仕事ができない人は無視?? 仕事ができない人と関わりたくないと思う理由や 仕事ができない人にやさしくできない時の対処法を解説




職場に仕事ができない人がいて、関わりたくないと思っている方もいるかもしれません。

しかし、同じ職場に居る以上、関わらざるを得ないことが多いですし、

様々なタイプの人と良い関係を保つことも仕事の上では大切です。

仕事ができない人がいてもきちんと仕事で

成果を上げなければならないのでうまく付き合っていく必要があります。

この記事では、仕事ができない人と関わりたくないと思う理由や対処法、

うまい付き合い方などについて紹介しています。

仕事のできない人との関係に悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。



仕事ができない人は無視するのが一番?


仕事ができない人と関わりたくないと思っても、無視をすることはお勧めできません。

与えられた仕事をこなすことだけが仕事ではなく、職場の人間関係を良くし、

皆が働きやすい環境にすることも仕事の一つだと言えるからです。

仕事の成績が良くても、他人を無視するなど

職場の雰囲気を悪くする人は問題社員とされ、評価されない可能性があります。

また、無視することはいじめやパワハラだとされる恐れもあります。

パワハラは上司からされるものだけではなく

同僚や部下からの行為も該当することがあるので注意が必要です。

いじめやパワハラは懲戒処分の対象となる行為ですし

苦痛を受けたと慰謝料を請求される可能性も無くはありません。

仕事ができない人と関わりたくないからといって無視することは避けた方が賢明です。



当たり前の感情?仕事ができない人と関わりたくないと思う理由


仕事ができない人と関わりたくないと思うことはあり得ない感情ではなく、

そう思うには理由があります。

理由の一つ目は、仕事ができない人の失敗に巻き込まれてしまうことです。

仕事ができない人は失敗をしたり、期限通りに仕事ができなかったりして、

周りは後処理やフォローに追われることが少なくありません。

面倒なことに巻き込まれ、苦労させられます。

二つ目は、予定を狂わされることです。

頼んだ仕事が期限通りに仕上がらないことや

レベルの低いものになっていることも多く計画通りに行かないことも少なくありません。

計画を乱されると困るため、関わりたくないと思います。

三つ目は、何度も同じ説明をしなくてはならないことが多いことです。

仕事ができない人は、一度説明しても覚えていないことや

間違って理解していることが多いので、何度も説明させられます。

何度も同じことを説明させられるとイライラしますし、疲れてしまいます。



仕事ができない人をかばう上司の心理


仕事ができない人をかばう上司の心理として、

一つ目に、仕事ができない人をかわいそうだと思うことを挙げることができます。

優しい性格で、人に強い態度で接することが苦手な上司は、

仕事ができない人にも優しく接するため、かばっているように見えてしまいます。

二つ目の心理は、お気に入りだから大切にしたいと思っていることです。

容姿や性格などが上司のお気に入りの人について

仕事ができなくてもかばってしまう上司も少なくありません。

三つ目は、成長するまで見守ろうとしていることです。

仕事ができるようになるまでに人より時間がかかる人もいます。

仕事ができない人は周囲から厳しくされることが多いですが、

上司は心が折れないようかばって成長を待とうとしています。



仕事ができない人にやさしくできない時の対処法


仕事ができない人に優しくできない時の対処法として、

一つ目に、失敗することを前提に考えておくことを挙げることができます。

失敗や遅れが出ることを前提に計画を立てたり

失敗しやすいところであらかじめフォローしたりします。

計画が乱されることを防ぐことができますし、

失敗することを減らすことができるので振り回されることが減り、

イライラしなくなるため、優しくできるようになります。

二つ目の対処法は、会社や職場全体がよくなるように行動するという意識を持つことです。

仕事にできない人に優しくできないと、周りの雰囲気も悪くなります。

辛く当たっても改善されるわけではなく、逆にストレスなどからミスが多くなることもあります。

職場の雰囲気を良くし、仕事ができない人も

少しでも成果を上げるようになることが会社や職場全体のためになります。

そのために協力しようという意識を持つことで優しくする気持ちを持つことができるでしょう。



仕事ができない人はうまく利用して付き合っていこう


仕事ができない人も全く役に立たないわけではなく、うまく利用すれば役に立ちます。

うまい付き合い方として一つ目に

できる仕事や得意な仕事を任せることを挙げることができます。

簡単な仕事でもやってくれると助かりますし、成功体験を得て自信を持ち、

もっと難しい仕事もできるようになることが期待できます。

二つ目は、よい指導経験になると思って付き合うことです。

仕事ができない人に仕事を教えることができれば、

他の人にもよりわかりやすく仕事を教えることができるようになります。

また、仕事ができない人に指導して

成果を上げると指導力を評価してもらえることも期待できます。

仕事ができない人はうまく付き合うことで

仕事の成果や自分の仕事のスキル、周りからの評価も挙げることができると思えば、

少しは前向きな気持ちで接することができるようになるのではないでしょうか。



まとめ


仕事ができない人は周りに迷惑をかけてしまうことなどから、

付き合いたくないと思ってしまいますが、無視は厳禁です。

辛く当たると自分の評価が下がったり、仕事ができない人も

ストレスからさらに失敗しやすくなったりするなどいいことはありません。

仕事ができない人にもできる仕事はあるものですし、

誰かを指導するよい経験になると思い、うまく付き合っていくことが大切です。

職場にはいろいろな人がいますが、付き合っていくことも

仕事の一部と考え、接することをお勧めします。