人の下で働きたくない‥人の下で働くのが向いてない人の特性や組織で働くのが嫌な人に向いている仕事・どうするべきか?ご紹介します!




人の下で働くことや組織で働くことが苦痛な人や

うまくいかないという人もいると思います。

同じ組織で同じ仕事をしていても

楽しくのびのびと自分の能力を発揮できる人と

人間関係でトラブルがあったりして仕事がうまく進められない人がいます。

人の下で働くことも適性があるものです。

この記事では、人の下で働くことが向いていない人の特徴や

そんな人に向いている仕事、対処法などについて紹介しています。

会社や組織に属して働くことに違和感を感じている方は是非参考にしてくださいね。





人の下で働くのが苦痛で仕方がない‥


人の下で働くことについて耐えがたい苦痛に感じる人がいるのも当然です。

その理由としてまず、人間関係に

気を使わなければならないことを挙げることができます。

人の下で働くということは、他人と協力して働くということです。

自分に与えられた作業をただこなすのではなく

周りと協力しながら仕事を進めなければならないので

ストレスもたまりやすいです。

二つ目の理由は、自分の自由にならないことが多いことです。

自分の考えを抑え込んで働かなければならないこともあり

苦痛を感じる人も少なくありません。

三つ目の理由は自分の努力や成果が収入に反映されないことがあることです。

人の下で働き、給料をもらう場合、売上などが

そのまま自分の収入になるわけではありません。

給与だと収入は安定しやすいですが

頑張りがそのまま反映されるわけでなく不満が生まれやすくなります。





人の下で働きたくないと思うのはわがまま?


人の下で働きたくないと思うことはわがままだと思われがちです。

しかし、人の下で働いた時のメリットを放棄しても

人の下で働きたくないと思うのであればそれは生き方として尊重すべきだといえます。

人の下で働くことは、上司や周りの人に気を使わなければならなかったり

自由に出来なかったりとデメリットもありますが負う責任を軽くできたり

収入が安定しやすかったりするなどのメリットもあります。

自分一人または自分がトップとして雇われない働き方をするのであれば

自分の仕事は完全に自分で責任を取らなければなりません。

また、売上を上げなければ収入を確保することも難しくなります。

人の下で働かないとなるとこのような問題が生じる恐れがあることを

理解した上でそれでも人の下で働きたくないか考えることをお勧めします。





人の下で働くのが向いてない人の特性


人の下で働くことが向いていない人の特性として

一つ目にプライドが高いことを挙げることができます。

プライドが高いということは自分の仕事や能力に自信があるということです。

そのため、上司などから自分のやり方とは別の方法で

仕事をするように指示されることを嫌がります。

その時は指示を受け入れても、ストレスが溜まり

そういったことが重なると耐えられなくなります。

二つ目の特性は、一人でコツコツ作業を進めることが好きなことです。

自分のペースを乱されることを嫌うので

他人と協力して作業を進める場面でストレスを感じることが多いです。

人の下で働くときは、自分の意思に関わらず

他人と協力しなければならない場面が出て来るので苦痛を感じやすくなります。





組織で働くのが嫌な人に向いている仕事


組織で働くことが嫌な人に向いている仕事として

一つ目にフリーランスのエンジニアやデザイナーなどの技術者を挙げることができます。

フリーランスとは個人で契約により請け負って仕事をすることです。

会社員として働くエンジニアやデザイナーもいますが

フリーランスは組織に属さずに契約した仕事を行います。

顧客とコミュニケーションを取る必要がありますが

作業は自分一人で行えば

よく契約通りの仕事が出来るのであれば自由に仕事ができます。

二つ目の仕事は、作家やライターなどの文章を書く仕事です。

書く内容に関する知識や文章能力センスなどが必要ですが

基本的には一人で文章を作成するのであまり他人と関わらなくても済みます。

三つ目は投資家です。

最近はインターネットでも株式取引やFXなどの投資が比較的簡単にできます。

元手となる資金と投資判断をするための知識などが必要ですが

仕事として生活費を稼ぐことも可能です。





人の下でどうしても働きたくないなら個人で働く方法を考えよう


人の下で働くことや組織で働くことがどうしても嫌な場合は

個人で働くことを考えることをお勧めします。

しかし、人の下で働かずに仕事をするには重い責任が伴うことや

高度なスキルが要求されることなどデメリットも少なくありません。

これらのデメリットを考慮したうえで

それでも人の下で働くことをやめようと思うのであれば

個人で働く方法を検討しましょう。

すでに個人で働くことができる環境やスキルを持っている方は

それを活かしてフリーランスになったり、起業したりするとよいでしょう。

現在、スキルや資金などがない人は

今から勉強や資金調達などの努力を始めることをお勧めします。

今の仕事を頑張ることが個人で働くために有利になるのであれば

とりあえずは今の仕事を頑張ることも手です。

すぐに個人で働くことは難しくても

目標を持つことで未来への希望につながり

今の辛い状況を乗り越える助けになるはずです。





まとめ

 

人の下で働くことは人間関係が煩わしかったり

自分の自由が制限されたりするなど、辛いことも少なくありません。

人間には性格や特性があり人の下で働くことが向いていない人がいるのも事実です。

人の下で働くことが嫌な人や組織で働くことが

向いていない人におすすめの仕事もありますので

どうしても耐えられないときは転職を考えることをお勧めします。

自分に合った働き方や仕事を見つけ

無理なく自分らしい働き方ができるようになりましょう。