきにくくなります。


寝つきの良い人は普通の人よりも明るい時間でも寝付きやすいので

夜勤をしても不眠になりにくいといえます。

夜勤に向いている人の性格は一人の時間が好きであることが多いです。


夜勤の仕事をすると多くの人の生活時間と

ずれてしまうため人付き合いが難しくなります。


一人で時間を過ごすことが耐えられない人が

夜勤をすると孤独感が強く我慢できなくなる恐れがあります。





夜勤をすると寿命が縮まるし性格が悪くなるってホント?


夜勤をすると寿命が縮まったり、

性格が悪くなったりするという噂を聞きますが、本当でしょうか。


はっきりと本当だとはいえませんが

人によってこのような状態になる可能性はあります。

特に夜勤に向いていない人が夜勤をすると

生活リズムが崩れ生活習慣病になりやすいです。

さらに心身に強いストレスがかかるため

脳卒中や心筋梗塞などの脳血管障害や心疾患になる恐れもあります。

これらの病気は命に係わることが多く寿命を縮めることになりえます。

また、夜勤をするとうつ病などの精神疾患にかかるリスクも多くなります。

夜勤のストレスに加え、日中に光を浴びることが減るため

人間の感情に関わるセロトニンという脳内物質が

分泌されにくくなることが原因だと考えられています。

うつ病などにかかると気分が落ち込んだ状態が続き

ネガティブな考え方をしてしまうため

性格が悪くなったと感じられる恐れがあります。





夜勤のメリット・夜勤でおすすめの仕事は?


夜勤の仕事のメリットとして、まず、日中働く仕事よりも

給料が良いことが多いことを挙げることができます。


また、日中働く仕事よりも関わる相手の数が少なくなるため

人付き合いが苦手な人にとって精神的な負担が少なく済むというメリットもあります。


さらに、夜型の生活が合う体質の人にとっては

自分が活動的な時間に効率的に働くことができるということもメリットです。

夜勤の仕事でおすすめの一つ目は工場勤務です。


夜勤の仕事内容は日勤と同じでも給料が高く効率的に稼ぐことができます。

二つ目のお勧めは、警備員です。

夜間の施設警備だとその施設を利用する人も日中よりも少なく

あまり人に会わずに働くことができます。

特に技術や難しい資格が必要なわけではないので、多くの人が始めやすい仕事です。





もし夜勤が嫌になったら転職を考えよう!


現在、夜勤のある仕事が嫌で辞めたいと思っている人は

転職を検討することをお勧めします。

夜勤には向き不向きがあるので、

生活リズムが崩れることなどで辛いと感じているのであれば

夜勤は合っていないということです。

このまま夜勤の仕事を続けると強いストレスがかかりますし

生活リズムの乱れによる体への負担も重なっていき健康に良くありません。

給料が高いからと我慢を重ねても病気になって

働くことができなくなれば長期的に見れば金銭的にも損です。

昼間の仕事でも自分に合った仕事を探し

活躍できれば給料も上がりますし人と会いにくい仕事もあります。

夜勤が嫌だと思ったら求人情報を調べたり

転職サービスを利用して相談したりして、自分に合った仕事を探すことをお勧めします。





まとめ


夜勤の仕事は、給料が良いことが多く

夜型の生活習慣の人など向いている人にとっては

働きやすいというメリットもあります。

しかし向いていない人にとっては、

生活習慣病やうつ病などの原因となるほど強いストレスや悪影響を及ぼすものです。

自分が夜勤に向いているかをしっかり考えてから夜勤の仕事を選ぶべきです。

また現在夜勤をしていて辞めたいほど辛いのであれば、

健康と今後の人生を考え転職することをお勧めします。