いきなり退職届を出すのは非常識?円満に辞める退職理由や退職を伝えるタイミング。退職届を出したら次の日からいかなくて大丈夫なのか?ご紹介します。




すぐにでも退職したくていきなり退職届を会社に

提出しようかと思っている方もいると思います。

しかし、上司などに相談せず

退職届をいきなり提出してもいいものか悩みますよね。

また退職届を出したらもう出社したくないものですが

それが許されるのかも問題です。

この記事では円満に退職するための方法や

注意点などについて解説しています。

すぐに辞めたいけれどできるだけ円満に

退職したいという方は是非参考にしてくださいね。





相談もなしにいきなり退職届を出すのは非常識?


上司に相談もせずいきなり退職届を出すことは非常識と捉えられます。

退職届をいきなり出すことは法的に問題ありませんし

会社に相談しなければならないという義務もありません。

しかし、退職するとなると業務を誰かに引き継いだり

新たに人員を配置したりとやるべきことはいろいろあります。

急に退職届を提出し引継ぎもせず退職するとなると

職場に迷惑が掛かるため、嫌がられます。

上司の心象も悪くなり

退職手続きがスムーズに進みにくくなる恐れもあります。

また、非常識な退職をしたという事実が今の職場以外にも広まり

今後の人生に不利になる可能性もなくはありません。

いきなり退職届を提出することは

パワハラやストレスなどで仕事に耐えられなくなった場合などの

最後の手段と考えておく方がよいでしょう。





退職願いと退職届の違い、退職願を出さずに退職届を出していいの?


退職願いと退職届の違いは、

退職に会社の同意がいるかどうかという点にあります。

退職願いは、会社に退職したいから同意してほしいというお願いをする文書で

退職届は退職するということを伝える文書です。

どちらも退職したい旨を伝えるものですが

退職届は会社の同意なしに社員側が

勝手に退職するということなので攻撃的な印象を与えます。

もちろん、事前の相談や退職願いの提出をせず

退職届を提出することは法的に問題ありませんが、

印象は悪くなり円満退職が難しくなる恐れがあります。

まずは、退職したいと上司に相談しそこで退職を拒否されたり

退職願いを提出しても受け入れてもらえなかったりした場合に

次の手段として退職届を提出したほうが良いでしょう。





退職届を出したら次の日から会社に行かなくて大丈夫?


退職届を提出し次の日から

会社に行かないということは可能ですが注意が必要です。

退職届を提出しても法律により2週間経過しなければ

退職できないため次の日から休みにする必要があります。

無断欠勤にならないよう次の日から

有給休暇とするか欠勤にするか決め会社に伝えるようにしましょう。

無断欠勤すると懲戒解雇となり

転職に不利になる恐れがあるので

無断欠勤は避けることが大切です。

次に最低限の引継ぎは行いましょう。

対面での引継ぎが難しければ

文章やメモで連絡事項を会社に伝えることも可能です。

何も引継ぎをせず、会社に損害を与えてしまった場合

損害賠償を請求される可能性もなくはないので

できるだけの引継ぎは行う方が安心です。

また、会社から支給された鍵などは必ず返却しましょう。

返却しなければ、会社から何度も連絡が来たり

場合によっては横領だと言われてしまう恐れがあるためです。





円満に辞める退職理由は?


円満に辞めるためにおすすめの退職理由として

一つ目に、体調不良を挙げることができます。

健康や命に係わることであれば、会社は拒否しにくくなるためです。

ただ、実際に体調が悪くない場合は

嘘と見抜かれてしまいますので本当に体調が悪い時に使いましょう。

二つ目は、育児や介護などの家庭の問題です。

家庭の問題には会社も口を出しにくいためです。

しかし、嘘はどこかでバレてしまう可能性がありますので

全く要介護状態にないのに親の介護のためなどと理由を作ることは辞めた方が良いでしょう。

三つ目は、新しい仕事に挑戦したいなど前向きな理由です。

特に今の会社では達成できないことを目標にしていれば

会社も退職をやめるよう言いにくいです。

逆に今の仕事への不満など会社や職場を否定するような理由だと

相手もいい気がせず、円満退職が難しくなる恐れがあります。





退職理由を伝えるタイミング


退職理由を伝えるタイミングとしておすすめは

最初に上司に退職の相談をする時です。

退職したいと思っていると伝える時に理由を伝えないことは不自然ですし

後から退職理由を説明すると、退職が認められるように

後から考えたのではないかと疑われる恐れがあります。

最初に説明した退職理由では上司が納得してくれなかったからと言って

退職理由を全く別のものにすることも避けた方がよいでしょう。

最初に退職をしたいと伝える段階で

きちんと退職理由を説明できるよう用意しておくことをお勧めします。

また、退職を伝えるときは、あらかじめ上司に相談したいことがあるといって

時間を取ってもらい、落ち着いた状況で伝えるようにしましょう。

いきなり退職の相談をすると上司も困りますし

周りに退職したいことが知られてしまい

職場を混乱させることにならないよう気を配ることが大切です。





まとめ

 

いきなり退職届を提出することは非常識と思われかねないため

体調不良や精神的な限界などやむを得ない場合に限った手段といえます。

まずは上司などに退職の相談を行った方が円満退職になりやすく

退職手続きもスムーズに進む可能性が高まります。

相談しても、退職させてもらえない場合に退職届を提出するようにしましょう。

円満退職には納得されやすい退職理由とタイミングが大切です。

退職理由をきちんと説明できるようあらかじめ考えておくことと

退職を伝えるために上司にアポイントメントをとっておくことをお勧めします。