職場で真面目な人ほど仕事を辞めるのはなぜ?大人しい静かな人が突然辞める原因・いい人ほど辞めていく会社の特徴優秀で仕事が出来る人から辞めていく理由をご紹介します。




根っからの真面目な人や優秀な人がいると、本当に仕事の進捗が早いですよね。

またおとなしく静かな人やいい人がいると、職場の雰囲気も良くなって働きやすいです。

でも急に「辞めます」と言っていなくなるのが、実はこのタイプの人たちなのです。

それまでその人たちから仕事や会社の愚痴を聞いたことはありません。

残されたほうは「せっかく今までいっしょに頑張ってきたのになぜ?」と残念な気持ちになります。

いったい彼らが辞めていく理由は何なのでしょうか?

今回は大人しい静かな人が突然辞める原因・いい人ほど辞めていく会社の特徴や

優秀で仕事が出来る人から辞めていく理由をご紹介しますね。





真面目な人が突然仕事を辞める人が多い会社は危険?


一概にそうとは言えないです。

社風というか、会社の雰囲気と自分の気質が合っていないと辞めることはあると思います。

ただ真面目な人ばかり辞めて真面目でない人ばかりが

会社に残っているのでしたら話は変わってきます。

真面目な人が犠牲になった可能性があるかもしれません。

今まで真面目な人が入ってくる度にキャパオーバーの仕事を押し付け、

真面目でない人が手柄だけ自分のものにしていたのではないでしょうか。

最初のうちは「これも仕事のうち」と耐えていた真面目な人も

いつか必ず自分がうまく使われていたことに気がつきます。

「仕事を減らしてほしい」と申し出ても

「テキトーにやっておいてくれればいいから」と取り合ってくれません。

しかし真面目な人の辞書に「テキトー」という言葉は存在しません。

だんだん嫌気がさしていき、最終的に辞めてしまいます。

真面目な人ばかり辞める会社は、その存続も含めて危険と言えます。





いい人ほど辞めていく職場の特徴


人間関係が歪んでいる職場では「いい人」が辞めていく傾向が強いです。

上司やお局様が自分の都合のいい人間だけ集めて

自らの承認欲求を満たそうとしている場合がそれにあたります。

自分に媚びたり話を合わせてくれたり、またやりたくないことを

肩代わりしてくれる人が、その上司たちにとっての「いい人」なのです。

公正で誰にでも分け隔てなく接する人は「わかっていない人」にされてしまいます。

そこから始まるのがいじめや嫌がらせです。

無理な仕事の押し付けや連絡事項を回さない

、困っていても誰も助けないように仕向けるなど。

権力を持っていると勘違いしている人間のやることはひどく残酷です。

そんな中でもいい人は限界まで頑張りますが、やはり心身を壊して辞めてしまうことが多いです。

職場を私的欲求を満たすことに使っているような上司がいると

「いい人」が辞める割合は高いといえます。





おとなしい静かな人ほど仕事を突然辞めていく原因


おとなしく静かな人には2種類いると思います。

・もともとの性質がおとなしく静かな人

・大人しく静かなように振舞っている人

前者は淡々と仕事をしている印象です。

しかし自分の中で「イヤだな」と思ったらアッサリと辞めていくという人です。

これはどうしようもありません。

後者は「職場で目を付けられないようにおとなしさを装っている人」です。

こういう人は実はかなり我慢して職場に合わせているタイプです。

静かに集中して仕事をしているように見えても、常に周囲の様子に気を配っています。

人の話している内容や上司の機嫌の良し悪しを察知して

自分に余計な火の粉が飛んでこないように予防線を張ります。

それが毎日続いたらどうでしょうか。

心がへとへとに疲れてしまい「もうどうでもいい」と辞めてしまいます。

周囲はその人が自分の内側で

そんなに頑張っていたことを知らないので「なぜ?」と思うのです。





なぜ優秀な仕事が出来る人ほど突然仕事を辞めるのか?


一言でいえば「周りのレベルが低すぎてやっていられない」ということだと思います。

優秀な人は常に向上心を持って仕事をしています。

前例ばかりを重視する上司やお給料さえもらえればいいと思っている同僚に対して

歯がゆさを通り越して怒りさえ感じています。

そんな中で仕事をしていると「もっと自分を活かせる職場があるのではないか」と思うのは当然です。

優秀な人は行動力があるので、すぐに新しい職場が見つかることが多いのです。

自分が自分らしくいられない職場にもう用はありません。

余計な情にとらわれず、すっぱりと辞めて次の職場に旅立っていきます。

同僚は薄々「この優秀な人は近いうちに辞めていくだろう」と感じているので、

さほどショックはありません。上司は大慌てですけどね^^;





真面目な人や優秀な人が突然辞めていく職場は転職を考えた方が良い?


自分の立場が安泰であるならば、特に辞める必要はないかもしれません。

では以下の場合に何も思わずにいられるか、自分に問うてみてください。


・とてもいい人で仲が良かった人が、理不尽ないじめで辞めていったとき

・優秀さを鼻にかけることもなく、親身になって仕事を手伝ってくれた人が辞めたとき


多くの人は「こんな職場で働いていていいのか」と感じると思うのです。

その後「自分にも生活があるから」とあなたは一旦この思考は無視してしまうでしょう。

しかし一度芽生えた疑問をまったく無視して生きていけるほど、人は強くできていません。

いずれ転職を考えると思います。

一番望ましいのは辞めた「いい人」や「優秀な人」とまた同じ職場で働くことではないでしょうか。

辞めた人と連絡を取って、その新しい職場で求人募集がないか聞いてみてもいいですね。





まとめ


たいてい辞めてほしくない人から辞めていくことが多いと思います。

優秀な人はさらなる高みを目指して辞めます。

真面目な人は正当な評価と適正な量の仕事を求めて

いい人やおとなしい人はいじめや精神的な圧迫のない環境を求めてそれぞれ辞めていきます。

そんな彼らを見て、あなたも今の会社にこのままいていいのか疑問に思うでしょう。

もちろん生活もありますので短絡的に辞めることはないと思いますが

やっぱりいい人といい環境で働きたいですよね!

この機会に転職について真剣に考えてみるチャンスかもしれません。