「体調管理も仕事のうち」はパワハラだ!体調管理ができてないのは自己責任・体調不良を社会人失格と呼ぶ上司はパワハラにあたる理由をご紹介します。




日本には「皆勤」に対して賞を与えるという不思議な文化があります。

休まず学校や会社に行くのが「善」であり、休むのは「悪」という考え方です。

この文化が根付いているせいか「体調が悪くても仕事をするのが当たり前」と

考えている会社はまだまだ数多く存在しています。

体調不良は誰にでも起こることなのに、

なぜ「自己管理ができていない」「社会人失格」と言われてしまうのでしょうか。

どう考えても、体調の悪い社員を休ませたほうが後々の仕事の効率も上がるはずなのですが…。

そこで今回の記事は一見正論のような「体調管理も仕事のうち」という言葉が

実はパワハラにあたる理由について考えてみました。





体調管理ができないのは社会人失格だと言われる・・


人間ですので、誰でも当然体調を崩すこともあります。

また「体調を崩しやすい」という体質の方もいます。

そうであるにもかかわらず平社員が病気になったときだけ、

上司がドヤ顔で「体調管理ができないなんて、社会人失格だよ」と言うのです。

体育会系の上司だと「甘え」や「なんとかしろ」など

精神論ですべて押し切ろうとします。

「いや、あなたもこの間腹痛とか言って休みましたよね?」

というツッコミを入れられるはずもありません。

「その言葉、風邪で休んだ専務に向かって言えますか?」と問えるはずもありません。

「社会人失格」という言葉は、単にマウントを取りたい上司が

部下に言いたいだけのセリフのように思えます。

体調不良で苦しんでいる部下を心配するより

自分の優位を示すことが重要な人間が吐く言葉です。

このような上司を持ってしまったのは不運としかいいようがありません。





「体調管理も仕事のうち」 がパワハラ発言である理由


「体調管理も仕事のうち」という

もっともらしい言葉の裏に、実はパワハラが隠れています。


・24時間365日、体調管理しないといけないの?


仕事を終えたあとも休みの日も「常に仕事を意識しろ」と言われている気がします

飲み過ぎてもダメ、ちょっと羽目を外して遊んでもダメ。

さらに「仕事のうち」なのに給料が出るわけでもありません。

真面目さを利用して、社員を仕事の奴隷にしようという強烈なパワハラです。


・休まれると困るから


あまりにもギリギリすぎる社員の数や日程で仕事を回しているのは会社の責任です。

それを社員に責任転嫁するのはパワハラであると言えます。


・個人差は無視


皆が皆、上司のように体が丈夫でもなければ

メンタルが鋼鉄でないことを理解していません。

自分が世界基準であると信じその価値観を押し付けるのはパワハラの典型です。





「風邪で欠勤するのは自己管理ができてない」というのはおかしい


風邪をひくイコール自己管理ができていない

という方程式は本当に成り立つのでしょうか。

答えはもちろんNOです。人が大勢いる街中を歩けば

風邪をひいている人と知らない間に接触してしまうことはあります。

そして免疫力が下がっていたら、さらに風邪にかりやすくなります。

ましてやその免疫力が下がったのは仕事で無理を重ねたせいかもしれないのです。

風邪なんて不可抗力です。

自己管理だけですべての風邪を回避できるわけではないことくらい、誰だって知っています。

欠勤するのは、他の人にうつさないため。

それを「自己管理ができていない」と責めるのは、論点がずれているように感じます。

心の器が小さくて狭い人間ほど、人を見下して優越感に浸りたい傾向があります。

このような人には話が通じないので適当に謝っておいて、しっかり休むのが正解です。





「体調管理も仕事」という会社は社員を大事にしていない


プライベートの時間もすべて仕事のためにあると言っているのと同じです。

体調管理とまでは言えなくても

あなたは「明日の仕事に響かないように」と無意識に

今日のお酒や遊びをセーブしています。

そんな常識あるあなたに「体調管理も仕事のうちだよ」と

あえて言う必要がどこにあるのでしょうか。

社員の真面目さをほめるわけでもなく、労うわけでもありません。

「社員はすぐサボろうとするからしっかりくぎを刺しておかないと!」と考えているのです。

つまり社員をまったく信用していないのです。

そんな会社が社員を大事にするわけがありません。

むしろ家畜のように管理することに喜びすら感じているかもしれません。

社員を大事にしない会社で自分を働かせるなんて、自分のためになりません。

自己肯定感が下がっていくだけです。





体調不良でも無理をさせる会社なら転職を考えよう!


朝「体調が悪いので休みます」と連絡をした社員に

「やってもらわなくてはいけない仕事があるから来い!」と

言った管理職を見たことがあります。

その社員は仕方なく出社し

なんとか半日で仕事を終わらせて早退していきました。

まるで鬼です。健康を害してまでやらなければならないことはこの世にありません。

あなたは誰かが体調が悪いとわかったら、真っ先に心配するでしょう。

それを「仕事だから心配しない、むしろ責めてもいい」と思えますか?

体調不良でも何でもいいからとにかく仕事しろ

というのはあまりにも人の道から外れています。

そんな会社で働くことはありません。

また社員をこのように扱う会社の商品やサービスが

本当にお客様の幸せを考えられるとも思えません。

すぐに辞める準備を始めてください。





まとめ


「体調管理も仕事のうち」というのは一見正論です。

会社側がその言葉を使うときは、あなたを仕事に

縛り付けておきたいという気持ちがあるのです。

そして体調を崩した社員を心配することもなく

「社会人失格」や「自己管理ができていない」というのは、もはやパワハラです。

そんな会社にはろくな人間しか残らず、やがて消えていくだけです。

社員に長く安心して勤めてもらいたいと思っている会社は

決して体調不良を精神論で語りません。

あなたを大事に思ってくれる、血の通った会社はちゃんとあります。

今すぐに行動しましょう。