いらない社員に会社を辞めさせる手口!いらない社員や使えないパートを自主退職、辞めさせる方法・会社を辞めて欲しいサイン等を解説します。




ミズキ

会社でやる気がなく使えない社員やパートのせいで

毎日ストレスを感じる。そんな人はもう会社を自主退職でもしてほしいのに・・・
・><


ケイタ
ただ、そういう人に限ってなかなか退職しないので

どのように退職させるか悩みますよね^^;


あなたのお悩みを解決します

・仕事のできないやる気のない社員やパートのせいで毎日ストレスを感じている

・いらない社員を自主退職に追い込み、会社を辞めさせる手口を知りたい

・どうしても問題が解決しない時の対処法



このような悩みを持つあなたに解決策をご紹介します!


今回の記事はあなたの職場に居る

迷惑な仕事が出来ない、「いらない社員やパート」を

退職に追い込む方法がわかります。

またどうしても解決できない時の対処法などもご紹介しますね。


ケイタ
私自身、以前勤めていた会社で仕事が出来ない

モンスター社員と呼ばれる人がいて同じ職場の誰からも嫌われていました。


やる気がなく会社でもダラダラ仕事をしていて残業もせずにすぐ帰ってしまう。

職場内での人間関係・輪を乱して会社の中でも問題視されていましたし

会社にいるときは皆その人に悩まされていていたんですね。


そんな人が職場に居たら仕事のモチベーションも上がりませんし

本当に関わりたくないですよね。


もしそんな使えない社員のせいであなたのストレスやイライラが

いつまで続くのなら、最終的には転職を考えた方が良いでしょう。


ミズキ

今回の記事ではこのような

やっかいな社員の対処法をご紹介しますので

是非最後まで読んで参考にしてくださいね^^







いらない社員に会社を辞めてほしい!仕事ができない使えない社員をクビにしたい!



ケイタ
仕事が出来ない使えない社員をクビにしたい、

会社を辞めてほしいなと思いますよね。

一般的に「クビにする」という言葉には

「解雇」と「退職勧奨」の二つが含まれています。

解雇は会社から一方的に雇用契約を解除するということですが

退職勧奨は会社から労働者に退職を勧め、労働者が退職に同意することを指します。


だからクビにしたい場合は、まずは後者の「退職勧奨」の方がおすすめです。


解雇には正当な理由が必要で後に

不当解雇としてトラブルになる可能性があります。

退職勧奨は会社から勧められたとはいえ

労働者本人の意思による退職になるので

解雇よりもトラブルになる恐れは少ないといえます。

会社として退職を勧めることやその理由を伝え、

本人が退職に同意したら、その旨を書面にて提出してもらうようにしましょう。

但し退職勧奨を受け入れるよう何度も説得することや

怒鳴ったりするなど同意を強制するような行為は厳禁です。

ミズキ

労働者の退職の意思は本物ではないとして

退職が無効とされるおそれがありますので注意を!





仕事ができない「いらない社員、使えないパート」を自主退職に追い込む方法

ケイタ
仕事ができない社員を自主退職に追い込みたい場合は、

会社から目標を設定し課題に取り組ませ報告させることをお勧めします。


会社に居づらくなったり、課題をクリアできず

適性がないことを本人が自覚したりして自主退職になることが期待できます。

それでも自主退職しないときは退職勧奨を行い

それもダメであれば解雇というように進めていくしかありません。

逆に指導をすることで改善されるときは

必要な人材となるのでそのまま在籍してもらえばいいだけです。

但し目標や課題はその労働者に求められるレベルより

高すぎるものにしてしまうとパワハラやいじめと認められ

問題になるので注意が必要です。


また、会社からの指導や労働者からの報告は書面に残るようにしましょう。


書面にした方が労働者にとってインパクトがありますし、

本人が自主退職しない場合でも解雇や退職勧奨を行う際に

正当性の証明や説得の材料にすることができるためです。





いらないパートにやめてもらいたい!パートを辞めさせる方法



パートは有期契約である会社も多いですがその場合は

契約を更新しないことで契約期間満了により退職とすることができます。

しかし何度も契約更新をして実際には無期雇用のような

働き方になっていたり契約を更新することをほのめかしていたりする場合は

契約期間が満了しても退職させることが難しいです。


また3回以上更新していたり1年以上働いていたりする場合は

30日前までに更新をしない旨の予告をしなければなりません。


無期雇用のパートさんや有期雇用であっても期間満了で

退職させることが難しいパートさんの場合は先ほど紹介した

社員を自主退職に追い込む方法と同じ手段がおすすめです。

ミズキ

シフトを減らす方法はパワハラと捉えられ

新たなトラブルとなる恐れがありますので安易に行わないようにしましょう。





やっかいなモンスター社員・モンスターパートと呼ばれる問題従業員を辞めさせる方法

ケイタ
会社の指示に従わなかったり自分の要求を押し通そうとし

周りに迷惑をかけたりするモンスター社員や

モンスターパートを辞めさせるためには

他の社員の場合よりも注意が必要です。


「モンスター社員」と称されるだけあり

不当解雇や勧奨退職の強制などと主張し弁護士や行政など

第三者も絡んだ大きな問題となる可能性が少なくないからです。


基本的な方法は、書面による指導、

退職勧奨、解雇であることは普通の社員と変わりません。


しかし、「会社が威圧的だった」「退職を強制された」と言われないよう

冷静に対応すること、記録はきちんと取っておくことに特に注意しましょう。

できれば、弁護士や社会保険労務士などの専門家に相談することをお勧めします。

ミズキ

指導や退職勧奨を行うときも同席してもらえば、

モンスター社員本人側についても暴言を吐いたり

理不尽な要求をしたりしにくくなる効果も期待できますよ。





仕事が出来ない社員・会社を辞めさせたい社員の特徴



ケイタ
仕事が出来ない社員、会社を辞めてほしいと思う社員の特徴をご紹介しますね!

・やる気のない社員


仕事に対してやる気のない社員がいるだけで職場の指揮が下がり

全体に悪い影響を与えてしまいます。

こういう社員は辞めてほしいと皆がおもってしまいます。


・努力をしようとしない社員


仕事に対して努力を全くしない人がいるとイライラしませんか?

何か難しい仕事があっても「出来ない、どうせむだ!」と協調性もない。

こういう社員がいればストレスもたまりますし皆から疎まれてしまいます。


・仕事をせずにサボり癖がある


仕事のすぽーどはすごくゆっくりなのに休憩が長い。

クレームなど嫌な仕事は人任せでとにかく楽をしたがる。

そんな社員は都合のいい正論を振りかざして自分を守ろうとするのでとても厄介な存在です。


・人間関係で度々問題を起こす


いわゆるモンスター社員と呼ばれる社員はまさにこのタイプです。

ちょっと上から注意されただけで頭に血が上り衝突したり被害者意識がとても高い。

こういう社員は部署移動などをさせてもまた同じことを繰り返すので

周りはとても迷惑!職場で一緒に働きたくない人間のまさに典型といえるでしょう。





仕事が出来ない使えない社員をやめさせようとする会社のサイン・辞めさせたい人に対する態度の変化



ケイタ
ここで仕事が出来ない使えない部下をやめさせようとする会社のサイン

辞めさせたい人に対するよくある態度の変化ご紹介しますね。


まず一つ目に直接ではなく急にやり取りを書面や

メールで行うことが増えるようになったこと。

これはうまく退職に追い込む目的でやり取りを証拠に残りやすい形にするためです。


そして二つ目は、仕事についての指示や指導が急に減ることです。

今まで仕事についてうるさいくらいあれこれ指示していた上司などが

何も言わなくなったらそれはもう退職させようと思っているので

指導する気が起こっていない状態になっているからです。


そして三つ目として新しい仕事を振ってもらえなかったり

今まで与えられていた業務が極端に減ったりすることもサインです。

もう辞めさせようとする部下には仕事を任せられないし

中途半端な状態で退職をされたらあとの引継ぎも面倒ですからね。


このように使えない社員を退職させるときこのように態度を変化させるのです。





いらない社員を辞めさせることを考えるくらいなら「転職」も視野に入れましょう



ここまで辞めさせたい社員をクビにする方法を解説してきましたが


どうしても我慢ができず一緒にいるだけでストレスがたまる。

辞めさせたい社員を相手に戦うのが疲れた。


というのであればあなた自身が転職サービスを利用して

今より環境の良い職場に転職するという方法もあります。


ミズキ

いらない社員を辞めさせることなんて本来はやりたくもないですよね。


ケイタ
それにもし今あなたが役職のある立場にいるのなら

会社から認められて仕事が出来る人なので

転職をするのもそれほど難しくはないですよ。


今の仕事を続けながらも転職活動はできますので

同時進行で進めてみてはいかがでしょうか?

転職活動で気を付けなければいけないのは

もし転職に失敗してしまうと人間関係がギスギスして労働環境や待遇も悪い

ブラック会社に入社してしまうリスクがあります。


そんなリスクを避けるためにも「転職エージェント」を利用した転職活動をするのが一番です。

私自身今まで何度か転職をしていますが

転職エージェントを利用して行った転職先は待遇が良く納得できるものばかりでした。

リクルートエージェントに実際に登録、利用してわかった特徴や評判や口コミや転職がうまくいく上手な使い方を徹底解説します!

2021年12月20日

あなたにとって今よりもやり甲斐がある、待遇の良い仕事が沢山あるのに

それに気づかないで転職のチャンスを逃しているのはもったいないですし

すぐに転職をしなくてもまずは登録だけしておいて

自分に合った良い条件の求人があれば転職を考えてみるのでもいいと思いますよ!


まとめ



今回は仕事に対しての意欲・能力や態度に問題がある社員や

パートを辞めさせる方法について紹介してきました。

仕事が出来ない使えない、いらない人というのは

一緒に仕事をする人も悪い影響を与えてしまうようになります。

そういう人はできるだけ早く退職や自主退社をさせるのが一番でしょう。

本来であれば会社が責任をもってそれをしなければいけないのですが

会社がなかなか動いてくれないのであれば自らが動くしかありませんよね。

仕事が出来ない、使えない人によって毎日悩まされていて

その状況がどうしても変わらないなら

あなたの能力を必要としてくれる会社は沢山ありますので

転職をしてもっと良い環境に移るのが一番だと私は思います。

ケイタ
悩まずに働きやすい環境であなたの力を発揮できるようになりますよ^^