仕事や職場だけが人生のすべてじゃない!仕事は真面目過ぎず適当なくらいがちょうどよい理由や仕事に行くのが毎日苦痛な時にどうするべきかの対処法をご紹介します。




あなたは、わき目を振らずに仕事をすれば報われる仕事は

一生懸命やらないといけないと思い込んではいませんか?

仕事に失敗しないようにと神経をすり減らし、仕事をしていると

疲れきってすべてに余裕がなくなってきます。

仕事ばかりに気をとられ、全く感情を動かされなくなったり

とても苦痛になったり、あまりいいことは起こりません。

そこで今回は仕事中心で辛くなってきたあなたに

もっと楽になれる方法をお伝えしていきますね。





仕事中心の人生はとてもつまらない・・


頭の中が仕事でいっぱいになっていませんか?

いつでも職場での評価が気になってしょうがない。

自分だけで仕事を完璧にこなそうとしたり、

休みの日でも仕事から離れられなかったり…。

もし当てはまる場合は、仕事中心の生活になっているかもしれません。

仕事中心になってしまうと、心に余裕がなくなってしまいます。

楽しさが全く感じられなくなったり

自分が苦しいことさえ気がつかなくなったりしてしまうのです。

仕事中心の生活になれば、仕事の評価が高くなるわけではありません。

もしあなたが仕事にすべてをささげているのに、

適当にやっている同僚の方が評価が高かったらどう思うでしょうか。

仕事中心の生活であったとしたら、怒りがわいて来ると思います。

それはあなたが今、余裕がなくなっているから証拠です。

あなたは今仕事以外に大切なことはありますか?





職場や仕事だけが人生のすべてじゃない!


仕事だけがすべてだと、仕事が順調でないときが大変です。

仕事でうまくいかなかったことや、失敗したことを引きずるからです。

例えば仕事ができない私はダメな人間だと短絡的に思い込んでしまいます。

そんなことはありませんし、仕事はあくまであなたの一部でしかありません。

他の生活や趣味など充実させていれば、

仕事が全てではないということが体感的にわかります。

仕事を頑張ることだけ意識していると

自分の体や心に目を向けることさえ忘れてしまうのです。

あなたは今、疲れていませんか?

仕事が大事なのはいいですが、それだけになってしまってはいけません。

余裕があるのであれば、仕事以外のことも充実させてみましょう。

例えば仕事以外のコミュニティに参加してもいいですし

仕事のため異業種交流会に参加してもいいので

視野を広げてみてはいかがでしょうか。





仕事は真面目過ぎると損をする?少し適当なくらいがちょうどよい理由


あなたの職場の人気者はどんな感じの人ですか?

仕事中心というよりも、少し適当な人ではないでしょうか?

実は職場の人気者のほうが仕事の評価が高かったりするのです。

また仕事をすればするほど、仕事をする人に仕事が回ってきます。

また現代日本の会社では、自分が仕事が終わっても他の人が働いていると

、就業時間を過ぎてもなかなか帰ることができないですよね。

仕事ができるあなたがさらに負担を強いられるのは大変ですので

ほどほどに仕事をした方かよさそうです。

基本的に心に余裕をもって仕事をした方が、いい仕事ができます。

自分だけで仕事をこなそうとしていたらいけません。

他人に頼ることができないと、職場で信頼してもらえません。

あなたばかりが、頑張ってはいけないのです。





好きじゃない仕事をずっと続けるとどうなる?


好きな仕事をするとどうなるのでしょうか?

仕事もパフォーマンスが上がります。

得意な分野や好きな仕事は、苦労と苦労と思いません。

仕事が好きなので、仕事の成果は自分の自信につながり

さらに仕事への気力がわき、相乗的に仕事の成果が上がるのです。

自分が仕事をすることで誰かの役に立っていることに

喜びを感じモチベーションが上がるからです。

何らかの事情で仕事が苦痛になってしまうと、

反対に相乗的にモチベーションが下がり

さらに苦痛が増大してしまうでしょう。

時間の経過とともに状況が悪化するのです。

あなたは今の仕事は好きですか?

苦痛でしかない場合は、理由があるはずです。





仕事が毎日が辛く苦痛なら、思い切って転職をした方が良い


あなたが仕事中心に考えてしまう理由は仕事が辛かったり苦痛だからではありませんか?

悩みすぎて仕事のことしか考えられないのかもしれません。

また仕事が忙がしすぎて

プライベートを充実させたくてもできない可能性もあります。

努力しても報われないのかもしれません。

あなたはこんな症状がありませんか?

・眠れない

・腹痛や頭痛など体調不良が続いている

・突然涙がでる

心とからだが悲鳴をあげている状態です。

もしこのような症状がなくても、仕事が苦痛である自覚があるのであれば、

転職も視野にいれましょう。

自分でどうにもならない状況であるのならば、今の状況から逃げるしかないのです。

そのままいたら、心身ともに壊してしまう可能性があります。

仕事だけがあなたのすべてではありません。あなたにとって一番大切なのはあなた自身です。





まとめ


あなたにとって仕事はどんな意味を持ちますか?

仕事が好きでたまらないとか、得意だという特別な意味を持たないのであれば

仕事中心になっている状態が苦痛になっているでしょう。

仕事はあなたのすべてではありません。

あなたにとって仕事が苦痛でしか感じないのであれば環境を変えましょう。

仕事はある程度リラックスできる環境が一番いいのです。

これを機会に自分は何が好きなのか等自分を分析してみてはいかがでしょうか?