職場のパワハラ上司に言い返す方法のまとめ!むかつくパワハラ上司の嫌味に言い返し、追い込んで仕返しをする方法やパワハラ上司の末路をご紹介します!

上司にパワハラされて毎日イライラしてストレスのたまる生活をしていませんか?


毎日職場で顔を合わせる上司が理不尽な事を言ってきたり

高圧的な態度をとってきたりされると本当にウンザリして

会社に行くのも嫌になり、仕事へのモチベーションも落ちてしまいますよね。

そこで今日はあなたの職場にいる厄介なパワハラ上司に

何か言われたときに言い返す方法をまとめてみました。

是非読んでみてくださいね。

パワハラ上司の嫌味に言い返してしまった


パワハラ上司の嫌味に対してカッとなって後先考えずに

言い返してしまえば後々面倒くさいですし

関係が余計悪化してしまう恐れもあるんですね。

なのでそういう方法はお勧めできません。

もしも嫌味を言われたり攻撃されて感情的になって

言い返してしまったらそのままにしておかないで


何故言い返してしまったのか説明しましょう。


自分はこういう理由で怒って言い返してしまった。

カッとなって言い返して怒りの感情を伝えたとしても

敵意や悪意があってそういうことを言ってしまったわけではない。

その想いを伝えることが大事です。

素直に説明すればもしかしたら今までの誤解や行き違いなども解けるかもしれませんが

基本的には相手の攻撃にカッとなって反撃するのはやめておきましょう。

職場のいじめに言い返す方法


パワハラや職場のいじめを受けて自分一人で悩んで

抱え込んでしまうと心の病気になってしまいます。

なのでいつまでも我慢していてはいけません。

解決する方法を考えて行動しましょう。

まず一人でできる解決法として

いじめを受けた証拠や事実などをしっかりと記録しておいて

いざという時に職場の人事の窓口や専門の機関に相談して

いじめを受けた証拠として提出できるようにしましょう。


また、もしも相談できそうな上司などがいる場合は

「いじめ」を受けていることを上司に訴えましょう。

この時も記録などがあればなにかしらの対応してくれるはずです。

会社だっていじめがあったという事実を公にされたくありませんからね。


そして最も効果がある方法、最終的にいじめがどうしても

改善しないときなどは「転職」を考えるのも手です。

イジメる人間といじめがなくならない環境にさっさとおさらばして

自分が前向きに仕事に打ち込める手段をとるのは逃げる事でも卑怯な事でもありません。

最終的にその職場を離れると決めたならきっとあなたの気持ちも楽になりますよ。

高圧的な人にうまく言い返す方法


職場でパワハラをしてくる上司など、高圧的な人間にうまく言い返す


上手に付き合う方法としてなるべく距離を取り

仕事の上で必要な事以外は関わらないことです。


パワハラをしてくるような人間は自分よりも立場が下の人間を選んで

攻撃してくるのでもし攻撃されたときも感情的にならずにスルーするのが一番ですよ。

でも、いつも何も言い返さないでいると

「こいつは何を言っても反撃してこないな」と思われて

パワハラがさらにエスカレートしてしまうかもしれません。

なので基本的に攻撃をかわしつつ、明らかに理不尽なときは

堂々と言い返しても良いでしょう。

パワハラをするような人って心の奥底で

劣等感や恐怖などをいつも感じている臆病な人間です。


その弱い心を隠して悟られないように高圧的な態度で周りに攻撃をしているのです。

そんな心理がわかれば相手に対する恐怖が和らぎ

少し冷静に対応できるようになりますよ。


攻撃の原因さえわかれば相手に対する恐怖が少し和らぎ

冷静に対処できるようになるでしょう。

相手に無理に理解してもらいたい、好かれようと思わなくていいです。

仕事だけのつきあいだ!と割り切る事で気持ちも楽になります。

パワハラ上司の仕返しと追い込む方法


パワハラ上司は残念な事に自分がパワハラをしていることを

自分で気づいていない可能性があるんですね。

それに上記でお話した通り臆病な人間ですので

パワハラを辞めてください!と言えばパワハラが収まることがあります。

でもどうしても「言い返すことができない」という方はさらに上の立場にいる

上司にパワハラをされていることを訴えましょう。

会社の上層部の人間はあなたがパワハラを受けていることを世間に知られたり

大事になれば面倒なので何かしらの田泓をしてくれるはずです。

今の時代ネットなどで会社の悪評などあっという間に広がりますからね^^;

パワハラの被害を受けてそれを記録して会社の上層部に提出すれば

「こいつは面倒な奴だ」とパワハラ上司も思わざるを得ないので

パワハラをしないようになることだってありますよ。

そしてパワハラ被害をうけて心がやんだ時は

心療内科などで受信をして診断書を書いてもらえば

とても有効な証拠になりそれを上層部に提出すれば

「パワハラ上司」に大きな仕返しができるでしょう。

なのでパワハラを受けたら「記録」をしておく、

という事を忘れないようにしてくださいね。

パワハラ上司の末路はどうなる?


パワハラ上司は常に心が満たされずに孤独を感じていて

仕事や職場の権力だけにしか価値を見出せない可哀そうな人間です。

そんなパワハラ上司が立場が弱い部下を

追い込んで潰した結果は悲惨な未来が待っています。

そんな人間は荒廃や部下に嫌われて

人が離れていくために管理職として長く続けられません。

実際に30歳を過ぎて管理職の立場であるのにパワハラ行為で

自分の後輩や部下をイジメるような上司は

社内でも大したポジションにいないのはよくある話で

会社の上層部の人間もパワハラ上司の評判や

普段やっていることに薄々きづいているものです。


そんなパワハラ上司は後輩、部下の意見を聞かないため自分の間違いを認めずに

反省する機会が得られずに人間として成長も出来ません。

それはすごく可哀そうな事ですよね^^:

結局今の会社のポジションにしがみつくことしかできない。

転職先も見つからずに、転職する勇気もありません。

次の職場では新人なのでやりたい放題できずに威張れないですからね。

今の世の中、パワハラ行為に対する風当たりも強いので

何かあったときリストラの対象にもなります。

いざとなったときにリストラされてその時ようやく

「自分の人生はなんだったんだろう??」と後悔することになるでしょう。

まとめ


パワハラ上司は本当に可愛そうで残念な人間です。

そんな人間に攻撃されてカッとなって言い返してしまったり

一人で抱え込んで悩む必要なんてありません。

上手くスルーしたり、どうしようもないときは周りに相談して

助けを求めたり、専門の機会に相談したり

そして最終的には「転職する」という選択肢を

持っていれば気持ちも全然楽になりますよ。

あなたは決して一人ではありませんし

「色々な選択肢が自分にはある!」という事を決して忘れないで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)