仕事をズル休みしてしまい罪悪感!仕事をズル休みしてしまい罪悪感を感じる原因と罪悪感を消す対処法をご紹介します。




何となく仕事に行きたくなかったり

嫌なことを避けるために嘘をついて休んでしまったりする

「ズル休み」をしてしまう人もいると思います。

仮病などを使ってズル休みをすると

自己責任とはいえ罪悪感を感じてしまい辛いですよね。

この記事では、ズル休みをしてしまう人の特徴や

罪悪感を感じる原因と対処法について紹介しています。

ズル休みをしてしまい罪悪感で気持ちが落ち着かず

そわそわしているという方は是非参考にしてくださいね。



仕事をズル休みしてしまい罪悪感が消えない


仕事をズル休みしてしまうと、仕事から解放されてほっとすると

共に罪悪感が生じて悩まされる人も多いのではないでしょうか。

しかも、その罪悪感はなかなか消えず、仕事を休んだのに

一日中沈んだ気持ちで終わってしまうことも少なくありません。

ズル休みでもせっかく仕事を休んだからには心と体をしっかり休めたいですよね。

しかし、罪悪感が消えないと心が解放されず、休んだ気になりません。

逆に、さらにストレスを溜めてしまい、精神的な疲労が増すことにも繋がります。

ズル休みのために嘘をつくときに罪悪感を感じないようにすることは難しいですが

休むことが決まったら、気持ちを切り替えたいものです。

ズル休みを有効に活用し翌日から再び仕事で頑張るためにも

できるだけ罪悪感を減らすことが大切です。



仕事をズル休みしてしまう人の特徴


仕事でズル休みをする人の特徴として、一つ目に

人間関係がうまくいっていないことを挙げることができます。

嫌いな人がいると仕事を休みたくなりますし

人間関係が原因で有給休暇を取りたいとは言えないため

ズル休みをすることになってしまいます。

二つ目の特徴は、仕事にやりがいを感じられていないことです。

仕事にやりがいを感じることができれば

急に休みたくなる程仕事が苦痛になることは少ないものです。

逆に、仕事にやりがいを感じることができないと

仕事に楽しみや喜びを見出すことができないため

苦痛を感じるばかりになり我慢も限界になりやすくなります。

三つ目の特徴は、ストレスがたまっていることです。

ストレスが多い状況が続くと限界が来てしまい急に仕事に行きたくなくなります。

ストレス耐性には個人差がありますしストレスを発散させる手段がない人は

ストレスが多く見えなくても、ストレス過多になってしまいます。


仕事をズル休みしてしまい罪悪感を感じる原因


仕事をずる休みしたことで罪悪感を感じる原因の一つ目は

職場の他の人に迷惑をかけてしまったと思うことです。

急に休むと誰かが代わりに仕事をしたり

フォローしたりしなければならないことが多く他の人に負担がかかります。

そのことについて申し訳なく思うため罪悪感を感じてしまいます。

二つ目の原因は自分に負けたと感じて自分をダメだと否定してしまうことです。

ズル休みは自分の意思が弱いからだと思い

そんな自分について負の意識を抱いてしまうからです。

三つ目の原因はズル休みをすると一人でただ考えるだけになってしまい

マイナス思考に陥りがちになることです。

一人で考え事をすると悪い方向に考えが行ってしまいがちになります。

そのため罪悪感が消えず、それどころか増してしまいます。



仕事をズル休みしてしまい罪悪感を消す対処法


仕事をズル休みしたことで生じた罪悪感を消す方法として

一つ目に、リフレッシュするために必要な休みだと

気持ちを切り替えることを挙げることができます。

「ズルをした」という罪の意識を捨てるよう意識しましょう。

二つ目の方法は、時間を有効に使うことです。

しっかり睡眠をとりたいのであればしっかり眠ったり

リフレッシュしたいのであれば気分転換になるようなことをしたりしましょう。

ただ、だらだらと過ごすと一人でいろいろ考えてしまいマイナス思考に陥ってしまいます。

三つ目の方法はバレないように気を付けながら、外に出てみることです。

家にずっといても気持ちが晴れないことが多いものです。

会社の近くには行かないなど気を付けながら外出してみることをお勧めします。



仕事がどうしても疲れたとき、たまにはズル休みをしても大丈夫です!


仕事で疲れて耐えられないときは

たまにはズル休みをしても問題ありません。

ズル休みを何度も繰り返すと会社や上司に怪しまれる恐れがありますが

目に余るような頻度でなければ問題にならないことが多いです。

上司などが怪しいと思ったとしても回数が少なければ見過ごしてもらえるものです。

もちろん急に仮病などで休むよりもリフレッシュが必要だと思ったら

事前に申請して有給休暇を取る方が問題なく

すっきり休むことができるのは確かです。

しかし、なかなか有給休暇を取得できない職場だったり

急に休む必要が出たりした場合はズル休みすることも仕方がないといえます。

罪悪感を感じすぎず、せっかくの休みを活用ししっかり休むことが大切です。



まとめ

 

仕事をズル休みしたことによる罪悪感は職場の他の人に迷惑をかけたこと以外に

自己否定感や一人でいろいろ考えてしまうことにより生じてしまいます。

しっかり休んで気力や体力を回復し迷惑をかけた分を

挽回すればいいと気持ちを切り替えることや考えすぎないようやりたいことをしたり

外出したりすることで罪悪感を減らすことができます。

してしまったズル休みは仕方がありません。

罪悪感に押しつぶされないよう対処し

また仕事で頑張ることができるよう心と体を整えましょう。