新人を育てるのが上手い人の特徴まとめ! 新人を使うのが(育てる)のがうまい人・下手な人の特徴と上手な育て方をご紹介します。




新新入社員が入社してくるとまずは仕事を教える必要があります。

また、部下や後輩を持つようになると、指導し、育成する役割を担うことになります。

しかし、仕事を教えることは難しく、教える人によって新人や部下等の成長具合に差が出てきてしまうことが多いです。

この記事では、新人を育てることがうまい人と下手な人の特徴やおすすめの育て方、指導法について紹介しています。

参考にして、新人や部下をうまく育てられる人になっていきましょう。





人を育てるのがうまい人・部下を育てるのがうまい上司の特徴


新人や部下を育てることがうまい人の特徴として、


一つ目に平易な言葉でわかりやすく説明することを挙げることができます。

誰かに何かを説明するときには専門用語など一般的ではない言葉は避けるか、

あらかじめ意味などを説明して使います。

新人や部下が説明された内容がわからないということをないようにします。


二つ目の特徴は、教えたことはまずやらせてみることが多いことです。

もちろん最初は失敗しやすいので、大きな問題が生じないよう

フォローできる場所で見守るようにしています。

実践することで理解を深めることができますし、

できなかったことはすぐに教え直すことができて効率的に育てることができます。

三つ目は、よく褒めることです。

新人や部下について、褒めるところは褒め、成長したと感じることができれば言葉で伝えています。

褒められた部下はさらにやる気となり、成長への意欲を高めることができます。





人を育てるのが下手な人・後輩を育てられない人の特徴


人を育てることが下手な人の特徴として、

相手の理解度を考えずに説明していることが多いことを挙げることができます。

相手が理解しているか、理解できるような言葉を使っているかなどを気にせず、

自分のやりたい通りに説明を続けてしまいます。

そのため、説明したのに新人や部下が仕事をできるようにならないということが生じます。

二つ目は、新人や部下ができないことや不十分なことばかり指摘していることです。

マイナスの事ばかりを言っていると部下や新人のやる気がなくなります。

また、部下や新人が先輩や上司に怒られないように仕事をしようと考えるようになり

仕事の目的がぶれてしまうことにもつながります。

三つ目の特徴は、業務の目的や全体の流れを教えないことです。

作業の一つ一つの説明をされても、

目的や全体の流れがわからないとただ作業をするということになってしまいます。

また、いつにその作業をするのかもよくわからないということにもなり、

いわれなければ動けない新人や部下が生まれてしまう一因にもなります。





仕事を教えるのがうまい人は頭が良い?


仕事を教えることがうまい人は頭が良いことが多いです。

他人に仕事をわかりやすく教えるには

自分自身がその仕事の事を理解していなければなりません。

つまり、理解力があるということです。

さらに自分が理解している仕事の内容をわかりやすい言葉で伝える必要があります。

そこで必要なものが語彙力や表現力です。

また、自分が教えたことを相手がきちんと理解しているか確認しなければうまく教えることができません。

相手の表情や言動から理解度を把握するためには洞察力や観察力が必要です。。

他人に仕事をうまく教えるにはここで挙げてきただけでも

たくさんの能力が必要だということがわかります。

仕事を教えることがうまい人はこれらの能力を併せ持つ頭のいい人だということができます。





教え方がうまい人は何をしているの?


教え方がうまい人が行っていることとして

まず一つ目にお手本を見せるということを挙げることができます。

ただ言葉で説明しても伝わらないことがあるものです。

実際にお手本となるものや実際にやっているところを見せることで

視覚的に理解しやすくなりますし完成形もイメージしやすくなります。

二つ目は、教えた後に実践させていることです。

それにより実際に理解し、できるようになっているか確認できます。

また、説明を聞くだけでは教わる方も飽きてしまいますし、

実践してできるようになれば自信ややる気につながります。

後輩や部下も、さらに仕事を覚えたいと意欲がわくことが期待できます。

教え方がうまい人が行っていることの三つ目は一度に全部を教えることにこだわらないことです。

一度に理解できることは限られていますので一つの仕事でも区切ったり段階的に教えたりしています。





人や部下を上手く育てる方法


他人や部下をうまく育てる方法として一つ目に仕事を任せてみることを挙げることができます。

できるだけ口出しはせず、見守る姿勢を取り失敗や足りない点はフォローします。

部下は自分で考えて動くことで生きた知識を身に着けることができます。

失敗してしまうこともありますが、失敗から多くのことを学ぶことができ成長につながります。

二つ目は仕事について細かく指示しすぎないことです。

具体的なやり方を部下に考えさせそのやり方を聞き

必要に応じてアドバイスするようにします。

最初は時間がかかりますがだんだんと部下は自分で考えることができるようになります。

三つ目の方法は、部下のミスや失敗について感情的に怒ったりせず

改善策を考えさせるなど次につながる指導をすることです。

起こったことを責めてもどうしようもありませんし部下が新しい事に挑戦しにくくなります。

感情的にならず前向きに対応することをお勧めします。





まとめ


仕事を人にうまく教えるためにはわかりやすい言葉を使ったり

全体像やお手本を見せたりするなどコツがいります。

また部下を育てるためには、褒めることや実際に仕事を任せてみるなど

仕事を説明する以外にやらなければならないことがあります。

他人に仕事をうまく教えることができる人や部下を育てることができる人になるには

自分で仕事をする時とは別の能力や知識が必要です。

この記事を参考にして教え方のうまい人や部下を育てることがうまい人に近づきましょう。