いずれ潰れる会社の特徴!衰退していく会社・潰れる会社の雰囲気や社長の特徴、いい加減な会社を辞めたいときの対処法をご紹介します。




ミズキ

新型コロナの影響もあり倒産する会社が今どんどん増えているけど

私が勤めているこの会社、大丈夫かな?

ケイタ
毎日悩みながらあなたは今の会社で働いていませんか?

私自身も以前働いている会社が

倒産して職を失った。という経験があります。


急に職を失った時はビックリしましたし、とてもショックを受けました。

急に無職になり、有休も一切使えませんでしたし

給料も満額支払われず泣き寝入りをしてしまったんです。

そんな経験できれば誰もしたくないですよね。


そこで今回はいずれ潰れる会社の特徴

衰退していく会社の雰囲気、社員、社長の特徴

今にもつぶれそうなくらいいい加減な会社を辞めたいときの対処法



などをご紹介しますね。最後まで読んで是非参考にしてくださいね!





いずれ潰れる会社の特徴・衰退していく会社の兆候



いずれ潰れる会社の特徴や衰退してダメになる会社の兆候は以下の通りです。


・有能な社員が相次いで辞めていく


これは必ず見られる前兆といってもいいと思います。

仕事が出来る人が辞めるというのは

この会社に将来性を感じられないからです。

そして仕事が出来る人がいなくなれば残るのは

当然できない人ばかりなので潰れるのが時間の問題でしょう。


・若い社員がすぐ辞めてしまい、50代の社員が中心である


若い社員が定着せずにすぐ辞めてしまい

50代が中心となっているような職場はこの先明るい未来が待っていません。


・社長のワンマン経営


社長一人のワンマン経営な会社は周りが

「イエスマン」じゃないとクビにされたりします。

なので社員は思考停止したり社長に覚えながら

ただ言われるまま働いている職場が多いです。

このような会社は当然時代の変化についていけず

どんどん衰退していずれは潰れるでしょう。


・新規事業、プロジェクトを立ち上げても長続きしなくいつの間にか消えている


会社を改革するための新しいプロジェクトなどが

立ち上げて1年もたたずにいつのまにか無くなっている。


こういう会社も衰退していきます。

プロジェクトが長続きしない会社はこれから業績を伸ばしていけません。



・今まで継続して取れていた仕事が他社に取られる


今までずっとウチがやっていたからと

タカをくくっていたのですから当然の結果といえます。

長いつきあいのある取引先をないがしろにして

背を向けられる会社が長く存続することはないでしょう。





潰れる会社の社長の特徴と共通点



ミズキ

潰れる会社の社長の特徴と共通点としては以下の通りです。


1・ワンマン経営


潰れる会社のの社長はとにかく「自分が一番正しい」と

思っていますのでワンマン経営をしています。

なので周りの社員の意見などは一切聞かずに

「文句があるなら辞めてしまえ!」とすこしでも

反抗的な態度をとる社員を切り捨ててしまうのです。


2・イエスマンだけを固める経営


ワンマン社長は自分の周りを自分の意見だけ聞く「イエスマン」で固めます。

自分の考えや方針に従わない社員は左遷したりひどい場合は

何かと理由をつけて解雇してしまい例え無能でも

自分の意見に文句を言わずに従う社員を評価して昇進させたりします。

その結果、優秀な社員はやる気をなくしてしまい、見切りをつけて辞めていき

残ったのはイエスマンか無気力で仕事が出来ない社員ばかりとなるのです。

そうなると会社は傾き、いずれ潰れてしまうようになるのです。


3・実際の仕事・現場を社員に任せきりで自分はなにもわからない


潰れる会社の社長は自分が今までやってきた実績に自信を持っていて

時代の流れや会社の変化についていけてません。

だから現場を見ようともせずに任せきりなので

仕事内容や社員が何を考えているのかもわからないので無責任な発言や指示をして

その結果一生懸命頑張っている社員を疲弊させてやる気やモチベーションを奪ってしまうのです。


5・仕事のミスを人のせいして仕事を押し付ける


潰れる会社の社長は何か問題があれば人のせいにして

自分は正しい、悪くないという態度をとります。

いうまでもなく指示をしているのは経営者である社長なのですから

全責任は社長にあるはずなのに、問題を改善しようと努めるのではなく

「お前のせいだ!」と部下を切り捨ててそれで責任逃れをします。

当然そんな経営者の下で働きたいと思う社員はいなくなりますよね。


6・経費、お金の使い方がおかしい。


会社にとって必要な事にお金を使わずに

訳の分からないものを買ったり、

不必要なものに大金をつぎ込んだりするのも潰れる会社の特徴です。

重要なことにお金を使わずケチり、

しょうもないところにお金を湯水のごとく使うのも、潰れる会社の特徴。

それはお金だけじゃなく時間とか他の事もそうです。


とにかく「そこに時間やお金をかけなくてもいいでしょ?」

という事ばかりしているので経営も傾いてしまうのです。





いずれ潰れる会社の雰囲気



ミズキ

いずれ衰退して潰れる会社は基本いい加減な会社や

いい加減な社員が圧倒的に多いです。

会社の方針や規則、また働いている人も

「いい加減でやる気がない」という雰囲気が充満しています。


例えば、パソコンで仕事をしていると思ったら

ネットサーフィンしていたり短時間で終わる仕事を

ダラダラやっていたりと、上司に見つからないように

遊んでいる人が多いのが特徴です。

もちろん最初からこうだったわけではないでしょう。


会社が社員の意見や提案をまったく聞かないなど

社員のやる気を削いだのが原因だと思われます。



上の人間が提案したことは

どんなに非効率で非生産的であっても通ってしまい

そのしわ寄せが下に降りかかってくるような会社では

「やる気のない社員」になっていくしかないのです。

上の人間が好き勝手している間に

従業員の質がどんどん低下してしまい

仕事が成り立たなくなっていくでしょう。





潰れる会社の社員の特徴と共通点



ケイタ
潰れる会社の社長の特徴についてお話しましたが

次は潰れる会社の社員の特徴をご紹介しますね。

先ほどご紹介した「潰れる会社の社長」の元で働いている社員たちですので

やる気はすでになく、モチベーションも低いです。


会社の仕事にやりがいを見いだせず、社長なんか全く尊敬していない。

早く辞めたくて仕方なく、こっそりと転職活動をしている。

このような社員がすごく多いです。


1・いつも疲れて覇気がない、精神がやんでいる状態


社長や会社の上司などから理不尽な扱いを受けて

もう限界だけど生活の為に辞めるに辞められない。

そうやって我慢を重ねて精神に異常をきたし

まともな思考や判断が出来なくなっている。

これがひどくなると鬱病などになってしまい、

仕事に行くことすら困難になります。


2・こんな会社どうなってもいいと思っている。


社長に気に入られている一部の「イエスマン」は別として

殆どが会社に見切りをつけてる社員ばかりですので


「こんな会社どうなってもいいし、むしろ潰れればいいのに」

「潰れたら会社都合で失業手当もすぐにもらえるし、転職の時でも同情してもらえるだろう」



このように思っています。なので仕事に対して適当で

何が起きても別にいいやというスタンスでいます。

会社の備品が壊れても気にしない

問題が起きても真剣に取り組むことができないでしょう。


3・何も考えずにただ「イエスマン」を演じている


こんな会社いずれは辞めるつもりだけど、まだすぐには辞められないから

それまでは波風立てずに「イエスマン」でいよう。

こういう風に考えている社員は会社を辞めるつもりでいるので

やはり仕事に対して情熱を持てずにモチベーションも全く上がらないのです。





会社が潰れるとき、会社の中ではどういうことが起こるの?



ケイタ
いよいよ会社が潰れる「その日」間近になると

どういったことが起こり始めるのでしょうか?


・普段見たことがない人が急に来るようになる


この「見たことがない人」というのは債権回収業者や

いつもの担当者ではない会計事務所の人などです。

これはもう着々と会社を潰す準備を進めている証拠です。


・役員会議が増える


従業員が帰ったあとに開かれる役員会議が多くなります。

たまたま夜に会社の前を通ったとき、いつもは真っ暗なのに

「なぜこんな時間に会議室の灯りがついているのだろう」と

不思議に思ったことはありませんか。


・社長の不在が増える


「いつもこの曜日のこの時間帯は社長がいるのに

 最近はいないこと多いな」と思ったら注意が必要です。

金策に走り回っている可能性があります。





いずれ潰れる会社、いい加減な会社を辞めたいときの対処法



ケイタ
もしあなたが現在勤めている会社が

いずれ潰れるようないい加減な会社を今すぐに辞めたいと感じたら

今すぐにでも転職活動を始めることをお勧めします!


会社が潰れた後ではハローワークで失業手当をもらうのに必要な離職票が発行されない

給料がもらえなくなるかもしれない上に会社が潰れた後色々と手伝わされるなど

色々と面倒な事に巻き込まれてしまいデメリットも多いです。


唯一のメリット、いい事を上げると失業手当が少し長くもらえることくらいですが

ご家族などを養わなければいけない方は失業手当だけではやっていけませんよね。

なのでもし今の会社に勤めていて「この会社はいずれ潰れる・・」と感じたら

転職活動を始めるのをお勧めします。

ミズキ

キャリアアドバイザーなどに相談しながら転職を勧めることができる

転職エージェントはすごくおすすめですので是非登録してみてください!



もしもの時に備えて、転職エージェントに登録しましょう!




転職エージェントは転職のプロのアドバイザーのサポートを受けて

仕事を探すことができるサービスです。

転職エージェントを利用することで様々なメリットがあります。


1・転職、仕事探しのプロからアドバイスを受けられる


転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談を行います。

キャリアアドバイザーは数多くの転職をサポートしてきたプロ中のプロで

あなたが転職を行う上で悩んでいる事、不安な事を相談に乗ってくれて

今後の方向性を導いてくれます。


今の会社が潰れるかもしれない、次の会社は潰れるかどうか心配


そういった不安も的確なアドバイスをしてもらえますよ。


ミズキ

たとえ、現時点で転職するつもりがなかったとしても

キャリアアドバイザーと相談した後で決めることもできますので

転職エージェントはすごく便利なサービスです^^



2・一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる


転職エージェントはあなたの希望する職種に合わせて最適な求人を紹介してくれます。


また転職エージェントは企業ともやり取りをしているので

「この会社は働きやすい」など具体的な部分まで知ることができます。

また、一般の転職サイトやハローワークなどの公共サービスには

掲載されていない非公開求人も紹介してくれますので

数多くの選択肢の中から適切なアドバイスを受けて

自分に合う求人を探すことができますよ!


理由3:選考のサポートも受けられるから、書類の書き方で困らない


ケイタ
転職エージェントは履歴書や職務経歴書などの書き方も

教えてくれる上に面接の対策などもサポートしてくれます。

企業に自分のPRを伝える履歴書や職務経歴書などは

自力で書くのはすごく大変です。

そんなときも転職エージェントのアドバイスを受けることで

あなたの経歴や今の状況などにピッタリの

「あなただけの選考書類」を作ることができます!


このように転職エージェントを利用することで

本当に有利に転職活動を勧めることができるんですね^^


ミズキ

もしあなたがどの転職エージェントに登録すればよいか分からないならば

一番お勧めできるのは、「リクルートエージェント」がおすすめです!


リクルートエージェントは求人数・内定獲得数No1を誇る

国内最大級の転職エージェントです。

大手サービスなので一般に公開している求人の多さはもちろん、

10万件以上の非公開求人も取り揃えていて

転職をサポートしてきた実績も豊富な

キャリアアドバイザーのサポートはとても頼りになりますよ!


ケイタ
もしあなたが「どの転職サービスを利用すればよいか悩む」という方は、

まず【リクルートエージェント】に登録しておきましょう!




リクルートエージェントの無料登録・公式サイトはこちらから ↓


まとめ



ケイタ
今回は潰れる会社の雰囲気や特徴をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

いずれ潰れる会社や衰退していく会社には共通する特徴や雰囲気があり

またそこに勤めている社員や経営者からも判断ができます。


ミズキ

もしあなたの会社が今回ご紹介した内容に当てはまるなら

残念ながらそう遠くない将来、潰れてしまう可能性があります。


「会社が危ない、もしかしたら潰れるかもしれない・・」

そんな噂が流れているけど、実際はまだ大丈夫だろう。

そう思っていると後の祭りです。

ある日突然会社は倒産してしまい、急に潰れてしまいショックを受けて

気持ちの整理がつかないまま、職を失った状態で転職活動を始めなければいけません。

溜まっていた有休も一切使えませんし

潰れる会社のほとんどは給料の支払い能力がなく

未払い賃金を請求しても最大8割の給料しかもらえません。


ケイタ
そうなってからでは遅いので、

もしあなたが潰れそうな会社にいるのなら働きながら

転職をサポートしてくれる、転職エージェントを有効活用して

今のうちから転職活動の準備をしておきましょうね!




リクルートエージェントの無料登録・公式サイトはこちらから ↓



リクルートエージェントに実際に登録、利用してわかった特徴や評判や口コミや転職がうまくいく上手な使い方を徹底解説します!

2021年12月20日