仕事に就いていけない30代の特徴と対策まとめ!30代で仕事がわからない時や向いてない時の原因や対処法についてご紹介します。




30代は働き盛りな年代です。

一昔前なら30代ならバリバリ働いてがっつり稼いで

家族だったり自分にお金をかけていた人が多かったと思うのですが

最近の30代は昔とは違い、稼げなくていいから苦しい思いまでして

働きたくないと考える人も多いような気がします。

また、今の時代は30代で転職、再就職をする人も多く

転職先で仕事に就いていけないと悩んでいる方も沢山いると思います。

そこで今回は仕事に就いていけない30代の特徴・原因・対処法について

ご紹介しますね!ぜひ読んで参考にしていただければと思います。





30代で中途入社・仕事の仕方がわからなくて辛い‥


30代で転職し、中途で採用され入社したはいいものの

新しい職場の仕事の仕方がわからず若い頃とは違い

素直に人に聞くこともできず辛い思いをしている人はたくさんいると思います。

会社側からしても30代という年齢なんだからある程度のことはわかっているだろうし

わからないことがあったらちゃんと聞くことはできるだろうと考えているので

中途で入ってきても仕事が全然ができていない

30代だったらお荷物扱いをされてしまいます。

ですが人には向き不向き、新しい職場に慣れる慣れないのも

人それぞれなので、最初から30代だからできるだろうと思われても辛いですよね。

だから、年齢の割に自分は仕事が出来ないんだ。と悩むことはないですよ!





30代で仕事についていけない人の悩みや特徴

20代と比べると任される責任や役割も大きくなってくるのが30代です。

仕事の難易度も高くなります。成果や経験値も求められるので

20代の若い世代より仕事ができていないと辛い思いをしてしまうのが30代です。

しかし世の中には確かに仕事についていけない30代は沢山存在しいます。

30代で仕事ついていけない人のと特徴として主に3つが挙げられると思われます。

・仕事を抱え込みすぎる

仕事を依頼されると断れないためすでにたくさんの仕事を抱えているにもかかわらず

引き受けてしまい自分を苦しめてしまう。

・休みが充分に取れていない

休みが少ない職場だったり残業が多かったりすると

身体を休めることができないため蓄積された疲れに

押しつぶされてしまい鬱になったり体を壊してしまう。

・自分のスタイルを過信しすぎる

仕事に対して自信を持つことは素晴らしいことですが

一人よがりで仕事を推し進めている状況になっていて、

それに気が付かない人は結果全く仕事で成果が出ずに

気づけば仕事についていけていなかったという状況が生まれしまいます。





30代で仕事ができないで辛いと感じる理由は?


30代で仕事ができないで辛いと感じる人は一定数いる中で

理由は様々だとは思いますがその中でも多く挙げられる理由は以下のものだと思います。


・給与が低く今後も増える見込みがないのに仕事は激務で辛い

部下もでき、仕事の責任が大きくなっているのに昇給されない、

今後も増える見込みがない、体力的にも今後続けられるのかわからないと

仕事が辛いと感じやすくなるみたいです。
 

・上司が嫌でストレス。毎日仕事を詰められる。

上司が厳しすぎたり、部署の雰囲気が合わなかったり

人間関係が良くないなどの理由でも仕事が辛くなる要因の一部です。

・今の仕事への熱意が下がった。新しいことにチャレンジしたい。

「自分の可能性をここで最後にしたくない」と考えている人は

仕事への意欲を転職に向けていて今現在の仕事には

意欲を向けることができていないのかもしれません。





30代で能力不足で仕事ができない時の改善・対処法


仕事についていけないと悩んでいると

「自分には何かが不足しているから吸収せねば…」とあせってしまいますが、

新しい知識をアウトプットする上で何より大切なのは体調を万全にしておくことです。

役立つ知識をいくら得られたとしても体調が悪ければ充分に吸収することは難しいものです。

体のコンディションを万全にしておくことで新しい知識の吸収率をUPさせましょう。

また、仕事についていけない状況が続いている場合

「コーチング」を活用してみるのもいいかもしれません。

コーチングとはコーチが相手の潜在能力を解放させ

学習や仕事などにおける成長や変化を目指す能力開発法です。

自らの仕事や人生における目標を再確認しておくと、

よりはっきりした価値観で仕事を遂行できるかもしれません。

最後に勉強会やセミナーに参加するという方法も

能力不足で仕事ができない時の対処法として挙げておきます。

少しでも興味のある、勉強会やセミナーには積極的に参加してみましょう。

勉強会やセミナーで得た知識を実際にどう活用するのか?

そこに重点をおいて参加してみるといいとおもます。





30代で仕事についていけない向いていないと感じるなら転職も視野に入れよう


今の仕事が辛い場合は、部署異動や転職など今とは異なる環境に

行くことで今の状況から抜け出せる可能性があります。

会社から求められる仕事の要求が高すぎて仕事ができない人もいます。

努力しても、仕事ができないせいで周囲の人と上手くやれない。

責められて辛いなど、精神的な負担が大きすぎるなら転職を考えるのも良いでしょう。

今の仕事にしがみつこうと考えがちですが、30代はまだ転職できる年代です。

新しい仕事を探すのは難しいことではありません。

心を壊してしまえば、仕事をする意欲そのものが失われてしまいます。

職場を変えたら、あなたの能力を引き出してくれる上司に出会えるかもしれません。

このまま仕事ができない30代でいると、仕事ができないまま40代になり、給料が下がったり

最悪の場合リストラの対象になったりする可能性が高まってしまいます。

転職活動をして自分お市場価値を把握してみてはどうでしょうか?





まとめ


30代は人生においても働き盛りとされている年代です。

そんな働き盛りの時代を仕事ができないまま送るというのはとても辛いものですよね。

辛くても今の仕事が好きでこの仕事以外考えられないという人なら

そのままその会社に残ることをおすすめしますが…そうではなく

なにか違う仕事で自分の才能を開かせたいと思うのであれば転職をおすすめします。

あなたが生き生きと仕事が出来るように応援しています。