寝る前の考え事を辞める方法のまとめ!寝る前に考え事をするのはなぜ?嫌を思い出して眠れなかったり色々考えすぎて毎日眠れない時の対処法をご紹介します。




夜、何故か寝れないときありませんか?

特に嫌なことがあった日なんかはモヤモヤ考えてしまって寝れなくなったり…。

さらに「寝なきゃ」と寝れないことに焦ってしまい

余計目がさえてしまうなんてことも良くあることです。

睡眠がちゃんと取れないと翌日の仕事や生活へのパフォーマンスも落ちてしまいます。

このような睡眠の悩みは多くの方が抱える問題かもしれませんね。

今回はそんな「寝れない悩み、寝る前についついしてしまう考え事」について紹介します。





寝る前に考えごとをするのはなぜ?


一日が終わって落ち着くはずなのに

なぜ寝る前になったとたんに色々考えてしまうのでしょうか。

それは脳の潜在意識に関係があります。実は意識できてる思考はほんの一部で

潜在意識の中に多くの思考が隠れているのです。

こういった無意識の思考で脳内がいっぱいになり

就寝前という本来何も考えなくて良くなった時にふとその隠れていた思考が浮かび上がってきて

その浮かび上がった思考に対し意識をしてしまいモヤモヤと考えてしまうのです。

さらには、寝れないことに対しての焦りが今度はでてきてしまい

そのことを考えることでさらに寝れなくなる負のループに入ることも少なくありません。

このように脳内が思考でいっぱいになり、休まらないことが、寝る前の考え事につながるのです。





寝る前に嫌な事を思い出して眠れない。


考え事をしてしまい寝れなくなるというのは、私自身もよくあります。

日中何気ない職場の人とのやりとり。その時は何とも思っていなかったのに

寝る前になって「あの時あんなこと言ってよかったかな…」と急に不安になったり

普段考えないようなことを寝る前に急に考え出したり・・・

同じような経験がある方も多いかと思います。

これらも上記と同じで脳内に潜んでいた無意識にしていた

不安が寝る前に急に意識の中に出てきということです。

そして考え事のほとんどが不安や嫌なことです。

嫌なことというネガティブな思考の方が脳内に溜まりやすいということかもしれません。

そして不安はさらなる不安を呼ぶことも多く

考えのループから抜け出せずになかなか寝れなってしまうのです。





色々考えすぎて眠れない毎日・・ぐっすり眠れる方法は?


しっかりとした睡眠がとれないと翌日の仕事に影響が出るだけでなく

睡眠不足が続くと健康にも問題が出てきてしまいます。

しかし脳内の思考をコントロールするのは難しく

寝る前に考えないようにと意識してもなかなかできません。

そこで、まずは体を寝やすい状態に持っていく方法を試してみましょう。

お風呂にゆっくり入る。これはよく聞くことですが大切なことで

寝る前に体を温めることで寝るタイミングに眠りに入りやすい状態にしてくれます。

また、軽いストレッチも効果的です。筋肉の緊張をほぐすことでリラックスできます。

寝る前にスマホやテレビは観ないようにしましょう。

画面の光が脳を刺激するだけでなくさらなる情報を入れてしまっては脳が思考でいっぱいになってしまいます。





寝る前に怖い妄想や怖い事を考えしまう時の対処法


先ほども書いたように寝る前に考えることはほとんどがネガティブなことです。

そしてそれは現実的なものだけでなく現実にはない

怖い妄想を思わずしてしまい寝れなくなる人もいます。

これも日中に何気なく得た情報が脳に潜んでいたからで

その情報はおそらく恐怖を連想させることだったのでしょう。

対策としては、普段からそういった情報を取り入れないようにすること。

例えば怖い映画を観て寝れなくなるタイプの人は

そういう映画は今後観ないようにしましょう。

また普段から思考をポジティブに切り替える癖をつけるようにしましょう。

怖いことを思い出しても、楽しいことに切り替えるようにすれば

モヤモヤ考える負のループに入ることはありません。





寝る前には楽しい事を考えるとスムーズに眠れる?


上記でも軽く触れましたが、寝る前に楽しいことを考えるというのも対策の一つです。

寝る前の考えは、そのまま夢に影響することもあります。そして夢は睡眠の質に関係します。

悪い夢を見た日は寝起きが悪くありませんか?

逆に楽しい夢を見たときは、なんだかすっきり起きれた経験ありませんか?

このように寝る前に楽しいことを考えることも睡眠をとる際に大切なことなんです。

その日にあった嫌なことを思い出し考えてしまったら

次の日のポジティブなイメージをしましょう。

明日になったら今考えてる不安は解決して

仕事帰りにお気に入りのお店でおいしいものを食べてるイメージをしたり

仲のいい友達に連絡しておしゃべりするのをイメージしたり

なんでもいいので楽しいことを考えるようにしましょう。





まとめ


「寝る前に思わずしてしまう考え事と対策」について紹介しました。

思わず寝る前に考え事をしてしまい寝れなくなる、というは多くの人がもってる悩みです。

しかし、良質な睡眠は毎日の生活を健康に過ごすためにとても大切なことです。

そのためにも今回紹介したことを参考にしてみてください。

ポイントは脳に余計な情報はいれない寝る前に体をリラックスさせる

嫌なことを考えそうになったら楽しいイメージをする

睡眠をとるためには脳も体もリラックスすることが大切です^^