「志望動機なんてねーよ!」転職の志望動機を難しく考えすぎてるあなたに 悩まずに志望動機をかける方法をかける方法をご紹介します。




転職の際、履歴書などに志望動機を書く必要がありますよね。

しかし、志望動機の書き方がわからず、悩んでいる人も多いと思います。

無理やり立派な志望動機を作り上げても嘘っぽくなるし

志望動機は特にないとすることもやる気がないように思われてしまうので悩みどころです。

この記事では転職の時の志望動機の書き方や作り方について紹介しています。

志望動機のせいで転職活動がうまく進まないという人は是非参考にしてくださいね。





転職の「志望動機なんてねーよ」と思いつかないのが本音。


転職の時の志望動機って

履歴書に記入できるものを思いつきにくいですよね。

本音の志望動機は、給与や休日などの雇用条件がいいと思ったことや

仕事内容が自分の探していた求人と一致していただけなど、

応募先には言いにくい事が多いものです。

正直に本音の志望動機をそのまま書くと、

仕事に対するやる気がなさそうだと思われてしまいます。

しかし、あまりにも立派すぎる志望動機を書くと

応募先の会社にも嘘だと見破られ信頼できない人物だと評価される可能性もあります。

インターネットや本などで志望動機の例文を見ることができますが、

そのまま書くと多少言葉を変えていたとしても

応募先の担当者にはわかってしまうものです。

だから志望動機は自分の言葉で書くべきですし

自分の言葉の方がやる気も伝わります。





立派過ぎる志望動機はない・志望動機をかけないのは難しく考えすぎるからです!


志望動機をなかなか書くことができないという人は、

「志望動機は応募先に評価されるものを思いつかなければいけない」

そう難しく考えすぎていることが原因です。

雇用条件がいいから応募した会社であっても

数多くある会社からその会社を選んだ理由は別にもあるはずです。

今までの経験を活かすことができそうだと思ったり

経営理念や方針に惹かれたりしたなど、

その会社や仕事について好感を持った点を探してみましょう。

そのことを盛り込むと真実味のある志望動機になります。

信頼できる人柄だと評価してもらいやすくなりますし

本気で志望していると感じてもらうことができます。

志望動機は無理やりひねり出すのではなく

本当にその会社で働きたいと思った理由を

応募先の会社にやる気も伝わるように表現するものだと思って書いてみましょう。





志望動機が「お金が欲しいから」というのは面接で話して大丈夫?


志望動機について、お金が欲しいことが理由だと面接で話すことはあまりお勧めできません。

「お金が欲しいから」という志望動機について、

ハングリー精神があるなどとプラス評価する人もいますが

あまりいい評価をしない人の方が多いです。

また、履歴書の志望動機は全く別のことを書いているのに

面接ではお金が欲しいことを志望動機としてしまうと

一貫性のない人物だと評価されてしまいます。

履歴書の志望動機は嘘だと思われ

調子がいいだけの信頼できない人だと思われる可能性があります。

「お金が欲しいから」を志望動機として話すとしても

それだけを志望動機とすることはやめましょう。

求人に応募する人はほとんどの人がお金が欲しいはずで他の人と差別化できないからです。





「志望動機なんてねーよ」という人におすすめの志望動機の作り方


志望動機を思いつかないという人は、

まず応募する会社や仕事内容に惹かれた理由を考え、書き出してみましょう。

その中から一番強い理由を志望動機の中心にします。

次に、志望動機の構成を考えます。基本的な構成は


一つ目が志望した理由

二つ目がその詳細やエピソード

三つ目がその会社を選んだ理由

四つ目が入社後にやりたいこと、という順番です。


一つ目の志望理由は結論となる部分で最初に書くことにより

一番伝えたい部分を印象強く伝えることができます。

二つ目の詳細等は、なぜその志望理由に至ったかを説明する部分です。

三つ目のその会社を選んだ理由は

応募先の会社の強みや方針などその会社ならではの良さを書きましょう。

四つ目の入社後にやりたいこと等は自分の経験や適性を

応募先の会社で活かすことができるとアピールできるよう書くとよいでしょう。

この構成にあてはめながら考えることで、無理なく志望動機ができるはずです。





志望動機が書けないなら転職エージェントなどでも相談できる。


自分でいくら考えても志望動機を書くことができないという方は

転職エージェントなど転職サービスを利用し、相談することをお勧めします。

転職エージェントはただ求人情報を探してくれるだけではなく

応募書類の作成支援や添削まで行ってくれるところが多いです。

自分だけで志望動機を書こうとすると一人よがりなものになっていないか?

おかしなところはないかなど不安になりますが転職のプロが見てくれると安心ですね。

またうまく文章にできなくても、その会社に応募したいと思ったからには

心のどこかにその会社がいいと思った部分があるはずです。

転職エージェントとの会話をすることで

自分の心の奥にあった志望動機を発見できるというメリットもあります。

志望動機のせいで転職活動がうまく進まないという方は

一度転職エージェントに相談してみてはいかがですか。





まとめ


転職の際に必要な志望動機は書きにくいという人も多いですが

やる気をアピールするためにも自分で考え、自分なりの言葉で書くことが大切です。

よくある志望動機の例文はきれいな文章かもしれませんが

個性がなく、応募先の担当者の目を引きにくいからです。

志望動機は応募先の会社に惹かれた理由を探し

構成に沿って書くことで完成させることができます。

しかし、それでも志望動機を書くことができないという人は

転職エージェントを利用する手段もあります。

仕事へのやる気や意欲が伝わる志望動機を作って転職を成功させてくださいね。