職場で孤立しても平気な人の特徴!職場で浮いても気にしない人の特徴、嫌われても平気な人の心理や職場で孤立しても気にしない、割り切る方法をご紹介します。





職場で、孤立していても平気な人はどこの会社にもいます。

特に上の立場になればなるほど孤立率は高まると思います。

会社に入りたての新入社員はまだ学生気分が抜けきれず

「ぼっちだと思われたくない」「友達少なそうと思われたくない」と

いう思いからとりあえず近くの人と群れようとします。

しかし勤続年数が長くなるほど孤立率は高まるのです。

今回は職場で浮いていても気にしない人の特徴、

職場で孤立しても割り切って仕事が出来るようになる方法をご紹介したいと思います。

「まだ、自分は孤立する勇気が出ない」という方は一度目を通してみてくださいね。

なにか吹っ切れる材料になれば幸いです。

職場で浮いても気にしない人の特徴


職場で「あの人はいつも浮いているけど平気な顔でいつも会社に来ているな~」

と思う人はいませんか?

職場で浮いていても顔色一つ変えずに仕事が出来る人は

いったいどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、職場で浮いていても気にしない人の特徴をご紹介していきたいと思います。

①職場で浮いていのは成長の過程だと考えている

入社したばかりはみんなと同じ考えをしてみんなと同じ発言をしてしまいます。

しかし自分の成長や将来のことを考えた時に

みんなと同じ考え同じ発言をしていたら成長できないことに気が付きます。

そうすると、自然と周りの人と意見の相違などで衝突する時が増えてきます。

それを見た人は「あいつあんな奴じゃなかったのにな」と言います。

自分にとっての成長の過程が他人からみたらマイナスな面に見えてしまうのでしょう。

しかし、職場で浮いていても気にしない人は

成長の過程だからしかたがないと捉えているのです。

②「自分は自分」と考えている

人はみな価値観が違って当たり前です。

しかし、人はどこか無意識のうちに相手に自分の価値観を押し付け、

相手をコントロールしようとしてしまいます。

しかし、自分をしっかり持った人は他人からコントロールされることはありません。

そのような人を見ると人は批判したら悪口を言ったりするのですが、

浮いていても気にしない人は「自分は自分」と

割り切っているので何を言われても平気なのです。

③浮いてしまうのは少数派な人だけ

そもそも会社で浮いてしまうのは少数派な人たちなのです。

多くの人は多数半のなかで生きており、

それがもっとも楽な生き方だと思って生きています。

しかし、少数派の人はどんなにつらい生き方になろうとも

自分が決めたことを曲げることはしません。

「芯」がある人間なのです。

職場で浮いてしまう人は少数派で「芯」がある持ち主なのです。

職場のいじめなどで嫌われても平気な人の心理


職場で働いている大多数の人は他人の目を気にして、

なるべくみんなに嫌われないように生きていこうと毎日必死です。

しかし、世の中には、嫌われても平気な顔をしている人がいます。

ここでは、そんな嫌われても平気な人の心理をご紹介していきたいと思います。

①自己評価が高いから周りを気にしていない

自分に自信がある人は周りをあまり気にしません。

自分で自分のことを認めてあげられるので他人に認められる必要がないのです。

自分に自信ができると、周りの人の顔色を伺わなくても行動や発言が出来るようになります。

②仕事で昇進できる人だから

仕事で管理職や、経営者などの人の上に立つ人は嫌われても平気な人が多いです。

なぜならば、周りを気にして仕事をしていたら自分の意見が伝えられないからです。

自分の意見を持っていてもそれを人に伝えることができなければ人の上になんてたてません。

③みんなに好かれるのは無理と分かっている

あなたは小学校の時にクラス全員自分のことを嫌っていないと思っていましたか?

そのように思っている人は少数だと思います。

262の法則というものがあります。

どんな組織でも自分に好意的な人は2割で

どちらでもない人が6割、好意的でない人が2割という法則があります。

どんな組織に居ても自分のことを嫌ってくる人は必ず2割はいるのです。

④身近な人に「嫌われたくない」という気持ちがない

職場の人や友達に「嫌われたくない」と

気持ちがあまりない人は嫌われても平気な顔でいられます。

このような人は周りの目を気にすることもしないので、

言いたいことを言いやりたいことをやります。

実際これをやると嫌われますが、自分の気持ちを殺してまで

人に好かれようとするより、自分の気持ちに正直に生きる方がストレス溜まりませんよ。

職場で孤立しても気にしない、割り切る方法


職場で孤立してしまうのは正直辛いです。

では、孤立してしまったときどのように乗り切ればいいのでしょうか?

ここでは職場で孤立しても気にしない方法をごご紹介していきたいと思います。

①会社は仕事をする場として割り切る

会社は仕事をする場所であって、友達ごっこをする場所ではありません。

同僚や上司の中にはプライベートと仕事の線引きを曖昧にする人もいますが、

線引きを曖昧にする人はいつまでたっても人間関係に悩まさられるものです。

孤独の中でも負けない自分を評価し褒めてあげましょう。

そうすることで割り切ることが出来てくるのです。

②プライベートを優先する

会社での人間関係を優先させるよりも、

プライベートでの人付き合いを充実させ、

プライベートの時間を優先して考えるようにしましょう。

「私は趣味や友人との楽しい時間のために

 時間を使いそのお金を稼ぐために仕事に言っているんだ」

と考えるようにすれば割り切って仕事をすることができます。

③転職を視野に入れて仕事をする

転職を視野に仕事をしていれば、例え嫌なことがあっても

「どうせ転職するんだから、まぁいいか」と考えられうようになります。

職場の働きやすさは会社次第です。

職場を変えることで働きやすい環境に出会えることがあります。

職場で孤立するのは「自分が悪い?」気にする必要はありません。


職場で周りは楽しそうにしている中で、

自分だけが黙々と仕事をしている状態だと居心地がとても悪いです。

「自分がなにか悪い事したのかな?」

「みんなの空気に合わせられていなかった?」

孤立したときにこのようなことを悶々と頭の中で考えてしまいますよね?

このような状態になったときいまの現状をなんとか変えようとする人もいるかもしれませんが、

職場で孤立することはそんなに悪い事なのでしょうか?

上記でも述べていますが、そもそも誰からも好かれようとするのは不可能なのです。

自分のことを嫌いな人は嫌いだし好きな人は好きだし、

必ず自分のことを嫌いな人もいれば絶対に自分のことを好きな人もいてくれるのです。

もしも、自分に悪いところがあって孤立してしまっているなら、それは素直に謝りましょう。

しかし、みんなの輪に入りたいからと言って自分を殺してまで

人に合わせながら仕事をするようなら、孤立したままの自分でいましょう。

あなたの人生をずっと一緒に生きてくれる人は会社にはいません。

会社で孤立していても痛くも痒くもないはずですよ。

職場で孤立するのがどうしても気になるなら孤立しても平気な職業へ転職するのも一つの手段


ここまで「職場で孤立しても何の問題」と紹介して、対処法などご紹介してきましたが、

もしもあなたが職場で孤立感を感じて精神的に疲弊しているようならば、

今の状況を自力で変える必要があります。

精神的な疲弊は時間が経つごとに悪化していってしまいます。

放置してしまうと、回復するのに時間を要してしまい、

仕事復帰できなくなることも考えられるので放置しないで早めに行動をしましょう。

行動の第一歩として転職を考えてみて下さい。

働く環境を変えてしまうことが一番効果的な方法だと思います。

職場で孤立するのが嫌だから転職をすると

逃げていると感じる人もいるかもしれまが、決して「逃げ」ではありません。

職場の環境を変えて自分らしく働けるようにすることは「成長です」

精神的に疲弊してまでその会社で働いていてもきっと成長することはないでしょう。

ならば、自分に合った職場を探しその職場で学んだ方がよっぽど成長できると思います。

まとめ


今回は職場で孤立しても平気な人の心理や対処法を

ご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

少しでも吹っ切れる材料になれたでしょうか?

集団の中で孤立するということはなかなか勇気がいるものです。

しかし、集団の中でしか仕事出来ない人になってしまうと、

自分の意見をなかなK言うことができない人間になってしまいますので

孤立しても平気なメンタルを鍛えましょう。

孤立しても平気な人に慣れることができたら、

きっとどこの会社に行ってもやっていける人材になれますよ。