上司が一目置く部下の特徴まとめ!上司にとってありがたい、信頼して頼りにされる部下の特徴や男性が一目置く手放したくない優秀な女性部下の特徴などをご紹介します。




どんな職場にも特に上司に信頼されている人やかわいがられている人はいますよね。

もちろん上司がえこひいきをしてはなりませんが、

特定の部下に一目置いて頼りにすることは仕事を

円滑に進めるために必要なことということができます。

信頼され頼りにされる部下は、他の人と何が違うのでしょうか。

この記事では、上司に頼りにされる部下の特徴について紹介しています。

また女性部下に絞った特徴についても紹介していますので是非参考にして下さいね。





上司にとってありがたい部下ってどんな人?


上司にとってありがたい部下とは一言でいえば

上司の期待した仕事をその通り又はそれ以上の精度で仕上げてくれる部下です。

そのために必要なことは、まず上司にどんな仕事を期待されているか知ることです。

ここで大切なのは、上司とコミュニケーションをしっかりとることです。

仕事を依頼されたときは完成させるべきものを期限をはっきり把握するようにします。

よくわからないまま作業を進めてはいけません。

長丁場の作業になるときは途中で確認や相談を行い

上司の期待に沿っているか確認するとよいでしょう。

上司が部下に期待している仕事とはそれぞれの作業だけではありません。

報告、連絡、相談を行うことや後輩のフォローを行うことなど特定の作業以外のことも含まれているものです。

このような見えにくい期待を知るためにも、上司とコミュニケーションをとることは大切です。





優秀な部下は手放したくない!会社が手放さない優秀な人材のタイプ


優秀な部下として評価される人材のタイプとして

一つ目に問題解決能力が高い人を挙げることができます。

何かトラブルが起こったときに、自分で対処法を考えることができる部下は重宝されます。

二つ目のタイプは、広い視点で物事を見ることができる人です。

自分に任された業務だけでなく関係する業務のことを考えて

業務を改善する提案をしたり、同僚や後輩の様子にも気を配ってフォローしたりします。

それにより、会社や部署全体の業務改善に貢献できるので、一目置かれる部下となります。

三つ目のタイプは、報告、連絡、相談をきちんと行うことができることです。

これは最も大切です。

先に紹介した二つのタイプの人材も

報告、連絡、相談がなければ逆効果になる可能性があります。

会社は組織ですので、自分勝手に動いてしまえば混乱をもたらすためです。

会社の業務を円滑に進めるために、上司に報告、連絡、相談を行うことが大切です。





職場で信用され頼りにされる部下と信頼されない部下の違い


職場で信頼される部下と信頼されない部下の違いはコミュニケーションにあります。

このコミュニケーションに今まで述べている

「報告、連絡、相談」はもちろん含まれますが、それだけではありません。

相手の意思を理解し自分の意思や考えをしっかり伝えることがコミュニケーションです。

上司は自分の意思を理解して仕事をしてくれる部下であれば、

信頼して仕事を任せることができます。

そして、思っていることがわからないような部下は信頼できません。

上司に信頼され頼りにされる部下とは

上司の意思を理解し、自分の意思や状況をしっかり伝えてくれる部下なのです。

必ずしもおしゃべり好きである必要はありません。

口数は少な目でもこまめに意思疎通を図ることや短い会話でも

必要な事項はきちんと伝達することで十分にコミュニケーションは取ることは可能です。





男性が一目置く優秀で仕事ができる女性部下の特徴


仕事に男女はありませんが特に女性部下にいえる優秀な部下の特徴として

感情に流されないことを挙げることができます。

一般的に女性は男性よりも感情豊かですし

女性ホルモンの作用で精神的に揺らぎやすい状態にあります。

その分精神的に落ち着いている女性部下は他の部下よりも頼りになると感じられます。

二つ目の特徴は相手の性別により区別することなく関わることができることです。

ともに仕事を行うときに男性も自分の意思をしっかり確認してくれる

女性部下の方が安心して仕事を任せることができます。

また、男性にも自分の意思をきちんと伝えることのできる女性だと

男性もその女性のことを理解することができ、その分信頼が高まります。





使えない部下・ダメな部下の特徴


使えない部下や仕事ができない部下の特徴として

まず一つ目に、報告、連絡、相談ができないことを挙げることができます。

ミスや失敗をしてしまったり問題が起きたりしたときに報告せず隠したり

仕事に疑問が生じても相談せずに進め、失敗してしまったりします。

たとえ仕事がうまくいっていたとしても

報告や連絡がないと上司は自分から状況を確認しなければならず上司の仕事が増えてしまいます。

二つ目の特徴は自分で物事を考えず、指示を待っていることです。

仕事で問題が生じたときに自分なりの対処策を考えることもなく

上司の指示を待っていたりします。

部下は上司よりも知識や経験が少ないことが多く

上司よりもよい策を考えることは難しいでしょう。

しかし上司に丸投げする姿勢は誠意や成長する姿勢を感じることができません。

上司はやる気や向上心のない部下だと判断するでしょう。





まとめ


この記事では、上司に頼りにされる部下の特徴について紹介してきました。

もちろん仕事自体の品質やレベルも大切ですが

仕事の進め方や仕事に対する姿勢が大きく差をつけるものです。

報告、連絡、相談をきちんと行うなどコミュニケーションをとることや

周りの状況にも気を配ること、自分の頭で考え、問題解決能力を

伸ばしていることなどが上司に頼られる部下の特徴です。

これらのことは幅広い分野の仕事に共通するもので心掛け一つで実行することができます。

少しずつでも自分の行動を変化させ、信頼される部下になっていきましょうね^^