仕事よりプライベートを優先するのは悪いこと?新入社員が女性がプライベートを優先する理由や仕事とプライベートを両立する方法などをご紹介します。




働き方改革、ワークライフバランス、ジョブ型雇用などという

新しい働き方を聞く機会が多くなりました。

働き方が変わってきていて、今までは仕事優先の価値観だったのが

違う価値観も認められてきているのです。

それでもあなたは仕事一筋の道に進みますか?

今回の記事は、プライベートを充実させていきたいと思っているけれど、

プライベートを優先させることに対して罪悪感を感じているあなたに

プライベートを充実させる方法をお伝えしてしていきます。





仕事よりプライベートを優先するのは悪いこと?


あなたにとって仕事とはどんな意味がありますか?

仕事だけに人生をささげている人はごく少数です。

現状として仕事を優先せざるを得ないという人のほうが多いでしょう。

確かに年長者など、あなたの周りで仕事を優先させるべきと言っている人がいるかもしれません。

しかしだからといって仕事より

プライベートを優先することに対して罪悪感を持たなくてもいいのです。

ライフワークバランスという考え方をご存じですか?

仕事とプライベートどちらかを優先するのではなくどちらも充実させて

仕事とプライベートの相乗効果を狙ったものです。プライベートも大切にしてみませんか?

あなたは自分が大事だと思うものを優先することは当たり前のことです。





仕事よりもプライベートを優先する新入社員が増えている理由


昭和時代は仕事をするというのが最優先の価値観でした。

しかし今その価値観は崩れています。

実際プライベートを優先したいと考える新入社員は

データからみてもあきらかに増えています。


「今年の新入社員、仕事よりも「プライベート優先」が8割 「安定志向」も強い傾向」


最近では、仕事を最優先して、家族崩壊であるとか、

ブラック企業で過労死など仕事中心の生活のデメリットなどよく知られるようになりました。

また価値観の多様化が認められるようになり

仕事よりもプライベートを優先する生き方を否定する意見も徐々に減ってきています。

働き方改革などが推進されるように国としても

今までの働き方を変えようとする動きがあります。

そして企業の働かせ方も徐々に変わりつつあります。





女性が仕事よりもプライベートを優先する理由


特に女性は将来のことを考えると

プライベートを優先できる職場を希望するかと思います。

なぜならば、出産、子育てというイベントがあるからです。

仕事においての自分の代わりはいても家庭においての

自分の代わりはいないので、仕事より優先させたいのは当然ですよね。

残業が多かったり休日出勤があったりこのような

仕事がきついところでは子育てしながらでは続きません。

また子供が急に熱を出すなどして休みをとりたいときに休めない職場ですと

子育てしながら働くのは大変です。

できれば、子育てや出産しても、無理なく働けるところが理想ですよね。

もちろん、子育て以外のことで仕事より優先させたいものがあってもいいのです。





プライベートと仕事を両立する方法


プライベートと仕事を両立するには、個人の努力だけではかなえられないです。

もちろん、仕事を一人で抱え込んでしまうといった、個人の原因もあるかもしれません。

どんなに割り切って仕事を終わらせようとしてもどんなに仕事を効率的に変えても

大量な業務量や、休日出勤、超過労働をさせられているのであれば帰れませんよね。

プラベートの時間だからと言って、途中で勝手に帰宅しようだなんてできません。

また自分の仕事が終わっていても、周りの人が帰らないから、帰れない…。というのもあります。

もちろん、自分ができる限りのことをするのは大切ですが

両立させるには、会社や職場の環境にかかっているといっても過言ではありません。





自分のプライベートを優先でできる仕事ってどんな仕事?


労働とは違ってきますが、お金を稼ぐ方法もあります。

自分で資産を持っているのなら、運用する方法

例えば個人投資家・トレーダー・不動産投資家・賃貸物件オーナーとして収入を得る方法です。

仕事時間とプライベートの境界線があいまいになりますが、

自分で勤務時間を決められて、自分の時間を確保できる方法もあります。

例えばITエンジニア・ライター・アフィリエーター・デザイナー・ アーティスト

などフリーランスとして働くことができれば、時間は自由です。

または、農業・漁業・林業等(ただし、朝が早いとか、

時間の制約がある場合もあります)に従事する仕事もあります。

仕事の時間を区切って出来る仕事もおすすめです。

例えば清掃作業員・コールセンター・販売員等時短勤務(パート・アルバイターを含む)

・工場作業員・タクシードライバー・警備員…。

ただし、自分の都合の良い時間かどうかというのは、自分で調べないといけません。

工場勤務も、会社により残業があるところや夜間勤務があるところがありますし、

タクシー会社や警備員も夜間勤務がある等、会社により、勤務形態が違います。

例えば女性で、子育てしながら仕事をしたいと考えているのなら、

女性とって働きやすいからとアピールしている会社

力を入れている求人などを探してみたらいかがでしょうか?





まとめ


もちろん、仕事を優先するか、プライベートを優先するのかというのは、

個人の選択になります。あなたにとって人生で何が大切かを考えてみる必要があります。

もし、プライベートを優先させたいと思っていても、罪悪感を感じなくてもよいのです。

これからどのような条件だったら働きやすいか考えてみましょう。

就職する前であったら何が自分にとって譲れない条件なのか?

しっかり検討してしから挑んでくださいね。