退職撤回をしてしまって恥ずかしい!退職を撤回した時のデメリットや退職をやっぱり取り消して謝罪する方法をご紹介します。




退職したいと上司に伝えたり、退職願を提出したりしたのに、

気持ちや事情が変わって退職を撤回したくなることもあると思います。

退職撤回はできるのか、実際に退職撤回をするとどうなるのか心配ですよね。

この記事では、退職撤回の可否やデメリットや退職を取り消す際の

効果的な謝罪方法などについて紹介しています。

一度退職の申し出をしたものの、退職をやめたくて悩んでいる方や

その後の身の振り方などに悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。



退職を言ってしまったけどやっぱりやめたくない・・


とっさに退職したいと言ってしまったり、その時はもう耐えられないと思って

退職願を提出したりしてしまったけれど、やっぱり辞めたくないと思い直すことはあります。

転職しても今の会社以上の会社に入社できる保証はありませんし、

よく考えれば職場環境も悪くなかったりして

今の会社で頑張りたいと思うこともない事ではありません。

一度退職したいと言ってしまった後に撤回することは気が引けますが

仕事は今後の生活や人生にも大きく関わってくるため気まずいだけでは割り切れないことも事実です。

退職したいと言ってしまった後でも撤回できる可能性もあります。

一度退職の申し出をしてしまえば撤回できないとあきらめないことをお勧めします。



退職を口頭で伝えて撤回するのはよくある話?


退職したいと口頭で伝えたけれど、退職を撤回するということはよくある話です。

一時的なストレスなどで感情的になってしまい

とっさに退職したいと言ってしまったけれど

冷静になった後に後悔するということは十分あり得ます。

退職したいと口頭で伝えた後

まだ会社から承諾の回答が来る前であれば、撤回は認められます。

すでに退職を承諾されていたとしても、退職を撤回することについて

会社も同意してくれる場合は問題なく撤回できます。

未だ後任の採用や配置を行っていない段階であれば、

会社としても退職を撤回してくれた方が助かることもあるので

簡単に撤回できる可能性が高いです。

逆にすでに退職に向けての準備が進んでいれば

会社が快く撤回に同意してくれることは期待できません。

退職を撤回したいと思ったらできるだけ早く会社に伝えることをお勧めします。



信用を失い出世もできない?退職撤回のデメリット


退職を撤回して、会社に在籍し続けることのデメリットとして、

一つ目に周りから信頼を失い居づらくなってしまうことを挙げることができます。

一度言い出したことを撤回するとやはり信用されにくくなってしまいます。

周りの目も冷たくなり居場所がなくなったと感じることも少なくありません。

二つ目のデメリットは昇進や昇給にマイナスに働く可能性が高いことです。

一度退職しようとしたという時点で上司や会社からの信頼に傷がついています。

また、退職したいと言ったのに撤回したことにより、

周りの人に迷惑が掛かっているため、マイナス評価になるのも当然です。

三つ目のデメリットは二度目以降の退職撤回は認められにくい事です。

一度目は許しても二度目の退職撤回は許さない会社が多いです。

次に退職したいと言ったら撤回する隙を与えないよう

手早く退職手続きを進められる可能性があります。



退職の撤回が認められないこともある?


退職の撤回は認められないこともあります。

退職願を提出したり、退職したいと口頭で伝えたりした後に

会社から退職を承諾すると通知された後であれば基本的に撤回は認められません。

退職願や退職したいという意思表示が会社に行き、

会社がそれを認めるという意思表示をした時に退職は成立するからです。

また退職届を提出するなど一方的に退職するという意思表示をした場合は、撤回が認められません。

一方的な退職の意思表示は、それが会社に到達した時点で退職が成立してしまうからです。

ただ、これらの場合でも、会社が退職撤回に同意した場合は、退職の撤回は認められます。

すでに退職が成立しているから撤回は無理だとあきらめるのではなく

会社に謝罪し、相談してみることをお勧めします。



退職を撤回した時に謝罪する効果的な方法


退職を撤回したときは、法的に認められるかどうかに関わらずに謝罪するようにしましょう。

効果的な謝罪方法として、まず一つ目に言い訳をしないことを挙げることができます。

言い訳をしていると反省していないのではないかと思われてしまう恐れがあります。

自分の非をはっきり認め、真摯に謝罪しましょう。

二つ目は、上司などには直接謝罪をすることです。

ラインやメールでの謝罪は厳禁です。

口頭でうまく謝罪できないという不安がある人は

直接謝罪するとともに謝罪文を提出することをお勧めします。

口下手でも直接謝罪した方が誠意が伝わり許してもらえる可能性が高くなります。

三つ目は、今後は心を入れ替えて仕事を頑張ることを伝えることです。

そして、失った信頼を取り戻すことができるよう今まで以上に仕事に真剣に取り組みましょう。



まとめ

 

一度言った退職を撤回することは可能ですが場合によっては認められないこともあります。

撤回できたとしても、周りからの信頼を失った状態で働くことになるため

気まずさや居づらさを感じる可能性が少なくありません。

退職したいと会社や上司に伝えるときは慎重にすべきです。

それでも退職したいと言ってしまったけれど

退職を辞めたくなった時はきちんと謝罪し撤回したいと会社に伝えましょう。