朝チョコレートの効果のまとめ!朝チョコレートを食べると得られる様々なメリット・食べる量や種類・タイミングについてご紹介します。




朝にチョコレートを食べると様々な体に良い効果があるって知っていますか?

チョコレートって一見甘ったるいお菓子で体に不健康、

というイメージがあるかもしれませんが

実はチョコレートには様々な栄養、体に良い成分が含まれているんですね。

ダイエットや集中力アップや美容効果まで

そんなチョコレートの効果を引き出すには「朝にチョコレート」を食べること!

そこで今日は朝にチョコレートを食べるメリット、得られる様々な効果

どんなチョコを食べるとよいのか?食べる量とタイミングは?

など詳しくご説明しますね。





朝食にチョコレートを食べると目覚めや血糖値にもいい?「朝チョコ」の様々なメリット


チョコレートには糖分が含まれて、

朝にチョコレートを食べることによって脳が活性化します。

それに加えてチョコレートの成分の「カカオ」に含まれているカフェインには

大脳を刺激する効果がありますので、これらの理由によって朝にチョコレートを食べると

脳が活性化されて目が覚めるようになるんですね。

またチョコに含まれている「デオブロミン」という成分も脳を刺激して

記憶力や思考能力を高める効果もありますので

1日の活動のパフォーマンスを上げることができるんですよ。

そして朝にチョコレート、糖分のエネルギーを取ることで

チョコに含まれている「カカオ」成分の

食物繊維やポリフェノール、ミネラルやビタミンなによって

血液がサラサラになる効果もあります。

また朝にチョコレートを食べると腸の働きが活発になり便秘解消に繋がったり

チョコに含まれているカカオポリフェノールによって

体の細胞の老化を防ぎ、体を若々しく保つ美容効果などもあるんです。

このようにチョコレートには体に良い沢山の成分が含まれて朝に食べるのがお勧めです。





寝起きチョコでダイエット効果や集中力UP!


朝にチョコレートを食べると太ってしまうんじゃないの?

と、あなたは思われたかもしれませんね。

ですが、意外な事に朝にチョコレートを食べるとダイエット効果もあるんですよ!

チョコレートに含まれている

「カカオポリフェノール」は強い抗酸化作用を持っています。

この抗酸化作用は血液を促進させてくれて基礎代謝を上げてくれる効能があり

これによって今日一日の脂肪が燃焼されやすくなって、ダイエット効果が高まるんです。

ただ、もちろんチョコレートを食べすぎると太ってしまいますので食べる量には注意です!

そしてチョコレートの原料のカカオはチョコレートの香りの元にもなる

「フェニルアルデヒド」という成分が含まれています。

このフェニルアルデヒドには集中力を上げる効果があるんですね!

なので今日一日のお仕事や勉強などで成果を上げることができます。





朝にチョコレートとコーヒーの相性


余談ですがコーヒーとチョコレートって相性がいいですよね^^

なんでこんなに相性がいいんだろうと思ったことがありませんか?

チョコレートの原料となるカカオ豆

コーヒーの原料になるコーヒー豆

この二つには共通点があり加工方法が似ているんです。

チョコレートの原料となるカカオ豆は収穫されてから

発酵をさせた後乾燥をして焙煎をしてすり潰してカカオマスとなります。

そして同じようにコーヒーも収穫されてから

乾燥をして焙煎をして、それをすりつぶしてコーヒー粉を作るんです。

産地によってはコーヒー豆を発酵させて作る場合もありますので

チョコとコーヒーは同じような加工方法をしているんです。

またチョコもコーヒーも「複数の豆」をブレンドして作るのも共通しています。

チョコレートのカカオ豆とコーヒーのコーヒー豆は

ポリフェノールやカフェインを含み

それらは苦みや酸味などがありお互いに味の成分も似ています。

それらの共通点から食べ合わせの相性がすごくいいと感じるんです。





朝チョコを食べるなら高カカオチョコ!


朝にチョコレートを食べるのはいったいどんなチョコレートが良いのでしょうか?

チョコレートが体に与えてくれる様々なメリットを出すためには

チョコなら何でも良い!というわけではありません。

おすすめなのはカカオの含有量が

70パーセント以上の「高カカオチョコレート」です。

高カカオチョコにはポリフェノールが多く含まれていて

体に良い様々な効果を与えてくれますので

チョコレートを選ぶ際には高カカオが70パーセント以上

含まれているチョコを選んで食べてくださいね^^





朝食にチョコの食べすぎに注意・食べる量とタイミング


チョコレートはお菓子の中でもカロリーが高く脂肪分が多いので

朝に食べる際には食べる量に注意が必要です。

たとえ、カカオの含有量が高い高カカオチョコであっても

食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますし

高カカオチョコは低カカオに比べてカフェインが多く含まれているので

食べ過ぎるとカフェインの過剰摂取に繋がってしまいます。

なので朝チョコを食べる量はだいたい5~10gくらいの量にしましょう。

板チョコでいうとだいたい1~2片くらいですね。

食べるときはかじってすぐ飲み込まないで

口に入れてゆっくり時間をかけて溶かしてくださいね。

そうすると満足感がでて、食べ過ぎないようにすむことができます。

ちなみに朝チョコを食べるタイミングは朝食前がおすすめです。

食事を食べると血糖値が上がりますが

朝食前にチョコレートを食べることで一定の満足感を得られて

ゆっくりと朝食を食べることにつながり

それが食事をとることで起きる急激な血糖値の上昇の防止になります。





まとめ


いかがでしたでしょうか?

朝チョコレートを食べることで体に良い

様々な効果があることがわかりましたね^^

注意点は朝チョコの食べる量とチョコの種類


カカオの含有量が70パーセント以上の

「高カカオチョコレート」を約5~10g(板チョコなら欠片1~2片)です。


朝チョコを取り入れる生活を始めようと思ったら

近くのコンビニやスーパーなど身近な場所ですぐ買えますので

朝の気持ちの良い目覚め、健康、ダイエット、集中力UP

様々な効果が得られる朝チョコ生活を始めてみましょう!