製造業(ものづくり)に向いてない人の特徴まとめ。製造業に向いてない人の性格や特徴、工場勤務を辞めたいと思った原因と辞めたいときの対処法についてご紹介します。




ものつくりの国といわれる日本にとって、製造業はなくてはならない仕事です。

製造業は求人で見かけるけれど、はたしてどんな仕事なのでしょうか?

仕事がきつそう、コミュ障でも働けそうというイメージがありますよね。

今製造業で働いていても、もしかしたら、自分は向いていないかも…と悩んでいる人は多いはず。

そこで今回は製造業に向いていない性格や特徴、辞めたいときの対処法をご紹介しますね!





製造業に向いてない人の性格や特徴


製造業に向いていない人の性格や特徴で上げられるのは下記になります!

・作業中は私語厳禁なので、おしゃべりが好きな人

・一人の作業が多いので、チームワークが好きな人

・細かい作業や単純作業の繰り返しに耐えられない人

・マニュアルどおりにやれない人

・目に見える評価や、やりがいを求める人

・3K(きつい・汚い・危険)な職場といわれるので

 汚い職場に耐えられない人、危険な作業をができない人

・体力がない人

製造業は基本的に作業中はマニュアルにのっとり

ひとり黙々と仕事をこなさなくてはいけません。

変化を好む人や、常に新しいことを生み出したい人、

話し合いや協力し合いながら仕事をしたい人のニーズは満たしません。

また仕事の評価の判定が難しくお客様の顔も見えません。

やりがいが感じられないと思ってしまいます。

個人の活躍や成長が分かりにくいために

モチベーションがあがりづらいことを割り切らなくてはいけません。





製造業に求められる能力は?


製造業に求められる能力は以下のとおりです!

・集中力のある人

・細かい作業があるので、几帳面な人、手先が器用な人、神経が細やかな人

・同じ業務を淡々とこなす、根気がある人

・体力がある人

・シフト制が多いので、夜勤や不規則勤務に耐えられる人

ものづくりなので、誰でもできるわけではなく

高度な技術や集中力を求められます。

マニュアルがあるから、何も考えなくてよいことではなく臨機応変の対応も必要です。

人とコミュニケーションをとるのが嫌いな人の職業をいう思い込みがありますが

会社の中では対人コミュニケーションを求められることもあります。

シフト勤務である工場も多いので夜勤に耐えられることがとても重要。

危険を伴う、過酷な仕事環境を乗り越える体力も必要です。





製造業は性格が悪い人や変な人が多い??


製造業は性格が悪かったり変な人が多い?というイメージがあります。

たとえば

・ずる休みをする人がいる、休んだまま会社に来なくなってしまう人がいる

・借金が多い人がいる

・ギャンブルが好きな人が多い

・たばこを吸う人多い


このように未経験でもOKの求人も多く就職するハードルが低い傾向があり

また非正規雇用の方も多いのでいろいろな人がいるようです。

ものづくりの職場であることから、職人気質の方も。

もっとも気になった口コミでは、年功序列がまだ有利な職場が多いせいなのか?

パワハラをする人がいることでした。

もちろん全ての職場ではないでしょう、めぐり合ってしまったら大変です。

まじめに仕事をこなしている人もいて

変な人ばかりではないようですが

工場の中という狭い人間関係で、問題がある人がいると大変ですよね。





工場勤務を辞めたいと思ったときの原因と解決策


製造業の人へのアンケート記事があります。


20代、30代の「製造業」に従事するみなさん、100人に聞きました!「仕事の満足/不満足」「勤める前後のイメージ変化」リアル調査


仕事にやりがいを感じないこと、評価してもらえないこと

給与について不満を持つ方が多いようです。

毎日単純作業の繰り返しであることに苦痛を感じている人も。

正社員ではない人も多くもともとの給料が低い傾向があるうえ、

なかなか給料が上がず、評価もしてもらえないのが辞めたい原因となっています。

製造業は24時間稼働している工場もあり、夜勤を含んだシフト勤務が大変という意見も。

危険な薬物を使っている、作業中高温になる、

機械操作で危険が伴う職場に若いうちはともかく辛い…と思う人も多いようです。

成長したいと思っているのに、単純作業しかできないので

スキルを持てないことに焦りを感じる人も多いようです。

もし、今の職場が好きで、辞めたくない場合の解決策は

趣味など仕事以外の生活を充実させてみることです。

気分転換になります。他には、例えば資格をとって、スキルを向上させる、収入の問題をクリアするため、

無理のない範囲で副業をすることもおすすめです。

もちろん副業がOKな職場に限られます。

夜勤については体調管理のためできるだけ健康的な食生活を心がけてください。





どうしても工場勤務・製造業を辞めたいなら転職も視野に入れよう!


製造業は体が資本です。体調を崩してしまうと、仕事ができません。

あなたはこんなお悩みがありませんか?

・給料が安く、昇給の見込みも全くなく、将来が不安

・思ってた以上に単調な仕事なので、苦痛を感じる

・人とコミュニケーションをとりながらする仕事がしたい

・これ以上きつい現場で働けない

・社内のパワハラが嫌

もし、今の職場が苦痛であるのならば、転職も視野に入れましょう。

我慢し続けて、体調を崩してしまっては、元も子もありません。

製造業が好きなのであれば、給料が高い他の製造業企業に転職もできます。

他業種に転職するのであれば、年齢が若いほうが有利です。

転職の際は、自己分析と、転職先の企業研究をしっかり行いましょう。

製造業はデメリットばかりではありません。なぜ自分が製造業が向いていないと思ったのか?

自分はどういう仕事が向いているのか?自分のことをしっかり見つめ直して見てください。





まとめ


製造業は体力勝負です。体を壊しては仕事は続きません。

仕事で体を壊した場合は傷病手当などの制度がありますので、職場に相談しましょう。

製造業で働くことは、メリット、デメリットがあります。

世間のイメージに惑わされず、自分にとって、プラスなのか、マイナスなのか冷静に考えてみましょう。

自分にとって耐えられない場合は、別の仕事もあります。

自分の心身以上に大切なものはありませんので、無理しすぎないようにしてください。