一度行くと言った飲み会の断り方の例文!会社で一度行くといった飲み会を断っても大丈夫?職場で一度行くといった飲み会の断り方の例文をご紹介します。





コロナが世界中で蔓延してから飲み会に行く機会がすごく減りました。

お酒を飲むのが好きな人にはとても残念なことですが、

お酒がそんなに得意ではなく大勢いる場所が苦手だという人には

とても平穏な日々だったのではないでしょうか?

しかし、コロナが5塁相当に下がってしまった今、また飲み会が復活しそうです。

そこで今回は職場で一度行くといってしまった飲み会の断り方や

断り方の例文などをご紹介していきたいと思います。

「本当は会社の飲み会に行きたくない」と思っている人に是非読んでいただきたいです。



職場で一度行くといった飲み会を前日で断るのは大丈夫?


社会人になると頻繁に行われる飲み会ですが、

「実は飲み会に行くのが嫌だ」と思っている方は意外と多いのではないでしょうか?

職場の飲み会は自分の気の合う人だけでなく苦手な人とも同じ空間で過ごさなくてはならないです。

自分の気の合う仲間だけの飲み会ならいつでも行けるのに

職場の飲み会は行きたくない時、前日に断るのは有りなのでしょうか?

適切な断り方であれば一度行くと言った飲み会を断っても問題はありません。

しかし、適切な断り方をしないで、ドタキャンをしてしまうのはよくありません。

ドタキャンを何度も繰り返すとあなたの人格も疑われてしまいます。

2週間以上前から決まっていた飲み会の場合前日のキャンセルは

ドタキャンにみなされるのでもう少し早めのキャンセルを心掛けるようにしましょう。



職場で一度行くといった飲み会の断り方の例文


「一度は行くと言った飲み会でも、やっぱり行きたくなくなっちゃった・・」

「断りたいけど相手を不快にさせたくない」

こんな時適切な断り方の例文を知っていれば

嫌な職場の飲み会に参加することなく過ごせるので、

断り方の例文を覚えておくと役に立ちます。

ここでは、一度行くと言ってしまった飲み会の断り方をご紹介します。


①「出席すると伝えた飲み会なのですが、体がだるく風邪っぽいので

 やはり遠慮させていただきたいと思います。申し訳ありません」

急な欠席で相手に迷惑をかける可能性があるので

「本当に申し訳ない」ということをつたえましょう。

②「急で申し訳ないのですが、

 家庭の事情で本日の飲み会に参加できなくなってしまいました。

 また次の機会がありましたらよろしくお願いします」

家庭の事情で断る時は家族の入院など後々まで影響するような理由は避けておきましょう。

③「本当に申し訳ないのですが、急用ができたため本日の飲み会は欠席させていただいます。」

嘘をつくのが苦手な人は「急用」ができたとあえて詳しく語らないようにしておきましょう。



めんどくさい会社の飲み会の断り方のおすすめの例文


職場での飲み会を断るのはものすごく気を使います。

誰も嫌な気持ちにさせることなく断る方法はあるのでしょうか?

ここではめんどくさい職場の飲み会の断り方をご紹介していきたいと思います。

「職場で飲み会によく誘われるけど行きたくない」そんな時によく使える例文がこちらです。

「健康診断でお酒を控えるように言われているので、行けないです」

健康上の理由にしてしまえば誰にも嫌な思いをさせないで職場の飲み会を断ることができます。

お医者に止められているのにそれを無理強いする人はいないでしょう。

また、「家族からお酒を止められていて飲みにいけないんです」と言ってもいいでしょう。

第三者の名前を出すことで自分は行きたいけど

あの人がダメだと言っているので的な空気を出すことができれば嫌な断り方をしないで済みます。



一度行くといった職場の飲み会を断るときに注意すること


行くと言ってしまったのに飲み会を断るのであれば出来る限り

相手に不快な思いをさせない努力をしましょう。

ここでは行くと言ってしまった飲み会を断る時に注意することをご紹介していきたいと思います。

①すぐにバレる嘘をつく

飲み会を断るのに嘘をつくことがありますが、すぐにバレる嘘をつくのは辞めましょう。

例えば「体調が悪い」と言って不参加にしたのに帰宅するまで

元気でお昼ご飯も普通に食べていたらすぐに嘘だとバレます。

嘘をつく人間は信用を無くしてしまうのですぐにバレる嘘はやめましょう。

②嫌そうに断る

断る時に自分の気持ちが態度に出ないようにしましょう。

いくら行きたくない飲み会でも一度は「行く」と言ってしまったのです。

少なからず相手には迷惑をかけているのでこちらが嫌な態度を取るのはおかしな話です。

③理由を言わない

一度行くと言っているのにも関わらずキャンセルするのですから、せめて理由は伝えましょう。

嘘でもなんでもいいので何も理由を言わないのはやめましょう。

また、少なからず迷惑はかけるので謝罪の言葉も添えておきましょう。



職場の飲み会を断っても職場の人間関係を上手くやっていくための方法


飲み会の誘いを断っても良好な人間関係を築いていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは職場の飲み会を断っても職場の人間関係を

上手くやっていくための方法をご紹介したいと思います。

①理由を添えて、ハッキリ断る

ハッキリ断ることを苦手とする人もいますが、

あやふやな言葉を相手に送るより、断る時は

ハッキリ断ってくれた方が相手も不快に思わなくていいでしょう。

しかしただ「無理です」だけでは感じが悪く見えてしまうので

ちゃんとした理由もつけるようにしましょう。

②代替案を提示する

相手の誘いを断るということは相手の希望を拒むということです。

相手を傷つけないように気遣うのもちろんですが、

できる限り相手の希望に添えるように努力することも大切です。

「今回は無理ですが、今度○○さんと○○さんの三人で飲むのはどうでしょうか?」

などの代替案を出してみるといいですね。

③言葉使いに気を付ける

誘いを断る上で感謝や謝罪の言葉はとても重要です。

「残念ですが」「お誘いありがとうございます」など

あなたの印象が悪くならない言葉を使って断るようにしましょう。



まとめ


職場の飲み会は絶対に行かなければならないものではありません。

とくに今の若い人達なんかは「どうして時給も発生しないのに

職場の人と飲まないといけないのだろう?」と思っているのではないでしょうか?

仕事を終えた後まで職場の人といたくないと考える人は増えてきています。

職場の飲み会に行って余計なストレスを抱えるくらいなら

飲み会になんて参加しないで家でゆっくり過ごしたいと思うことは何も悪い事ではありません。

しかし、社会人を長く続けていると職場の飲み会が

実は重要な情報交換の場だということに気が付き積極的に飲み会に参加する人もいます。

世の中何でもそうですが、極端なことはしないで

バランスよく飲み会も参加すればいいのではないでしょうか?