仕事で怒られても気にしない方法まとめ!仕事で怒られたとき平気でケロッとしている人の心理と仕事で怒られた時の切り替え方をご紹介します。




仕事で怒られると嫌な気持ちを引きずってしまったり

落ち込んでしまったりするという人も多いのではないでしょうか。

自分でも自分を責めてしまいさらに辛い気持ちになってしまう人もいると思います。

しかしその反面、怒られても平気でいる人もいてうらやましいですよね。

この記事では、仕事で怒られても平気にしている人の心理や

怒られて落ち込んだ時の対処法について紹介しています。

仕事で怒られて、気持ちの切り替えができずに悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。



仕事で怒られてもケロッとしている人がうらやましい・・


仕事に限らず、他人から怒られると嫌な気持ちになりますし

ストレスを感じてしまいますよね。

嫌な気持ちを解消できず一日中

又は翌日以降までも引きずってしまう人も少なくありません。

そういう人にとって、仕事で怒られてもケロッとして

平気な人はうらやましいものです。

もちろん、仕事で怒られたときは真摯に反省することが大切です。

しかし、必要以上に気にしたり

落ち込んだりすることは褒められたことではありません。

ストレス過多となり、心身の健康に悪影響を及ぼすおそれもありますし

集中力を欠いてしまいミスを引き起こす可能性もあります。

仕事で怒られても平気な人から叱られても気持ちを切り替え

平常心を保つコツを学びたいものですね。



なぜ怒られる?仕事でよく怒られる人の特徴


仕事でよく怒られる人の特徴として一つ目に

何度も同じミスや失敗をしてしまうことを挙げることができます。

一度や二度の間違いであれば軽い注意で済みますが

繰り返すと上司も腹が立つので、怒られてしまうことが増えます。

二つ目の特徴は、報告、連絡、相談ができていないことです。

組織で仕事をするには情報や方針

考えなどを共有しておく必要があります。

報告、連絡、相談ができていないと上司の考えと異なることをしてしまったり

判断を誤らせたりしてしまうので怒られてしまいます。

三つ目の特徴はすぐに自分の非を認めないことです。

失敗やミスをしても、自分から謝ればあまり怒られないことが多いです。

逆に、注意されても言い訳をして、自分の非を認めない場合は

上司もイライラしますし反省させるためにも怒ります。



怒られても平気な人は病気?仕事で怒られても平気でケロッとしている人の心理


怒られても平気な人は、怒られたことが理解できない

精神的な病気や障害であることもありますが

怒られたときの心理が普通の人と異なっていることが多いです。

その心理の一つ目は自分は悪くないと思っていることです。

ただ上司が八つ当たりで怒っているから聞き流せばいいと思っていたりします。

二つ目の心理は、怒られ慣れていて、怒られても何も感じないことです。

人は物事に慣れれば慣れるほど、感情が動きにくくなるものです。

怒られることも同じで怒られてもいつものことだと思い

特別な感情がわきにくくなります。

三つ目の心理は、怒られても自分を否定されたと感じていないことです。

自分を否定されると嫌な気持ちになり落ち込んでしまうことも多くなります。

怒られても平気な人は、怒られても

自分自身を否定されたわけではないと思っているのであまり落ち込まなくても済みます。



仕事で怒られたときの切り替え方


仕事で怒られたときの気持ちの切り替え方として

一つ目に自分の責任を大きく考えすぎないことを挙げることができます。

失敗について反省はすべきですが、予測不可能なことや

自分の責任ではないことまで自分の責任だと考え自分を責めることはやめましょう。

二つ目の方法は、何について怒られたのかはっきりさせることです。

仕事や行動について怒られたのであって

あなた自身の存在や人格まで怒られたわけではありません。

仕事や行動を改善させればよいのであって自己否定する必要はないのです。

三つ目は、気分転換をすることです。

ゲームや読書、映画鑑賞など落ち込む気持ちを

忘れることができるような行動をしてみましょう。

落ち込む気持ちから一度離れることが気持ちを切り替えるためには有効です。



仕事で怒られたとき自分が悪いと責めないでください


仕事で怒られたときは、自分が悪いと自分を責めることはやめましょう。

反省と自己否定は別のものです。

怒られたことについて、反省することは大切ですが

自分を責めても気持ちが落ち込むばかりで

仕事が出来るようになるわけではありません。

自分が悪いと責めすぎることで

ストレスが溜まり心身の病気になる可能性もあります。

ただの八つ当たりや嫌がらせのために怒った人のために

嫌な気持ちが続いて病気になるのも悔しいですし

あなたのためを思って怒ってくれた人も落ち込ませたいと思ったわけではありません。

怒られたことについては反省し、仕事や行動を改善させましょう。

そして、気持ちを切り替え、前向きに仕事に取り組むことで

気持ちも楽になり、成長につなげることができます。



まとめ

 

仕事で怒られても平気な人は、自分が悪いと思っていないことや

自分自身まで否定されたわけではないと思っていることなど

怒られたときの考え方に特徴があります。

その特徴を見習い、自分を責めすぎないことや怒られても

自分の人格まで否定されたわけではないと

冷静になって考えることが気持ちを切り替えるためには大切です。

趣味などで気分転換を図りながら怒られて沈んだ気持ちを切り替え

すっきりとした気持ちで仕事に取り組みましょう。